ディズニーオフィシャルホテル比較|子連れにおすすめの選び方

ディズニーランドホテル、ミラコスタ、アンバサダー以外のホテルで子連れ比較ポイントをご紹介しています。

ディズニーオフィシャルホテル比較について、この記事をご覧頂きありがとうございます。

ディズニーオフィシャルホテル比較をしている方の中でも子連れ予定の方には以下の悩みが多い現代。

ディズニーオフィシャルホテルで移動に便利なのはどれ?

ディズニーオフィシャルホテル比較で一番安いのはどこ?

ディズニーオフィシャルホテル比較で一番大変なのは何?

オフィシャルホテルの数も位置もあるため、どうしても比較ポイントが定まらない事も悩みの種となっています。

私のサイトは、ディズニーデートから子連れ体験,妊婦と子連れ体験,2児子連れ体験等を通じて、おすすめや選び方を各記事でご紹介してます。

サイト管理人2児パパです。

ディズニーオフィシャルホテルを子連れとしておすすめする根拠や感想を含めてこの記事では以下の内容でご紹介していきます。

ディズニーオフィシャルホテル比較ポイント1.子連れのチェックポイント

ディズニーオフィシャルホテル比較でおすすめベスト3体験記

ディズニーオフィシャルホテル比較で予約が取りやすいのはどこ?

以上の内容にてご紹介してますので、はじめてのオフィシャルホテル宿泊予定の方は、情報収集の1つとしてお役立て下さい。

スポンサーリンク

ディズニーオフィシャルホテル比較ポイント1.子連れのチェックポイント

ディズニーオフィシャルホテル比較子連れ体験記

ディズニーオフィシャルホテルを子連れで使いたい!

こんなご要望をお持ちの方に、少しでも失敗後悔しないためにチェックポイントをご紹介していきます。

ディズニーオフィシャルホテル選び方子連れ失敗後悔対策1.移動時間

ディズニーオフィシャルホテルとは?

スポンサーリンク
では、まずオフィシャルホテルだけでなく、ディズニー周辺ホテルをご紹介してますので、まだご存知でない方は、お役立て下さい。

子連れのディズニー旅行の際に、ホテルの選び方で最も重要視スべきは移動時間。

何故か?

ディズニーオフィシャルホテルは、アーチ状のパーク周辺を囲む様に配置されています。

しかし、囲むようにという表現になる以上、以下の違いが発生します。

・モノレール駅からの距離の差。

・ランド、シーパーク入口までの距離の差。

・シャトルバス運行はあっても到着時間までの差。

たかが10~15分の違いも往復にすれば、30分の差を生みます。

30分違うだけで、子連れのディズニー旅行は大きく違いを生みます。

・食事の時間に寝てしまう可能性。

・入浴時間。

・赤ちゃん子連れなら授乳せずに寝てしまうリスク。

・翌日の起床時間

私達も実際に、オフィシャルホテルに宿泊しても、距離の違いで明らかにディズニーホテルと差が有ることを痛感しました。

ですから、何よりも先に、翌日に向かうパークへの距離、移動経路と時間を再優先して下さい。

ディズニーオフィシャルホテル選び方子連れ失敗後悔対策2.混雑予想

ディズニーオフィシャルホテルの選び方で子連れには大変なのが、モノレール移動での登り降り。

混雑予想というのは、パークだけではないのです。

・モノレールを利用する各ホテル宿泊者の一斉移動時間の大混雑。

・モノレールに乗るまでのベビーカー移動の方は、エレベーター混雑予想。

・モノレールから降りてパークに移動するまでの混雑の流れ。

「パーク前に到着するのだから、便利。」

モノレールの活用としては、正しいと思いますが、各ホテルに向かう時と、朝のラッシュは全く別物。

ですから、オフィシャルホテルの比較をする際には、モノレール駅までの移動時間の差も子連れには重要なのです。

ディズニーオフィシャルホテル選び方子連れ失敗後悔対策3.子供用設備

子連れには大切なホテル比較のポイントとなるのが、子供用設備の充実性。

・おむつの臨時商品コンビニ配備で置くホテル。

・ホテル施設内にて子供が楽しむ施設の有無。

・ディズニーグッズ購入可能なショップの規模の違い。

実際、私達が過去に体験したホテルの中では、パートナーホテルも体験しました。

しかし、ディズニーグッズ販売店舗の大きさはとても小さく選べるほどの内容もありませんでした。

お土産を見ることも子供達の時間つぶしや楽しみの1つ。

少しでも比較する上では、子供向け設備の充実性も比較してあげて下さい。

きっと、ホテル内の時間の過ごし方で親御様の苦労が格段に違ってくると思います。

では続いて、私がこの3つを考えた上でおすすめできるホテルをご紹介していきます。

 

ディズニーオフィシャルホテル比較でおすすめベスト3体験記

ディズニーオフィシャルホテル比較子連れおすすめベスト3

ディズニーオフィシャルホテル宿泊体験をしたことがあるホテルの中でも、3つオススメを厳選してご紹介していきます。

ディズニーオフィシャルホテル比較|子連れオススメ1位ホテルオークラ東京ベイ

ホテルオークラ東洋ベイをなぜオススメ1位と言えるのか?

