住宅ローン審査通過のコツ

住宅ローン審査に2度落ちた私が通った住宅ローン複数申込通過法

住宅ローン審査通過銀行複数申込みおすすめサイト

このページをご覧頂き有難う御座います。

サイト管理人2児パパです。

 

まずあなたに冒頭でお伝えしておきたいのは、私自身も住宅ローン本審査落ちを経験した一人

 

しかし結果的に審査通過した私が、

 

住宅ローン審査時に知った銀行担当者との話を基に実話をご紹介しています。

 

あなたにだけは効率的でかつ確実性の高い住宅ローン審査を受けるコツをご紹介していこうと思います。

 

このページでは、

住宅ローン本審査のみ落ちた・通らない時の対処法1 原因確認

住宅ローン本審査のみ落ちた・通らない時のありがちな失敗行動とは?

住宅ローン本審査落ちた後の具体的審査通過への近道となる行動とは?

住宅ローン本審査落ちた方が知っておくべき行動で重要な事

住宅ローン本審査落ちた時の効率的で確実な方法 まとめ

以上の流れの元ご紹介しています。

 

全て私が2014年に審査通過した際における体験談に基づく内容です。

 

きっと、私のこれからご紹介する方法は、あなたを審査通過へ導いてくれますから。

 

それではじっくりご覧下さい。

住宅ローン本審査のみ落ちた・通らない時の対処法1 原因確認

住宅ローン 事前審査 複数

住宅ローン本審査に落ちる経験をした直後の対応をまずはしっかり押さえておきましょう。

1.住宅ローン本審査が落ちた先の審査機関を確認

 

私の体験談では、まず1社目に断られた住宅ローン審査機関がどのような機関であったのか?を必ず確認して欲しいのです。

 

住宅ローン本審査における審査機関には様々な規模の審査機関が存在します。

 

皆様がよく目にする情報機関としては、

・CIC

・CCB

・全国銀行個人情報センター

この3つはメガバンク等が多く利用している事で有名。

 

皆様も1度は目にしたことがあると思います。

 

この中で、

 

住宅ローン審査に落ちた理由を少しでも聞いておくことが大変重要。

 

理由は、

 

「原因がわかりにくい中で、同じ審査機関を利用する他の銀行で住宅ローン審査を進めても同じ結果になってしまうから」

 

対策案として、ぜひ実践して欲しいのは、1社目とは違う審査機関を使っている銀行を選ぶ

 

これを私は実践した事で、

 

確実に住宅ローン審査を通過させる事に成功

 

確認したけど、銀行は教えてくれ無かった!

そういう銀行も数多く存在します。

じゃあどうすれば?

では、次の住宅ローン本審査対策についてご紹介していきましょう。

 

住宅ローン本審査のみ落ちた・通らない時のありがちな失敗行動とは?

住宅ローン本審査通過ができず、その状況からの次の手が見つからない方のために、失敗が多い行動をまずはをご紹介しています。

住宅ローン本審査が通らない際失敗が多い行動とは? 銀行探し

 

本審査審査に落ちた原因追求をしても、銀行側から、それなりの回答を得られなかった際には、どうしたらいいのか?

 

この時、多くの方が次の一手として取りがちな間違った方法をご紹介していきましょう。

 

それは、

 

住宅メーカーや工務店の指示通りに行う次の銀行への住宅ローン申し込み

 

なぜこれがやりがちな失敗例なのか?

 

について解説していきます。

理由は2つあります。

理由1.住宅メーカーも工務店も銀行がどういう条件に強いのか?は知らない

実際、私も後に知ったこと。

ハウスメーカーの中では、無責任な会社は、

「当社であれば、信用も高いので大丈夫です。」

というわけのわからない提案とともに、銀行を紹介していきます。

銀行側に確認してみたところ、

「そんな会社ごとに優越付けるハウスメーカーも工務店も存在しません。」

そうはっきり言われました。

まず、

この口車からの安易な申し込みは後にあなたを更に苦しめる結果になる可能性がある。

この点を肝に銘じ、理解しておいてください。

なぜ?

その理由が2つ目の理由です。

理由2.住宅ローン審査も2社3社と別々に申し込めば申し込むほど不利になる

住宅ローン審査には、同じ情報確認という経路が存在します。

その際に、

他銀行で落とす原因がある

2社目3社目の選び方は、この点からかなり慎重になる必要があるのです。

やみくもな申し込みは成功のきっかけにはならず、あなたを苦しめる結果になる最大の根拠はここにあります。

では、実際、どうすればいいのか?

 

その具体的行動を次にご紹介していきましょう。

住宅ローン本審査落ちた後の具体的審査通過への近道となる行動とは?

住宅ローン 審査

住宅ローンを本審査で落とされた方に最も最短であり、審査通過への確実性の高い近道をご紹介していきます。

 

ここまでの情報から、あなたに再認識して欲しいのは、

・自分が1社目で落ちた理由を聞ける限りで確認する

・自分が審査に落ちた理由を理解せずに、やみくもに次の銀行へ1社ずつ申し込みをしない

・2社目で落ちた、3社目で落ちたという流れはさらに自分を苦しめる結果になる

こうした事情を含めて、あなたに具体的に効率的な審査申し込み方法をご紹介していきます。

 

私が銀行担当者から聞いた住宅ローン審査通過への近道とは?

