2回目のデート女性から誘うのはアリ?ナシ?積極性と女らしさ

デートは、男性が女性を誘うべき。

こんなことを言う人は時代遅れなのか!

最近は、女性が男性をデートに誘うという方法を気にしてる関連の情報に注目が集まっている。

婚活も恋愛ももう誘われるのを待ってるだけでは、結婚もいつしてくれるかわからない。

こんな人が多いのを女性はひしひしとさまざまなサイトの記事を読みながら感じている。

だったら、もう自分から誘ってダメなら次を考える。

こんな風に思ってる方が、いつまでも相手の気持ちばかりを気にしていては先が見えない。

こうした恋や恋愛についての考え方を持つ女性が今は増えています。

でも、一方では、やっぱり女と男の出会いや初デート後の誘いなど出会いの先に男から好きと言われる方が良いと考える部分もあります。

2回目のデートを女性からという悩みについて、このページをご覧いただきありがとうございます。

2回目のデートを女性から誘われたのは、私も同じです。

2回目のデートについては、以下のような内容もご紹介しています。

2回目のデート誘う間隔

2回目のデート誘いの間隔|マナーや常識は?誤解が多い注意点

2回目のデート告白されたい

2回目のデート告白されたい時の脈あり確認会話や場所の選び方テクニック

私のサイトは、私の人生の備忘録における自分が楽しかった思い出やつらかった事等を以下のような経験を軸に、運営しています。

付き合う前デートの体験や経験。

付き合う前のディズニーデートで告白後、結婚まで至ったデート攻略体験。

映画館、買い物、何気ない仕事終わりのデート等シチュエーションや会話などで多くの失敗相談を回復させてきた相談経験。

ディズニー大好きな妻と結婚後に、子連れでも毎年ディズニーランド、シーを楽しみながら感じた子育てに沿ったディズニー体験。

このほか、自分が体験してきたコンサート会場で人気のスポットの座席表の見え方や準備、病気の体験なども含めて人生を楽しむための情報を配信しています。

サイト管理人2児パパと申します。

この記事では、2回目のデートを女性から誘う気持ちを相手が聞いて女として積極的過ぎるとか勘違いを生み出す要因になるのか?

こんな悩みを含めて、以下のような項目でご紹介しています。

2回目のデートを女性から誘われた体験記

2回目のデートを女性から誘う時の注意点

2回目のデートを女性から誘う話の展開図

相手の男がどう思うのか?

今1回目のデートを終えて、何を私に思ってるのか?

私的にはビンゴで、初デートの印象も上々の相手。

しかし、相手がまた違う女との出会いをサイトなどで差がsうようなら、彼氏という話や可能性も今は少ないのか?

誰もが恋愛は片思いになった相手との良い結果を期待したい。

そんな時に忘れてほしくない事をご紹介していきます。

2回目のデートを女性から誘われた体験記

2回目のデート女性から誘う

私も実は、出会いのきっかけがサイトなどの時も何故かわからないが、2回目のデートを女性から誘いの声をもらった経験者。

別に今風の顔立ちでもなければ、人より少しいろんな情報を有している程度の違いしかありません。

でも、何を好きになったのかという恋のパロメーターや優先順位は全くわからないもの。

実際に、2回目のデートを女性から誘われた時の流れをご紹介していきます。

2回目のデート女性からの誘いは1回目デートの数時間後

1回目の初デートを終えて、何を話したか覚えていますか?

まさに、私はこの2回目のデートという連絡を受けた時、1回目で食事して会いながらしていた会話を思い出していました。

当時の話は、以下のような会話があった。

  • 会いたいとかガツガツと連絡してくるのはうざい。
  • いつが暇とかいちいち回りくどい誘いの連絡を好きではない女子であることをアピール。
  • 自分が会いたいと思った時には、すぐ連絡する。

まるで、一方通行の連絡の後すぐに会おう的な意味で考えていました。

私的にもその時は、店の中での話しもその後も楽しかった。

もし可能ならこの後も一緒にタイミングが合えばいろいろなところに行き、もう少し行動を一緒にしたいと思っていた。

そんな相手が、翌日の昼間にさっそく、こんな連絡をしてきました。

「今日も会える?」

・・・はっ?

思わず、楽しかった的な素敵な思い出から、どう考えればいいのかわからなくなっていました。

もしこれで断る的な行動したら?なんて一瞬行動にためらう気が起きそうになるほど唐突な連絡。

しかし、彼女の言っていた言葉には、確かにつじつまが合っていたのです。

もし会いたいと思った時には連絡をする。

このタイミングがたまたま2日連続だっただけかもしれません。

こんな事を一緒にいた時間を思い返しながら、好きな人に取る行動とか友達として等を関係なしに今度もまた1つ楽しかった時間を過ごそうと私は思えました。

 

2回目のデートを女性から誘う時の注意点

2回目のデート女性から

女子が好きな人にできるだけ会いたいと思う気持ちになるのは当たり前のことかもしれません。

恋は盲目であり、ある種、女性をキレイにする最大効果のある人生の行動。

今あなたが今度誘えるなら、今度は自分から声をかけてみたい。

このように考えているなら、是非注意してほしいことがあります。

2回目のデート女性からの誘い方注意点1.タイミング

これは付き合う前でもカップルとなった彼氏彼女の時も行動と心理の関係は私は同じだと思っています。

行き先や場所をもうある程度決めてある。

店も自分が良く知るリサーチしてまとめてある店舗。

さああとは、一緒に楽しむだけ。

こんな時に、次の行動は、好きな人と行ってみたいと思う気持ちを抑えながら、こんな誘いをしようとしていませんか?

