トイレのピエタあらすじや原作者に驚き、主題歌歌詞が綺麗

スポンサーリンク

映画トイレのピエタに野田洋次郎主演、あらすじや主題歌歌詞についてご紹介しています。

このページをご覧頂きありがとう御座います。

サイト管理人 2児パパと申します。

RADWIMPSボーカルの野田洋次郎さんが2015年夏公開日6月6日映画「トイレのピエタ」で主演を務めてます。

この記事では、

野田洋次郎主演「トイレのピエタ」は手塚治虫が原作!

野田洋二郎の出る映画のタイトルとあらすじについて

トイレのピエタ公開日や前売り券発売情報

映画トイレのピエタ主題歌歌詞CD発売紹介

以上の内容を中心にご紹介していきます。

上映後の人気度はあまり好発進という雰囲気ではありませんが、今後の役者としての可能性を見る野田洋次郎デビュー作を取り上げていこうと思います。

スポンサーリンク

野田洋次郎主演「トイレのピエタ」は手塚治虫が原作!

トイレのピエタあらすじ

スポンサーリンク

「トイレのピエタ」の原作は、手塚治虫さんの作品だそうです。

え!アニメ?と思う方も居ると思いますが、声優役ではありません。

役者として映画の主演を務めることが決まっています。

ではどんな作品なのか詳しく見ていきましょう

この作品の原案は、

手塚治虫さんの闘病生活で、最後の日記に綴られた作品。

非常にヒューマンドラマという見方では感動できる歴史に残る作品になる予感が勝手にしています。

 

野田洋二郎の出る映画のタイトルとあらすじについて

あらすじ

「トイレのピエタ」のあらすじについてご紹介していきます。

え、トイレ?何する人?

私もこの紹介のタイトルを見たときは一瞬何?と思いました。

しかし、

「ピエタ」という言葉、これは非常に深い意味があり、聖母子像を意味する非常に世界的にも有名なお話。

有名な画作。

キリストを抱く聖母マリアの様子をモチーフにする作品を意味するそうです。

ではこの作品で野田さんは何かを描く「画家役」ということか?となりますね。

がん患者となって絶望的になった主人公が病室のトイレの天井に向かい、ピエタを描く。

そんな画家的な要素を持つ主人公役を野田洋次郎さんが演じるらしいです。

共演される市川沙耶さんとの役の交錯も気になる見どころ。

 

トイレのピエタ公開日や前売り券発売情報

映画公開日 2015年6月6日

前売り券発売日 3月21日

特典付きは、ポストカードですから、劇場版で購入もいいかもしれませんね。

コンビニ等の発売情報が解ったらまた更新してお知らせします。

 

映画トイレのピエタ主題歌歌詞紹介

映画トイレのピエタ主題歌曲名紹介

トイレのピエタ主題歌はRADWIMPS ピクニック。

RADWIMPS ピクニック AMAZON

発売日 2015年6月10日

映画トイレのピエタ主題歌歌詞紹介と感想

では、最後にトイレのピエタ主題歌RADWIMPS主題歌歌詞紹介と感想を書いています。

トイレのピエタ主題歌歌詞紹介ページ

最初のフレーズには、闘病を意味するような書き下ろしという言葉にふさわしい歌詞が並んでいますね。

さらに、

青い、碧、というBlueというイメージカラーをモチーフにした歌詞フレーズも注目したいですね。

絵画を描くモチーフの映画なので、青をモチーフにした絵が登場するのか?

このあたりの作品とのリンクさせ方があったらより主題歌の言葉も映画の振り返りとしてインパクト強いのではないでしょうか?

・自分の存在の小さな事

・必死に生きる生き様

・ささやかな幸せを感じる生活のワンシーン

こんな人が生きていく中で力をもらう瞬間をもう一度見つめ直さなければいけないかもしれない

そんな思いをこの歌詞をご紹介しながら感じました。

あなたもこの歌を是非劇場で聞いてみてください。

本日の記事は以上になります。

最後までご覧頂きありがとうございました。


当サイトのおすすめコンテンツ

住宅ローン審査通過のコツ体験談ディズニーデート成功法体験談ディズニーチケット値段節約術ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

2児パパプロフィール

312167595060 (1)

2児パパ

私の簡単な自己紹介

年齢 30代
東海地方在住

旅行記事や恋愛記事は体験談に基づきご紹介しています
私へのご相談もお待ちしております。

お名前もペンネームで結構ですから、お気軽にコメント欄を活用してください。

48時間以内に確実にご対応させていただくことをお約束します。
私個人の壮絶な人生やこのサイトを立ち上げた趣旨については、2児パパプロフィールでご紹介しています。
Google+ 2児パパツイッター
キャッシング 在籍確認

このページの先頭へ