付き合う前2回目のデート車は危険?女性の自己防衛策

男性と女性で楽しくドライブ。

付き合う前の人と2回目のデート。

車って相手の手中にあるようで、何か気にする感じの事が多い気がする。

行き先も相手任せ的な条件が気になる。

恋愛とはいえ、付き合う前の人の男の車の中に行くのはちょっと危険?

2回目のデート車付き合う前

2回目のデートでさらに付き合う前の告白も受けていない状況。

付き合う前はもっと慎重にデートの場所やコースを考えるべき?

このように心配している女性が非常に多い気がする。

そして、実際に行って事故などを含めて何かあったら確かに男性女性とか付き合う前のデート以前の問題。

こんな賭けになるような場所に自分が行くのはどうなのか?

こうした感情に包まれ、将来彼として、そしてその後は結婚なんてことも考えた時、今行くべき理由はは達して気持ちや脈の問題も含めてある?

こんな考え方についてご紹介していきます。

2回目のデートについては以下のような悩みについてもご紹介しています。

2回目のデート女性から誘う

2回目のデート女性から誘うのはアリ?ナシ?積極性注意点

2回目のデート誘う間隔

2回目のデート誘いの間隔|マナーや常識は?誤解が多い注意点

付き合う前2回目のデート手を繋ぐ

付き合う前2回目のデートで手を繋ぐ行動注意点ときっかけ作り

付き合う前2回目のデート男性心理の特徴

付き合ってない時の毎日電話してくる男の心理についてもご紹介しています。

付き合う前毎日電話してくる男の脈ありと注意点

付き合う前男が毎日電話してくるのは脈あり?心理を口調や話題で見抜くコツ

私のサイトは、自分の体験を軸にして、少しでも人生で同じような悩みを持つ方や興味関心を持つ内容について、独自の視点で記事を書いてご紹介しています。

実際に以下のような内容をご紹介しています。

付き合う前のデートや告白など恋愛や結婚についての悩み相談体験や実践記。

ディズニーデートを付き合う前に体験した結果。

カップルでのディズニーデートの体験。

告白スポットや回り方、アトラクションの選び方にレストラン、ホテルまで。

ディズニー大好きな妻と子供たちとのディズニーランド、シーでの子連れ体験もご紹介しています。

ドーム、スタジアムなどでコンサートやライブを楽しみたい人への座席表や見え方のご案内。

自分が体験した病気の話。

子育てを通じて感じた事。

こうした自分の生きてきた時間の中で感じてきた事や好きな事を出来るだけ細かい独自の視点でご紹介していきたいと思います。

人気のドライブデート。

こんな言葉はもう昔の話と思った方が良い。

今はもう運転免許を取っていない人も関東エリアや地下鉄の開発が進むエリアでは増えている。

こうした中、地方に行くほど、まだまだ車社会が多い現実。

付き合う前の2回目のデートで車の異動という環境に男性は何を考えてる?

女性は断るべき?こんな内容について、以下のような項目でご紹介しています。

付き合う前2回目のデートで車は失敗?

付き合う前2回目のデートで車の断り方

付き合う前2回目のデートで車の活用法

相手の事をもっと知りたいからこそ会う。

それが2回目のデートのはず。

だったら、気持ちも穏やかに行ってほしい。

そして、ポイントを知る事で、少しでも男性の思うつぼにならないよう自己防衛策を知るつもりでご覧ください。

付き合う前2回目のデートで車は失敗?

付き合う前2回目のデート車

付き合う前2回目のデートを車でお出かけを相手がご所望。

この時の気持ちは、誘う相手によって、賛否両論別れる話であることをまずは男性には知ってほしい。

出会いの機会が少ないからこそ、誘う側も誘われた側も今回の出会いにできるだけ話に乗って会話も楽しみたいはず。

しかし、まだ彼氏と彼女にもなっていない感じで、次の3回目も考えていく必要がある。

その日の疲れや連れまわされるだけの環境での精神的なストレス。

ちょっとでも相手にとって、こうした可能性を感じるなら、他の方法を選択するべきであることを伝えたい。

付き合う前2回目のデートで車は不安材料!

2回目付き合う前の車デート

ある種二人きりになれる空間を考えた。

誰でも簡単に言う言葉だと思う。

しかし、現代社会のサービスでの判断としては、この言葉は決して説得力なしとも言える。

何故か?

