住宅ローン事前審査複数申込失敗後悔注意点

スポンサーリンク

住宅ローン事前審査複数申込を正しくすすめる方法をご紹介してます。

住宅ローン事前審査複数で申込しておきたい!

住宅ローン事前審査複数で申し込む注意点は?

こうした不安を持ち、少しでも早く審査を通す方法を知りたい方も多い。

サイト管理人2児パパと申します。

この記事では、住宅ローン事前審査複数申し込みの方法について、

住宅ローン事前審査複数申込の失敗後悔するやり方

住宅ローン事前審査複数申込の注意点

住宅ローン事前審査複数申込の正しいやり方とその根拠

以上の内容でご紹介してますので、住宅ローン審査を少しでも正しいリスクのない方法にするためにお役立て下さい。

スポンサーリンク

住宅ローン事前審査複数申込の失敗後悔するやり方

住宅ローン事前審査複数申込間違ったやり方

スポンサーリンク

住宅ローン事前審査複数に申込しておけばどこか通るはず。

この考え方は正しいのですが、実際の申込方法に問題があると失敗後悔に繋がります。

失敗後悔の根拠を含めてご紹介していきます。

住宅ローン事前審査複数申し込み失敗後悔方法はハシゴ

「同じ日に、複数の銀行に行き、事前審査申込書をどんどん記載して来れば簡単に終わる。」

形式的にはこの申込方法そのものは複数申込と言えます。

しかし、複数の銀行を渡り歩くというやり方は根本的に間違っています。

こうした渡り歩きを考えつく方の多くは、「ショッピングローン等に慣れている方。」

どこかでローン審査が通ってくれればラッキーと思って、いくつも申込書を書いたら受かった。

体験すると、ついついローンという言葉で誤解している方も多いです。

しかし、住宅ローン事前審査はこうした内容とは根本的に異なります。

住宅ローン事前審査複数申し込みがショッピングローンと決定的に違う点

住宅ローン審査は、ショッピングローンの複数申込と決定的に違う点があります。

それは、他社の落ちた事を気にする度合いが全く異なるのです。

具体的には、以下の展開になります。

住宅ローン事前審査複数申込 ショッピングローン審査複数申込
データ閲覧 同じデータを閲覧する 少し違うデータを見る
他社の評価の影響 強い 弱い
2番手の審査の厳しさ 増す 変わらない

この違いは、決定的な項目として最後の項目が重要。

2番手の銀行は他の銀行が審査を通さない事により、さらに厳密に調べ始めます。

貸し倒れリスクを回避したいからです。

住宅ローン仮審査の複数申し込みは結論として、銀行に行っては失敗後悔するのです。

では続いて、住宅ローン事前審査の複数申し込み条件における注意点をご紹介してきます。

 

住宅ローン事前審査複数申込の注意点

 

住宅ローン事前審査複数申込する際には、インターネット経由も十分注意して下さい。

各銀行のホームページ毎に申し込みをする複数申込も銀行に行くのと同じ?

銀行に行かなければいい。

こんな簡単な解釈でネットでの事前申し込みを気軽に使っている人もいます。

しかし、この行動も非常にリスクが有ります。

・事前審査を申込する件数が増えるとデータの閲覧履歴でバレる

・申込の数字が少しでも源泉徴収票などとずれると疑いが強まる

・申込書の不備が発生した際の取り戻しが効かない

ネットの申込みは簡単ですが、修正が必要な状況では全て不利になるのが住宅ローン審査。

入力する数字1つ1つが全て証拠となる住宅ローン仮審査申込。

非常にリスクが高い事がわかると思います。

住宅ローン仮審査の注意点はリアルも銀行のネット申し込みも同じ事?

・全て銀行に直接データを渡すという行動。

➔すなわち、ミスを許されない行動であること

➔万が一ミスをした際に言い訳できない状態

➔書面の不備はデータ閲覧時の疑いにも繋がる

実は最悪にもなりかねないのです。

ではどうやって複数申し込みをすれば良いのか?

この点について、私自身が実際に使った方法を

ご紹介していきます。

 

住宅ローン事前審査複数申込の正しいやり方とその根拠

私が実際にこの複数申込方法を使いました。

そして、無事住宅ローン審査に通る事ができました。

実際に使って感じたことを踏まえてご紹介していきます。

住宅ローン仮審査複数申し込みも大きな壁がある時代!

住宅ローン事前審査を申し込むのが平日限定という銀行が多い時代。

この時点で、多くの方弾かれている現代。

そして、住宅ローン審査基準の優先順位1位年齢という時間を急ぐ人が得をするギャップ。

さらに、区役所や会社等必要書類を各機関に取りに行く時間と労力。

全てにおいて、時間を必要としているのです。

まさに、

「誰かに依頼をしないとスムーズに条件のいい状態で住宅ローン仮審査が出来ない。」

こうした現実をまずは知って頂きたいのです。

住宅ローン仮審査複数申し込みはもう依頼する時代!

正直、

・複雑化していく不動産の書面

・必要な書面の記入ミス

全て細かな添削なくして正確な情報開示が難しい時代。

だからこそ、住宅ローン仮審査は複数申込が必須であり、正確性も問われる時代。

その答えが、住宅ローン仮審査手続きを全て代行してくれる会社に頼むという方法が確実な時代なのです。

あなたはこんな情報に惑わされないで下さい。

しかし、未だ多くのサイトでは、勘違いしてる人たちが、

「同時に申込みできますよ。という言葉で、各銀行のホームページを紹介してる危険な情報が散漫しています。

私が先ほど伝えたように同時申し込みはあくまで時間差という問題ではありません。

確実に、第三者が同時に複数の会社に事前審査の受付を掛け合う。

ここから複数申し込みの条件が整うのです。

住宅ローン仮審査を正しく複数申込する唯一の方法

あえて、唯一という言葉を使うのは根拠があります。

それは、この会社が日本で唯一の住宅ローン審査代行会社だからです。

住宅ローン一括審査申込

私が使った時代よりどんどん進化しています。

・無料シミュレーション相談

・無料住宅ローン返済相談

こうした流れをしっかり踏んでからあなたにあう銀行に複数申込を行う。

これが、正しいやり方です。

私は2度審査に落ちてからこのサイトに巡り会えました。

おかげで救われたのです。

あなたがもし、住宅ローン仮審査複数申し込みを考えているなら、参考にして下さい。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

私が実際に住宅ローン審査に2度落ちた後に通過させた方法。

もご紹介してますので、興味の有る方は御覧ください。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。


当サイトのおすすめコンテンツ

住宅ローン審査通過のコツ体験談ディズニーデート成功法体験談ディズニーチケット値段節約術ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

2児パパプロフィール

312167595060 (1)

2児パパ

私の簡単な自己紹介

年齢 30代
東海地方在住

旅行記事や恋愛記事は体験談に基づきご紹介しています
私へのご相談もお待ちしております。

お名前もペンネームで結構ですから、お気軽にコメント欄を活用してください。

48時間以内に確実にご対応させていただくことをお約束します。
私個人の壮絶な人生やこのサイトを立ち上げた趣旨については、2児パパプロフィールでご紹介しています。
Google+ 2児パパツイッター
キャッシング 在籍確認

このページの先頭へ