ディズニーランドシー妊婦の楽しみ方|妊娠5ヶ月体験記ブログ

妊婦でもディズニーランド・シーは楽しい、ホテル選びは慎重に!体験からご紹介しています。

妊婦さんの幸せな時期にディズニーで時間を過ごそうか考えてるご夫婦に対し、

私たちも経験した妊婦でも楽しめたアトラクション等をご案内しています。

このサイトをご覧頂きありがとうございます。

管理人の2児パパと申します。

私のサイトは、ディズニー大好きな妻や子どもたちとの思い出を中心に以下のような内容を軸に運営しています。

付き合う前のデートや電話等の経験や相談から学んだ失敗後悔する要因。

付き合う前のディズニーデートで選んだアトラクションやホテル、レストラン等のコツ。

子連れ1名と行った0歳、1歳の子連れディズニー体験。

子連れ2歳と妊娠5ヶ月で体験したディズニー家族旅行。

子連れ3歳と満1歳、1歳半の2回を経験したディズニー家族旅行。

子連れ4歳と2歳で挑戦する2017年5月のランド、シー2泊3日家族旅行(もうすぐ)

ディズニー大好きな家族が旅行計画を節約しても新築一戸建てを建てた経験。

住宅ローン審査に2度通らない経験を経て、通した体験。

ディズニーに行かない時期に経験した病気や治療経験。

このように、少しでも、ディズニーを楽しむ為の情報と生活に密着した住宅ローン審査や病気なども子どもたちにいずれ親が考えていた事を伝える為の情報としても紹介しています。

この記事では、ディズニーランドシー妊婦の楽しみ方にスポットを当てて以下の内容でご紹介していきます。

妊婦でディズニーの楽しみ方アトラクション

妊婦でディズニーの楽しみ方キャラクターとの写真撮影

 

ぜひ参考にして下さい。


妊婦でディズニーの楽しみ方アトラクション

妊婦 ディズニー

ディズニーランドでもシーでもやはり激しいアトラクションは難しいと思います。

ディズニーランドでの激しいアトラクションといえば、

・ビッグサンダーマウンテン

・スプラッシュマウンテン

・スペースマウンテン

等が代表的なものですね。

ディズニーシーなら、

・タワーオブテラー

・レイジングスピリッツ

・センターオブジ・アース

妊婦の方によってはプーさんのハニーハントでも揺れが気持ち悪くなるという方もいますのでちょっと注意してみてください。

私たちが妊娠5ヶ月で行った際には、

ハニーハントってこんなにきついアトラクションだったかな?

と思ったくらいでした。

体調や自分の酔いやすさ等も十分個人差があると思いますが、注意してみてください。

そのほかのアトラクションに困ることはないと思います。

 

妊婦でディズニーの楽しみ方キャラクターとの写真撮影

ディズニーシー春休み攻略法

グリーティングでの写真撮影やシェフミッキーをはじめ、シーでもキャラクターグリーティングブッフェもあります。

妊婦時代の自分をディズニー旅行で一枚でも多くキャラクターと写真を撮っておく。

こんな思い出作りもアリだと思います。

多くの時間を歩くのは大変だと思われる妊婦さんは出来る限り最小限の活動で多数のキャラクターと会える事で楽しみを味わっていただけると思います。

特に、

この写真撮影でのグリーティングでおすすめは、ディズニーシー

地球儀のあるメインエントランス付近では、多数のキャラクターが同時に出てくる機会が何度もありますよね。

この他、

ディズニーランドでなら、ミートミッキーのあるトゥーンタウンがおすすめ。

この場所でも、

多数のキャラクターが同時に出てくる可能性があるので、写真撮影にはうってつけです。

私たちは、妊娠5ヶ月の状態でディズニーランド・シー両方に行きました。

結果は、

それなりに堪能して写真撮影も、思い出作りになった気がします。

ディズニーランドでミッキーと記念撮影するアトラクション

この記事では、ミートミッキーの待ち時間対策を含めたまわり方のコツをご紹介しています。

併せて興味のある方は参考にしてください。

でも、妊婦さんには、気をつけて欲しいこともあります。

それは、食事についてです。

体験を踏まえ詳しくご紹介しています。

 

妊婦でディズニーの楽しみ方食事には注意

レストラン

妊婦の時に最も注意したい内容は食事だと思います。

食べつわりの方は、摂取する内容が偏りがちになりやすいですよね。

ディズニーのパーク内での「食事」が、

食べた、落ち着いた、また気持ち悪さが・・

の繰り返しになっては勿体ないので是非自分の食べられる物をじっくり観察してからディズニーの食事を楽しんで下さい。

食事での時間を気にする必要なく、回りやすい足取りで、食べたい時に間食の時間を用意する

これが、

妊婦の時は、全く別の空間に感じられる要因だと、妻を見て私は思いました。

ですから、

皆様にも食事のタイミングだけは、十分に気をつけて欲しいと思います。

食事を楽しむ上では、ブッフェがおすすめですね。

食べたくないものは避けて、食べたいものだけでも摂取して

上手にコントロールしてあげてください。

この他にも、妊婦体験記として感じたレストラン選び方では、
ディズニーシーでグリーティングありの楽しいランチを楽しめた体験記

ディズニーアンバサダーホテルシェフミッキーを利用してキャラクターと触れ合うランチもおすすめ

ディズニーシーレストランザンビーニ子連れ妊婦体験記

などもご紹介していますので、食事の心配な方はぜひご覧ください。

では、

ホテルの宿泊にもおすすめのアンバサダーホテル体験記をご紹介しています。

アンバサダーホテル体験記

もご紹介していますので、ぜひ併せて参考にしてみてください。

 

妊婦でも楽しめるディズニー宿泊先は是非近場を選びましょう

東京ディズニーランドホテル感想レストラン体験談

宿泊をしながらディズニーを楽しむ予定の妊婦さんには是非ディズニーホテルやオフィシャルホテルを始め、出来るだけ近くのホテルで予約することをオススメします。

理由は、

2日目にバス移動をする際、ディズニーランド・シーから20分程度離れたホテルからの移動でも揺れが強い道がある。

この体験は、妊婦の妻と旅行をした際に痛感しました。

その時の真面目な感想で、

あと10分長かったら酔ってたかも・・・

こんな体験も思い出といえばそれまでですが、やはりこうした体験がなく、ディズニーを満喫できる方が良いと思います。

私たちの場合は、子連れでもあったため、非常にこの体調不良の兆しには、注意が必要でした。

是非バスで10分以内のホテルでの宿泊をオススメします。

この時間と距離での宿泊費節約は、体調不良と引き換えにしてしまっては、いい節約ではないと思いますから、皆様慎重に考えてください。

私達がおすすめするアンバサダーホテルを格安で泊まる方法

では、予約の工夫もご紹介していますので、興味があれば御覧ください。

以上が私たちが体験した妊娠5ヶ月体験でのディズニー旅行です。

皆様も素敵な思い出をディズニーで作ってください。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。


この記事を読んだ人に人気のコンテンツ
私の体験に基づく悩み解消ページ
住宅ローン審査通過のコツディズニーデート成功法ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