ディズニー映画おすすめ!プリンセス大好き幼児を虜にした作品

スポンサーリンク

ディズニー映画おすすめプリンセス大好きな幼児4歳を夢中にさせた作品として子供向け作品をご紹介していきます。

ディズニー映画おすすめプリンセスという内容について、この記事をご覧頂きありがとうございます。

ディズニー映画おすすめを探している方の中には、以下のような興味関心もネット上には多いようです。

ディズニー映画って実写もアニメも幅広く存在していて、実際何を見たら面白いんだろう!

ディズニー映画おすすめランキングって参考になるの?

こうした情報を見ていて、何を自分の見る作品の対象にするべきか悩む方も多いようです。

私のサイトは、ディズニー大好きな妻と子供たちと過ごしてきた以下の思い出を中心に運営しています。

ディズニーを付き合う前のデートでランド、シー経験。

ホテル選び、サプライズ、告白スポット、アトラクション選びから会話まで幅広い気付きや反省を経験。

ディズニーをカップルデートでランド、シー経験。

カップルだからこそのホテル選びや別れる理由、アトラクション選びや周り方を検証しながら楽しみました。

ディズニーを子連れ0歳1歳と妻の家族旅行でランド、シーを経験。

低アレルギー食、アーリー15エントリー、ファストパス、ベビーカー対策や服装準備などを子連れの悩みとして経験。

ディズニーを子連れ2歳と妊婦(妊娠5ヶ月)の妻とランド、シーで経験。

ディズニーを妊婦が過ごす時の配慮してあげたい周り方や妊婦でも楽しめたアトラクション等を妻と一緒に経験。

ディズニーを下の子が0歳の時期にあきらめて、新築一戸建て購入(住宅ローン審査で苦労)

ディズニーを3歳1歳子連れで、ランド、シーを経験。

ディズニーをベビーカーや抱っこひも、雨の日も経験。アトラクションだけでなくホテル選びや駐車場への気付きを発見。

ディズニーを4歳2歳子連れで2017イースターの乱取、シー初挑戦。

これまで一度もイースターを経験していなかった事もあり、2017年初のイースターに挑戦しました。

ディズニーを付き合う前のデートからカップル、結婚後の子連れや妊婦の楽しみ迄幅広い方に伝えたいと思っています。

そして、ディズニー映画やDVDもドライブなどで活用してほしいという思いから今回は、ディズニー映画の記事をご紹介していきます。

ディズニー映画おすすめプリンセス大好きな幼児が好反応だった作品として、以下の項目でご紹介していきます。

ディズニー映画おすすめ!プリンセス大好きな娘(幼児)の好きなキャラクタ2017

ディズニー映画おすすめ!プリンセス大好きな娘(幼児)が好反応だった作品

ディズニー映画おすすめ!プリンセス大好きな娘(幼児)が楽しむ方法

少しでも、年齢を問わないディズニー映画の楽しみ方として、親子でも楽しめる可能性を見つける意味でも参考にして下さい。

スポンサーリンク

ディズニー映画おすすめ!プリンセス大好きな娘(幼児)の好きなキャラクタ2017

ディズニー映画おすすめプリンセス大好きな幼児の選ぶキャラクタ

スポンサーリンク

ディズニー大好きになったのは、完全に親の影響と認めざるをえない我が家。

ディズニーチャンネル等も見せながらの生活で、娘達は育っています。

そして、幼児になった上の子が幼稚園児なりに反応したプリンセスはどんなキャラクターなのか?

我が家の子育て体験としてもご紹介していきます。

ディズニー映画に登場するプリンセスで幼児の娘に反応が良かったキャラクター達!

娘が幼稚園でいろいろ言葉も覚えて話しだした日々。

こんな時期の子供は、一体どんな映画のキャラクタを好きになるのか?