今の時代には、そういう環境を用意してくれている場所がたくさんある。

  • 漫画喫茶
  • カラオケ
  • 予約制の個室対応レストラン

こうした環境をまず選択肢として相手の目に触れさせたうえで判断を仰いだのかどうか?

これが1つのポイントになると私は感じている。

お互いに親がいる。

今の友達の中では、あまり運転に安心が出来ないと言われてる人もいるだろう。

こうした中で、自分の中で勝手に誘って女にいいとこを見せたい!

こんな勢い任せに誘ってるなら、誘われてる身になって考えるべきだ!

付き合う前2回目のデートで車は理由も大事

付き合う前2回目のデート車の必要性

私も過去に何度も車でのドライブデートを付き合う前の2回目のデートで使った事もある。

しかし、この時もやはり他に選べる可能性をしっかり密室プランという考え方を持って提案をした。

この時の理由がただ単に密室になって二人でイチャイチャしたいわけではなかった。

正直、誘われた時間も夜が遅かった。

二人で行くような場所にプランの選択肢があまりに少ない。

このような時に、今回はもう車の中で食べたり話をして終わるしかない。

こんな感じの展開になっていた時がある。

地方に行けば行くほど、やはり夜の時間は街灯も暗くなり、人通りが少ない時間も多くなる。

こんな時間に今あえて言うなら友達という立場の女子を行動目的もなく、ドライブでデートなんて私にはリスクが高すぎた。

心と体が万全な状態で、もっと余裕を持っている時で、家の前の駐車できる空きスペースでもいいから、車で話をしたい。

こんな事を女子から持ってきてくれたなら、話しが別。

 

付き合う前2回目のデートで車の断り方

付き合う前の2回目のデートで車の価値

付き合う前の2回目のデートで車を選んだんは相手なのに、行った先で擦ったり、事故やトラブルに巻き込まれて散々な思いをした。

こんな過去の黒歴史を持った人なら、家に送ると言われる言葉でさえ、ある意味恐怖心を持ってしまう事もある。

余分な緊張を与えられ、簡単には断り肉い女子が緊張しながら今回だけはと決めて失敗したら反省しよう。

こんな気持ちになってるなら、私は断るという決断をするべきだと伝えたい。

そして、以下のような断り方なら、変にトラブルにならないはずです。

付き合う前2回目のデートで車の断り方1.過去

付き合う前2回目のデートで車を拒否

どうしても今回は、その誘いを断るようにしようと決めてる女子になら、以下のような理由を使う事がオススメと言える。

  • 車のデートは過去に悪い意味での思い出があるから避けたい。
  • 車よりも食事をしたりする違う事を楽しもう。
  • 初デートみたいな食事の延長に何か普通の時間を過ごしたい。

はっきりとこの辺りは伝える事が大切。

婚活という環境の女性は、どうしてもこういうネガティブや否定の言葉に心理とつなぎ合わせる傾向もある。

しかし、なぜ初デートの時には車を選ばないのか?

この答えが、明確な答えに無い限り、普通に考えたら怖いのは誰が聞いても同じ。

その後の反応に、自分は違うとか別の手を打ち出してくる男子がいたら、間違いなく、女性の心理を全く理解していないと判断しようと言いたい。

怖い思いをしたというのは、触れられたいことではない。

そんな単純な事を話してるのに、その言葉に耳を傾けられない人との将来性は極めて慎重に対処すべきだ。

付き合う前2回目のデートで車の断り方2.苦手

2回目のデート車は嫌付き合う前

はっきりと車が苦手ということを伝えるのも手。

付き合う前の2回目のデートの誘いというだけでもまだまだ警戒の心が強くても当たり前の話。

運転は知らない人。

こんな人にダメも良いも伝える事がやっぱり難しい。

だったら、先にもう話題の中で、何もない時から、やっぱりどこ行くのも無難に公共機関でokという考え方を伝える。

この言葉の意味を本当に一緒にいて、同じ時間を楽しみたい相手としてあなたの魅力のほうが勝るなら、無理にとは言えない。

当然、やっぱりそうだよね!くらいの言葉がどこに住んでる人でも当たらい前に出てくるはず。

恋人になった先の雰囲気でも本当にこの人の運転はダメと思ったら、どこに行くのも距離を問わず、奥さんがずっと運転なんてこともある。

でも他人が運転するのとやっぱりブレーキやアクセルの感覚も違うから、いつもより酔いやすいなんて人も苦手として伝えるべき問題。

このように、相手の顔色ではなく、あなたが今日でもいつもの会話でも伝えられるありきたりな理由を使う事が大切。

 

付き合う前2回目のデートで車の活用法

付き合う前の2回目のデートで車の活用

2回目のデートで車のドライブは、付き合う前の状況では絶望的な選択肢なのか?