私自身が子供の頃最も親に連れて行って頂いたホテルです。

何が他のオフィシャルホテル比較で優れているのかを感想からご紹介していきます。

・レストランが1階で1周配置されているため、非常に動きやすいし比較が楽しい。

・料理の質や内容が子供向けのメニューでも店舗の和洋の選択の幅も広い。

・ベイサイドステーションから最も近いオフィシャルホテルであり、徒歩でも行ける。

・バスルームにシャワールームが標準であり、高級感があって嬉しかった。

・チャームポイントが門にあるため、子供との記念でも記憶に残りやすい。

私自身が他のホテルを子供の頃に体験してたのかもしれませんが、やはり一番記憶に残ってるのも門のトレードマーク。

「ディズニーオフィシャルホテルに泊まった。」

こんな記憶が子供に残りやすい事もおすすめできる根拠になります。

ディズニーオフィシャルホテル比較|子連れオススメ2位サンルートプラザ東京

サンルートホプラザは、安いというイメージからオフィシャルホテルで人気度の高いホテル。

しかし、先ほどの優先順位からも私もおすすめの根拠に沿う内容があります。

・サンルートプラザ東京はディズニーランドに一番近いオフィシャルホテル

・価格で選ぶなら、確実に候補の1つに入れておくべき格安ホテル。

・ウェルカムベビーなど赤ちゃんの子連れも対応力を強化してるオフィシャルホテル。

・コンセプトルーム等子供達の思い出に残りやすい客室の工夫に積極的である。

このように、安さだけを売りにしない子供向けのサービスに力を入れているのが伝わるオフィシャルホテル。

私には、サンルートプラザ東京は、こんなイメージが定着しています。

ディズニーオフィシャルホテル比較|子連れオススメ3位シェラトン・グランデ・トーキョーベイ

オフィシャルホテルの3位に選んだのは、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ。

根拠は以下の選び方比較がポイントになります。

・翌日パークへの移動する際に、シーへの車移動で一番便利なオフィシャルホテル。

・夏のオフィシャルホテル内におけるプールのおすすめ度はNo1である景色や設備。

➔ディズニーオフィシャルホテルのブッフェの景色にもなって絶景ポイントになる。

・料理メニューが明確にPDFファイルで提示されてるため、アレルギーの心配な子供にも情報の事前確認の安心が有る。

ディズニーランドに近いホテルの全く反対となるディズニーシーに最も近いオフィシャルホテル。

さらに、景色という楽しみ方を子供と食事で楽しむ祖父祖母などとの3世代親子旅行でもおすすめ出来るのがこのシェラトン・グランデ・トーキョーベイ。

私が実際に、親戚と行った時、このプールで遊ぶ事をランドで遊ぶより選んだ事は勿体ないけど楽しかった思い出。

祖父祖母の体力を考えた親子旅行なら、是非検討の1つに入れてみてください。

では最後に、このような3つのおすすめホテルを含めて、ディズニーオフィシャルホテルを比較する上で予約が取りやすいという点を比較していきます。

 

ディズニーオフィシャルホテル比較で予約が取りやすいのはどこ?

 

ディズニーオフィシャルホテルの比較には、最終的に予約が取れなければ意味がありません。

ですから、最後に予約を取りやすいホテルを比較していこうと思います。

ディズニーオフィシャルホテル比較で予約混雑回避のコツ1.早割、直前割比較

子連れのディズニーオフィシャルホテルの予約は、やはり子供の長期休みほど混雑が集中します。

しかし、この混雑は、以外にも早期割引より直前割の方がお得になるケースが多いんです。

この理由は、以下のような特徴があることが原因。

・夏なら、夏風邪、台風の影響等の影響による心配からのキャンセル増加。

・冬なら、インフルエンザ流行等冬の流行による回避。

ごくあたり前のことのですが、子供の体調管理における予測出来ない集団活動からもらってくる変化によるキャンセル。

この動きは、子連れディズニー家族には以外に多いんです。

ですから、時期として、ディズニーオフィシャルホテルは混むはず。

この心配をしすぎるのではなく、直前割を活用する位の心づもりで比較しておきましょう。

ディズニーオフィシャルホテル比較で予約混雑回避のコツ2.限定客室

しかし、この直前割でも空室が少なくなりやすい部屋があります。

空きが出やすい部屋は少し広めのお部屋。

逆に、混雑しやすいのが、期間限定装飾ルームやスタンダードルーム。

格安というプランや期間限定と言うのは解りやすく埋まりやすいのです。

よって、少しでも計画がずれにくい方は、早めにこの2つはおさえておくことをオススメします。

ディズニーオフィシャルホテル比較で予約混雑回避のコツ3.価格比較

価格におけるオフィシャルホテルの比較も子連れの旅行には大切になります。

・子供料金の設定方法

・添い寝、ベッド使用による料金の違い。

・部屋にオプションで付けられるお菓子等の選択範囲。

このような細かな料金設定の比較から予約が混みやすいのが、シェラトンとサンルート、ヒルトン。

この3箇所は、比較する際には要注意です。

安い客室程早く埋まっていきます。

選択範囲が予算により狭くなる事が予想される方は、少しでも早い段階用とキャンセル予備用ホテル客室をおさえておきましょう。

以上が私が過去に体験したディズニーオフィシャルホテル比較における子連れ旅行のオススメ体験になります。

子供にとっては、今すぐにホテルの種類などは解らないかも知れません。

しかし、将来記念撮影写真などを見る機会がある時、徐々に自分が親から貰えた家族旅行の価値が伝わると思います。

少しでも、子供の将来にも伝わりやすいホテル選び。

これが、私が子連れに最後に伝えたいオフィシャルホテル比較のポイントになると思っています。

ぜひ楽しい子連れ家族旅行となるディズニーホテル選びに活用して下さい。

最後まで記事を読み進めて頂きありがとうございました。


当サイトのおすすめコンテンツ

住宅ローン審査通過のコツ体験談ディズニーデート成功法体験談ディズニーチケット値段節約術ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

よかったらフォローお願いします

キャッシング 在籍確認

このページの先頭へ