我が家では、以下のようなキャラクタが大好きらしいです。

  • アナ(アナと雪の女王)
  • エルサ(アナと雪の女王)
  • ラプンツェル(塔の上のラプンツェル)

このようなプリンセスが良く誰が好き?という話の中では登場しています。

もちろん、幼児で分かる話だと思う作品から見せているので、作品は豊富ではありません。

しかし、白雪姫やシンデレラ、美女と野獣等も見せている。

そんな中、幼児には、プリンセスになるディズニー映画キャラクタで特に反応が良かったのが、ちょっとお姉ちゃん的年代に見えるキャラクター達でした。

もう1つこれらのキャラクターが出て来る要素がありました。

ディズニー映画に登場するプリンセスで幼児の娘に反応が良かったキャラクターの共通点!

まだディズニー映画にはなっていませんが、ディズニーキャラクターとしてテレビで徐々に浸透している作品の1つに、「ちいさなプリンセスソフィア」と言う作品があります。

娘は、時々「私は大きくなったら、ソフィアみたいになる!」なんて可愛いことを言っています。

この「ちいさなプリンセスソフィア」には、数々の歴代のディズニー映画に登場したプリンセスたちが登場しています。

其の中には、ラプンツェル、シンデレラなどが入っていました。

アナ、エルサは、歌として、定着したキャラクタとーして、作品の意味より、「ありのままの」のフレーズときれいな景色から好きになったようです。

我が家には、イースター2017でアナ雪グッズとして、オラフのシャボン玉のおもちゃもある程の絶大な人気ですから。

ディズニー映画おすすめプリンセス幼児が反応した経緯

このように、姉妹一緒に映画を見ている光景もあって、ソフィアに出てきたプリンセスキャラクター達がみんな好き!

これが幼児がプリンセスたちに反応している作品でした。

じゃあディズニー映画のプリンセス系も作品は固定で他には無いのか?

この反応は以外な結果を見せてくれました。

 

ディズニー映画おすすめ!プリンセス大好きな娘(幼児)が好反応だった作品

ディズニー映画のおすすめの中でもプリンセス大好きな幼児が選んだ作品。

この中にはプリンセスとは関係ないような意外な作品も入っていました。

2017年で選んだ作品をご紹介していきます。

ディズニー映画のおすすめとしてプリンセス大好きな幼児が選ぶ作品1.ドリーとニモ

ディズニー映画のおすすめとしてプリンセスが登場していないのに、幼児の娘が好反応な作品として、以下の作品が大注目。

大人から子供迄今まさに、ディズニーシーでの新アトラクションで注目が集まってるニモのシリーズです。

プリンセスと全く関係ないはずのこの作品。

そして、ソフィアとの関連性も薄い。

でも娘は、ニモ、ドリーが大好きです。

この作品は、なぜ好きになったのか?をご紹介していきます。

ディズニー映画にプリンセスが出ないのに幼児が夢中になったドリーの魅力

ディズニー映画に登場するプリンセスたち。

女性らしさを感じられる世代とは違う幼児世代には、ちょっとストーリーも背景なども難しい雰囲気もあります。

そんな中、ファインディング・ドリーを見たきっかけは、完全にTDSの新アトラクションにニモが登場する事がきっかけでした。

そして、ドリーを見せてあげたのですが、見ていて娘はこんなことを言っています。

      • ドリーはなんで、いろいろ忘れちゃうの?
      • でもパパママに会えたね。すごいね!
      • 私も忘れちゃうかもだけどドリーみたいに頑張る!
      • ドリー頑張れ!
      • タコ、パパと一緒でコーヒー飲んでるね?タコもコーヒー好きなの?

素朴なアニメ映画のワンシーンですが、非常に幼児という子供の心にも伝わるシーンが豊富に含まれているような気がしました。

特に、ドリーの再会シーン、ニモを探すシーン。

この2つは、大人もある意味子供に何があってもあきらめたくない!