このように考えてしまう必要も無い。

恋人にするなら、お金や顔ももちろん大事だけど運転も自分の彼氏を選ぶ候補をまとめると1つに含まれてる。

このような判断材料で気にしてる人も入るはず。

そんな時には、活用法をご紹介していきます。

付き合う前2回目のデートで車から見える顔

付き合う前車2回目デートの注意点

車好きな男は多い。

世の中一般的に言えばこうした目はまだまだある。

当然、20代を過ぎれば、通勤の事を含めて、毎日車の運転もしてる人がいるのも現実。

そこで、ドライブデートをするかしないかは車を持参して会って考えるというのも選択パターンの1つにできる。

下心が会う前の連絡でも1回目に初めて会った時も違和感があった。

このようなタイプの人が2回目のデートで車でお迎えの話しをしているなら、下心全開パターンと言える。

だとしたら、話しを聞くと言いながら、少し待ち合わせの場所を工夫する。

この時、周りからも少しでも目がある場所を選ぶ。

会って何を言うかとか言われるではなく、駐車場に来た状態が大切。

何も言わなくてもその全貌を見せてくれる。

車の自慢を言う男。

ちょっと誉め言葉を言われたら、自信満々の答えが返ってくる。

乗り込む前に声をかけ、ちょっと会話してコンビニなどに迎える状態を作る。

こういうタイプには、自分のこういう事こそ知って欲しいと思う空間的な自信の見える状態が簡単に出てくる。

車の車内の空間。

数台保有とかの話。

こういう事を含めてどんな人間なのかを見極める材料としてあえて車を見に行くという2回目のデートの方法もあるのです。

付き合う前2回目のデートで車で来るだけ

付き合う前2回目デート車のチェックポイント

あくまで初めての1回目のデートは楽しい状況があって嫌な人ではないと思ったからこそ、2回目以上のデートを了承した。

だけど、体目的の人に連れまわされるようなどこかナンパに慣れたような車に乗らないためには?

あえて解散時間をあらかじめ定めた上で、店を決めて、車で来てもらうのみとする。

1回目に楽しかった情報と違い、2回目を誠実さでいかに判断できるかがカギ。

最近は、カップルになる以前に体の関係やらキスやら夜景スポットへの強制感漂う誘い方などネット上で苛立つ感じの内容が毎日当たり前のように出てくる。

この記事を見てくれたあなたには、こんな経験を絶対にしてほしくない。

どこかに連れまわされるなんて事をできれば全くない環境で車を見るという観察を先にしてほしいと思う。

だからこそ、信頼の前にもう一度2回目という環境でこそ、信頼を確認してもらう必要がある。

注意する上でもテクニックなんて必要としない自然にできる。

こうした状況を作って帰る事ができれば、しばらくは簡単には誘いに乗ってこない系と分かっただけで実際連絡もしないような男もいる。

出会い系のモテたい男のカテゴリーにいるような男性に合わせて帰ることも出来ないし、困ったことになった。

こんな目に合わないためにもじっくり会う前の時間に慎重に考えてみてください。

この記事でご紹介したかった内容は以上です。

デートにドタキャンするようなケースに対しても男性の見極め方をご紹介しています。

デートドタキャン理由を言わない男の腐った本音と女性が見極める覚悟|相談体験記

最後まで読んでくれてありがとうございました。


この記事を読んだ人に人気のコンテンツ
私の体験に基づく悩み解消ページ
住宅ローン審査通過のコツディズニーデート成功法ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

2児パパプロフィール

312167595060 (1)

2児パパ

私の簡単な自己紹介

年齢 30代
東海地方在住

旅行記事や恋愛記事は体験談に基づきご紹介しています
私へのご相談もお待ちしております。

お名前もペンネームで結構ですから、お気軽にコメント欄を活用してください。

48時間以内に確実にご対応させていただくことをお約束します。
私個人の壮絶な人生やこのサイトを立ち上げた趣旨については、2児パパプロフィールでご紹介しています。
Google+ 2児パパツイッター

このページの先頭へ