 

私は、この情報を自分の理解だけでお話をしているわけではないのです。

 

この情報は、最後に審査通過をしてくれた銀行の担当者から聞けた実際の話です。

銀行住宅ローン審査担当者からの話における結論は、

「住宅ローンは、複数同時申し込みの方が確実性が高い」

理由は、

住宅ローン審査に同時申し込みをするということは、「条件の一番いいところを探している。」

このように、審査担当者は感覚を持って審査をすすめるそうです。

そのメリットは絶大!

銀行は1件でも多く、住宅ローンからの利益が欲しいのです。

住宅ローン審査の上で、

「ライバルがいる。」

条件下である審査と

「ライバル不在の審査条件下」

では大きな開きがあるそうです。

その点からもお客側であるあなたが優位になれる条件は成立するそうです。

 

では、具体的な同時申込の方法をご紹介していきます。

私が体験談からあなたにおすすめする最適な同時申込の方法

 

私が、知ったこの事実から、銀行は、こうした情報も教えてくれました。

 

「住宅ローンは、事前審査を同時申込みできるサイトが存在します。」

「このようなサイトからの申し込みは、コンサルタントもつくので、安易な審査進行はしにくいのです。」

 

以上の会話条件からも、

 

「住宅ローン一括同時申し込みが、あなたが住宅ローン審査通過への最短ルートである」

 

と私は確信しています。

 

では、実際の申し込み方法やさらに、このサイトをご覧のあなたにだけ、さらに銀行の絞込みの仕方までご紹介していきます。

 

まずは、私がおすすめする住宅ローン審査一括申込サイト

誘導ボタン

 

では、このサイトを使う上での注意点をご紹介していきましょう。

 

複数の銀行に同時申込する上での非常に重要なポイントなので、メモを取ったりとしっかりまとめておいてください。

住宅ローン本審査落ちた方が知っておくべき行動で重要な事

住宅ローン 本審査 落ちた 銀行の見極め方

住宅ローン本審査に落ちた時、あなたが取るべき行動で、最も重要な点をご紹介していきます。

住宅ローン審査申し込みは早ければ早いほど確率も高い

 

住宅ローン本審査が通過できないと分かってから、しばらく銀行選びに悩む時間があるからゆっくり考えよう

こんな方もいると思いますが

 

住宅ローン審査基準の中でも最も重要視される項目は、年齢

しかも、年齢は、細かく何歳何か月単位で考えられているそうです。

住宅ローン完済予定年齢

住宅ローン開始年齢

この2つは、

どの銀行も住宅ローン審査基準には最重要項目1位2位の内容。

 

この条件は、いかなる金融機関も変わらない条件のようです。

 

だからこそ、

住宅ローン審査申し込みは1件でも多くを一括で急ぐべき

なのです。

 

実際、銀行の方に聞いた「かわいそうな体験談」をご紹介していきます。

住宅ローン審査申し込みが数ヶ月で運命を分けた瞬間

 

住宅ローン審査を申込してなかなか通らなかったからしばらく時間をおいて考えた!

 

そして、

頭金を少し多くして申し込みをした。

その結果は?というと、

 

1歳という年齢が、年齢的条件から審査が通らなかった。

 

にわかには信じられないかもしれませんが、事実だそうです。

 

そのくらい、年齢というハードルは高く、そして、可能性を高める要因になるそうです。

 

完済時年齢は銀行により明確な審査条件があります。

 

だからこそ、迷っている時間の方がリスクを高めることになります。

 

あなたが今、住宅ローン審査申込で本審査に落ちた事実があっても、出来るだけ早く次の銀行へ申し込みをする。

 

この重要性を十分に理解した上で、住宅ローン審査に挑む必要があるのです。

 

では、最後に、これまでの紹介記事全てをまとめて終わりたいと思います。

 

住宅ローン本審査落ちた時の効率的で確実な方法 まとめ

まとめ

・あなたが審査に落ちた事で落ち込む気持ちはよくわかりますが、落ち込んでる暇もない!

・家が完成する前に審査を通過させなければいけない!

 

こんな切迫した条件の方でも、対応出来るスピーディーでかつ効率的な審査申込方法をまとめました。

・住宅ローン審査に落ちた時は、必ず担当者に聞けるだけの原因を聞いておく!

・住宅ローン審査申し込みはハウスメーカーや工務店のいいなりに申し込みしない!

・住宅ローンは1社ずつ審査をお願いするほど、リスクが高まる

・コンサルタントがいる住宅ローン審査一括申し込みを使う

・一括申し込みをする事で、銀行側には複数申し込みにも悪い条件ではなく、いい意味で伝わる

・住宅ローン審査基準において、年齢がとにかく重要であることを理解する

・迷っているより先に、申し込みするくらいの決意が必要。

私がこの記事を書いているのは、2015年。審査通過は2014年。

あなたがもし本気で、住宅ローン審査を通過させたいのなら、

誘導ボタン

私が調べた銀行との話でも総括してこのサイト以上にコンサルタント等の条件も付いてる安心できるサイトはないと私は確信しています。

あなたにもし住宅ローン審査についての不安があるなら、私が体験談からわかる範囲で必ずあなたを助けます。

お気軽にご相談ください。

サブコンテンツ

よかったらフォローお願いします

キャッシング 在籍確認

このページの先頭へ