「タイミングが合えば一緒にどうかなと思って!」

この前提って非常にあいまいなんです。

タイミングが合えばというのは、あくまで、半分の誘い。

合わなかったら、もう誘わないってこと?

これは、今誘えないなら、次は無いってこと?

このように考えてしまう事もあるのです。

ある意味、彼になってほしい男性に、私に合わせてくれますか?

この答えにokを求める行動になる感じがあるのです。

お互いの仕事やバイトの事情やどうしても都合がつかない理由もあるはず。

しかし、彼女が来てくれるなら、何とかしなければ!

こんな気持ちになる相手が一番とは限らないのです。

本当に心の底からあなたに興味だけでなく、未来を一緒に考えようとしている人なら、ちょっと返信に戸惑う方が普通だと私は思います。

その日が本当に忙しい日だと教えたら、もう待ってくれないのか?

空いてない時に自然に別の日に誘う返信はどうすればいい?

こんなややこしい別の日にしてほしい系の話を言っていいのか悪いのか?

不安にさせる事だけでなく、決めすぎる事がかえって伝える内容から悩みを生み出す。

こうしたケースもある事を知っていただきたいと思います。

2回目のデート女性からの誘い方注意点2.会える?

相手を誘うという時に本当に大事なのは、自然に相手に男女の意識として付き合いを前提と感じてもらうこと。

結局は、男性も女性も同じことを考えています。

出会ってから付き合いが始まる前(付き合う前)という状況に、いかにお互いをチェックして、自分の気持ちを伝えるか。

たったこれだけのことに嬉しいとか悲しいという現実を心配して悩み続けている。

だからこそ、相手を知りたいと思うほうを優先して考えてほしいのです。

会える?では、会ってくれる?という意味。

会いたいという素直な感情を隠す価値はどこにあるのか?

相手の目から見てPRされても困るというなら、必ず伝えてくるはず。

しかし、相手も話しをしてみたいと考えているほうなら、俺も!と単純に目をギラギラさせて伝えてきます。

この時間という約束より以前の気持ちの引き寄せ方を知り、次につなげた方がより女性を意識し過ぎるくらいの本性が見えてきます。

もしここまでの意思を伝えても、約束の時間も絶対断らない程度の上手な言われ方しかしない方がかえって弄ばれる可能性があるのが注意するべき特徴です。

2回目のデート女性からの誘い方注意点3.見極める

アプリやサイトの利用でも別に関係ない。

男の中で、上手にやってるというのは、上手く複数の女の子に会えてるという感覚の方が優先してるケースもあります。

この場合は、あくまで次に無理にでもつなげようとするテクニックを使おうとしてきます。

この場合は、見切りをつける勇気を必要とします。

 

2回目のデートを女性から誘う話の展開図

2回目のデート女性からの注意点

うまく誘うという事を達成するために大切にしてほしい事があります。

女性から誘う時に次に掲げるような2つは特に注意してください。

2回目のデート女性から誘うべきではない付き合う前注意

特に距離がまだ縮まっていない環境のカップルでもない環境の時に、注意するべきはイベントを利用するという誘い方。

他のカップルでもやはり雰囲気にのまれるという男性にとっては、最も手も出しやすいし、心もオープンにさせやすい都合のよい機会。

これがイベント系のシーズン。

付き合っていない男子を誘う時、完全に結果的に違う期待を持ってる状態に仕上げる可能性があるわけです。

付き合う前にやってしまったとか手を付けたなんて話は悲しいかな男子は武勇伝ネタにするだけの悲しい動物的本能むき出しのタイプもいます。

この人は違うはず!理性をしっかり持つ理想のタイプだ!

このように今の相手の存在を過大評価した結果なら、いかなる事情も了承できるかもしれません。

ただ傷つかないわけがない。

だからこそ、やはりこの第一条件は、やはり必須と言えます。

2回目のデート女性から誘う注意点2.存在価値

やはり、今の子は気に入ったと思ったら、とにかく突っ走るという女性が結果的に多くなってきてると思う感覚を私は最近の相談の話からも持っています。

でも結果的に2回目が全てというわけではありません。

自分がその後も長い将来にわたって、今日だけでなく、明日も明後日も、その後も人生を共有したい。

このように考えているなら、まずアプローチという概念そのものをあまり意識しない事も大切。

恋は、下心を前提に突き動かされるもの。

愛は心の中心で全てを受け入れる事が出来る対象。

結婚をしても愛というのは、本当に難しいと私は感じています。

やはり終わるという結末を最初に恐れる気持ちはよくわかります。

でも、終わるとか始まるとか付き合うとか付き合わないという言葉は、あくまで、信頼関係の上にしか成立しない。

この意味や価値をあまり彼氏彼女と言う存在定義だけで考えて誘うのであれば、正直今はその行動を起こすべき時期ではないと私は考えます。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。


この記事を読んだ人に人気のコンテンツ
私の体験に基づく悩み解消ページ
住宅ローン審査通過のコツディズニーデート成功法ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

2児パパプロフィール

312167595060 (1)

2児パパ

私の簡単な自己紹介

年齢 30代
東海地方在住

旅行記事や恋愛記事は体験談に基づきご紹介しています
私へのご相談もお待ちしております。

お名前もペンネームで結構ですから、お気軽にコメント欄を活用してください。

48時間以内に確実にご対応させていただくことをお約束します。
私個人の壮絶な人生やこのサイトを立ち上げた趣旨については、2児パパプロフィールでご紹介しています。
Google+ 2児パパツイッター

このページの先頭へ