契約や派遣社員が住宅ローン審査を通す銀行の選び方

契約社員・派遣社員で住宅ローン審査が可能な銀行をご紹介しています。

住宅ローン審査を受けてみたいけど、契約社員・派遣社員だから無理?

そんな条件を決め付けるのは、まだ早いと思います。

契約社員でも派遣社員でも勤続年数と年収に対する比率をクリアできれば可能性はあります。

この記事では、

・契約社員が住宅ローン審査が厳しい金利の選び方

・契約社員・派遣社員が組める住宅ローンの金利とは?

じっくり読んでみてください。

契約社員が住宅ローン審査が難しい金利の選び方

契約社員住宅ローン審査

まず「契約社員、派遣社員の方が通りにくい住宅ローン金利」についてご紹介していこうと思います。

難しいのは、わかってるのになんでわざわざ難しい方から説明するの?

と思う方もいらっしゃると思います。

しかし、まだまだ難しい理由を知らない方も多いのも現実。

ですから、

誤解が無いようにまずお伝えさせてください。

それは、

低金利住宅ローン審査は、派遣社員や契約社員にはハードルが高すぎる

まず、

この認識を持って欲しいと思います。

なんで?

その答えをこれからご紹介していきます。

もちろん、

住宅ローン審査を受けられる銀行もありません

なんて事はなく、おすすめの銀行もしっかりご紹介していますので、じっくり読んでみて下さい。

契約社員・派遣社員が組める住宅ローンの金利とは?

私の周りにも、勤続年数5年以上の契約社員で、住宅ローン審査を通過した男女がいます。

その方々も市場が1%以下で競争をしている時代に、

変動金利で、2%台の金利

で受け入れ可能な銀行で借り入れをした経緯があります。

どうして金利がこんなに高いの?

と思う方もいらっしゃいますよね!

では、続いてなぜ?を解説してきましょう。

契約社員・派遣社員はなぜ金利が高いのか?

なにも、「住宅ローンだけ」特別にこうした金利の違いがあるわけではありません。

ショッピングローンでも、グレーゾーンという言葉が実在しています。

グレーゾーンに適応してしまう方とは?

具体的には、以下の2つの該当があります。

  • 過去に滞納や遅延をしている方で、信用情報に少しリスクがあると考えられる方
  • あなたの本意ではなく、契約を打ち切られてしまうリスクのある契約社員や派遣社員の方

「1又は2の該当者へ対応するリスク回避のための金利設定」

という考え方から、多少金利が高い設定になっているのです。

ということは、

最優遇低金利と異なる金利設定のある銀行を選ぶことが正解。

では、

派遣社員や契約社員が、探す銀行はどんな銀行?

対象の銀行を具体的にご紹介していこうと思います。

 

契約社員や派遣社員でも住宅ローン審査が可能な銀行の特徴

住宅ローン審査 派遣社員 女性 銀行

契約社員又は、派遣社員でも住宅ローン審査が可能な銀行について具体的にご紹介していきましょう。

契約社員・派遣社員適応の住宅ローン審査を行う銀行の特徴

特に注意してほしい点をご紹介していきましょう

・条件下に女性も審査対応可能と掲げる銀行

・勤続年数1年以上から審査可能と掲げる銀行

・フラット35対応の銀行

こうして見るとそんなに難しい題材が無いと思われる方もいらっしゃると思います。

が、しかし、

女性も審査対応可能がなかなか少ないのが現実です。

こういう銀行を具体的にどこか「自分の目で探す」のは非常に情報が多くて大変ですよね。

安心してください!

2015年、派遣社員、契約社員が住宅ローン審査に通りやすい銀行として、クチコミで噂される銀行をこのサイトをご覧のあなただけにお伝えします。

では、詳しくご紹介していきましょう。

 

派遣・契約社員でも住宅ローン審査を受けられる銀行を探す方法

住宅ローン 派遣社員 契約社員 審査が通りやすい銀行

では、具体的に派遣・契約社員でも住宅ローンを組める銀行を探す方法で、皆様の負担が最小限で確実性の高い方法をご紹介していきましょう。

住宅ローン審査可能な銀行を調べる為の資料請求方法

資料請求というのは、1社1社に情報を入力していくのは、個人情報の観点からもオススメしません。

ですから、

複数社の一括資料請求が可能な「保険の窓口」みたいな住宅ローン専門サイトを利用することをオススメします。

私が実際、知人に教えて、実際、住宅ローンを組む事ができた!と言われた資料請求に使ったサイトは、

LPリンク

私がオススメする住宅ローン無料資料請求サイトの安心要素とは?

おすすめ

・非常に情報入力がシンプルにできています

多くの方に、あまり馴染みのない住宅ローン審査対応可能な銀行を探すという行動。

人生に何度も探すこともないため、難しい入力事項があると悩みますよね。

しかし、資料請求については、非常にシンプルに作られているので、あまりパソコンやスマホの入力操作が得意でない方も安心です。

資料請求先を選ぶことができる安心

この際だから、ダメ元も含めて、ネットバンク・地方銀行・都市銀行・全てを選択してみるなんて方法もオススメ。

契約・派遣社員の方には、フラット35の適応が望ましいと思いますが、この観点にもとらわれず、まずはじっくり比べてみるのも楽しめると思います。

ネットバンクなどは、窓口がかなり少ないため、資料請求で詳しく知ることは非常に重要。

まずは、とにかく情報収集。それから次に実際の審査、この流れが非常にスムーズなサイトだと言えます。

・実際の住宅ローン審査申し込みも同じサイトで可能

いくら資料請求が便利でも、その後の申し込みは自分で別ページで申込をするとなると、手間は実質2倍ですよね。

しかし、私がおすすめしているサイトは、資料請求+住宅ローン審査申し込みも一括で複数社を申し込みが可能になります。

流れとしては、

1.複数の銀行からまずは、大量でもいいからできるだけ多くの資料請求を一括で請求する

2.自分の興味関心がある銀行を複数に絞って、その絞った銀行のみに一括で住宅ローン審査申し込みを行う

3.複数の銀行のうちに、審査通過の銀行で正式な本申し込みの手続きを行う

こういう流れがひとつのサイトで可能になります。

ですから、

皆様の時間的ロスを最小限にして、効率よく自分に合う銀行を自宅で確認できるシステムを採用しています。

行動から生まれる安心は、きっとあります。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。



当サイト人気コンテンツ
住宅ローン審査通過のコツディズニーデート成功法ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

2児パパプロフィール

312167595060 (1)

2児パパ

私の簡単な自己紹介

年齢 30代
東海地方在住

旅行記事や恋愛記事は体験談に基づきご紹介しています
私へのご相談もお待ちしております。

お名前もペンネームで結構ですから、お気軽にコメント欄を活用してください。

48時間以内に確実にご対応させていただくことをお約束します。
私個人の壮絶な人生やこのサイトを立ち上げた趣旨については、2児パパプロフィールでご紹介しています。
Google+ 2児パパツイッター

このページの先頭へ