こんな気持ちにさせてくれるような親子映画でもあるような気がしています。

もちろん、ディズニー映画のおすすめでプリンセス登場の映画でも好反応の作品があります。

ディズニー映画にプリンセス登場を問わず注目される作品の特徴

ディズニー映画には過去多くの作品が登場しています。

私自身も全てを見尽くしているわけではありません。

しかし、TDL、TDS等の体験からも家族で自宅や車で気軽にディズニーを楽しむために映画も活用しています。

こうした中で、幼児がプリンセス登場を問わず反応を示す作品には以下の特徴を感じました。

      • ディズニー映画のプリンセスの中で歌ってるキャラクターほど気に入りやすいのではないか?
      • 幼児には、パパママが居る環境のプリンセスの方が安心感があるのではないか?
      • 幼児には、プリンセスらしさよりも自分たちにも近い何か間違える事が多いキャラクターが気にいるかもしれない!

プリンセスは、綺麗で完全的な存在ではない。

こうした気持ちを見せてくれている作品が、「ちいさなプリセンスソフィア」だと思うんです。

ですから、ディズニー映画に登場するプリンセスにも同じような共有できるシーンを見つけ出しているように感じました。

でも、幼児でしょ?ディズニー映画の長編ものなんてどうやってみるの?

この点に対する我が家の工夫をご紹介していきます。

 

ディズニー映画おすすめ!プリンセス大好きな娘(幼児)が楽しむ方法

実際に、ディズニー映画の中でも、プリンセス登場の長編映画を幼児に見せる。

この方法には、流石に大人みたいに全部イッキ見を出来るような環境は難しいです。

そこで、我が家が娘達に見せている工夫をご紹介していきます。

ディズニー映画おすすめプリンセス長編は幼児に見せる工夫1.時間

実際に、見せる時間は、30分単位に限定しています。

幼児もののテレビ作品といえば、以下のようなテレビを子供と見ている親御様も多いのではないでしょうか?

10分もののNHK番組

15分ものの短編アニメ

長くても30分のアニメ番組。

このような番組を順番に見せてる方も多いと思います。

ですから、長編映画でも同じような環境で見せています。

ファインディングドリーなら、1時間40分。

30分単位にすれば、4回に別れる。

又は、最後だけ40分。

こうした見せ方なら、過去に見た流れなども子供も覚えている事が多いです。

ですから、一気に見せないと話の辻褄が合わないと言う心配は必要ないのです。

この方法で少しでも年齢を問わず、多くお子様にもプリンセス映画に限らない多くのディズニー映画作品を楽しんでいただけたらと思います。

我が家が体験してきたディズニー体験は、以下のようなまとめページもご紹介しています。

ディズニーランド、シーに行ってみたいけど、不安が多い。

こんな気持ちをお持ちなら、ぜひ1つの考え方や体験への感想として参考にして下さい。

デイズニーデート付き合う前攻略法まとめ

ディズニーカップルデート成功法まとめ

ディズニー0歳から子連れ体験まとめ

ディズニー妊婦(妊娠5ヶ月)体験まとめ

それぞれでのディズニー体験を軸に、少しでも荷物減量や持ち物、大変だったことや気付いた事等を参考にしていただけたらと思います。

この記事を最後までご覧頂きましてありがとうございました。


当サイトのおすすめコンテンツ

住宅ローン審査通過のコツ体験談ディズニーデート成功法体験談ディズニーチケット値段節約術ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

2児パパプロフィール

312167595060 (1)

2児パパ

私の簡単な自己紹介

年齢 30代
東海地方在住

旅行記事や恋愛記事は体験談に基づきご紹介しています
私へのご相談もお待ちしております。

お名前もペンネームで結構ですから、お気軽にコメント欄を活用してください。

48時間以内に確実にご対応させていただくことをお約束します。
私個人の壮絶な人生やこのサイトを立ち上げた趣旨については、2児パパプロフィールでご紹介しています。
Google+ 2児パパツイッター
キャッシング 在籍確認

このページの先頭へ