住宅ローン事前審査期間日数と短縮のコツ

住宅ローン仮審査期間日数)体験記について、このページをご覧いただきありがとうございます。

住宅ローン審査を受ける前の悩みの1つに審査期間日数)という方も近年は増えています。

なぜ日数が気になるのか?

この理由には、以下のような住宅ローン審査の事情があるからです。

・住宅ローン事前審査に落ちる、通らない時の日数は何日?

・他の銀行に相談した方がいいのか迷っている。

・もうすぐ年齢が上がってしまうため、保険料なども心配。

実は、住宅ローン審査には、年齢というのは非常に重要な項目の1つなんです。

だからこそ、審査日数がかかりすぎるというのは、悩むべき問題と言っても正しいのです。

私のサイトは、ディズニー体験を家族で楽しむ娯楽体験としてご紹介して、新築一戸建て購入を達成した事から、住宅ローン事前審査,本審査の実態や落ちた,通らない時の対策をご紹介してます。

サイト管理人2児パパと申します。

この記事では、住宅ローン事前審査期間日数)について、私の体験を含めて以下の内容でご紹介しています。

住宅ローン事前審査期間日数体験記

住宅ローン事前審査期間を短縮するコツ

住宅ローン事前審査前に確認しておくべき事

以上の内容でご紹介しています。

私が住宅ローン審査を受けて通過した後の全て体験談をご紹介していますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

住宅ローン事前審査期間日数体験記

住宅ローン仮審査本審査日数注意点

住宅ローン仮審査期間には、どの位の日数が必要なのか?

まずは仮審査を体験からご紹介していこうと思います。

住宅ローン仮審査期間日数を左右する条件

私が実際に住宅ローン事前審査で連絡が来るまでの期間は、2週間でした。

特に日数を余分に取られたと感じた要因は、以下の内容でした。

・銀行側の必要書類の提出補填の連絡

・銀行への書類提出における郵送時間

・住宅ローン仮審査時の私の仕事内容の補足

・住宅ローン仮審査中の担当者の不在

まあとにかく人と人で仕事をするからなのもありますが、

毎回連絡を取るまでに要する時間が余分だったのです。

この連絡がもう1日早かったら用意出来た。

こう言いたい事も何度もありました。

住宅ローン事前審査を早く済ませたい!

こう願う方には、続いての情報をご紹介していきます。

 

住宅ローン事前審査期間を短縮するコツ

 

住宅ローン事前審査の期間を少しでも縮めたい。

出張等の都合から少しでも早い時間での回答や対応をしたい方も多いです。

ですから、正しいやり方として私が実践した方法をご紹介していきます。

住宅ローン事前審査は自分で行わないのが鉄則!

先程も伝えたようにあなたがいくら几帳面にしっかり書類を用意しておいても銀行の担当者不在や理解していないと補足が多くなります。

私の場合は、3度家に来て内容確認をした程素人でした。

こうした担当に当たると時間短縮は確実に不可能に近いです。

ですから、貴方が遣るべきことは、ただ1つ。

銀行の担当者とは話をしない事前申し込み方法を取る事。

これが最も時間を短縮できる近道となります。

住宅ローン事前審査は書類準備も丸投げ

よくある住宅ローン事前審査に必要な書類準備。

この時間は、土日祝は出来ないというハードルがまた違う角度で発生します。

3ヶ月以内の書類でなければ有効性を認められない。

こうした書類も中には存在します。

ですから、

住宅ローン事前審査期間を短縮するのは、全てを代行してもらう会社に依頼する。

こうしなければ、正しい手順でスムーズな審査は進まないのです。

では最後に、

あなたがよりスムーズに相手に伝える事を整理できる準備についてご紹介していきます。

 

住宅ローン事前審査前に確認しておくべき事

住宅ローン事前審査期間を短縮する為に必要な貴方の準備についてご紹介していきます。

住宅ローン事前審査期間短縮はあなたの口頭説明を最小限にする

あなたが住宅ローン事前審査期間短縮のために準備すべきことはあなた自身について明確化する事。

・勤続年数は、何年何ヶ月であるか明確化する。

・会社の電話番号は代表と直通、内線番号等を明確化。

・あなたの会社所在地を事務所なのか本社なのかどうすればいいのか確認。

・クレジットカード保有枚数やキャッシング金額等の把握。

・車のローンの残債確認(数字は明確に)。

・ショッピングローン残債確認。

・スマホ割賦販売購入金額月々返済額と契約期間満期の明確化。

等とにかく書面にてかかなければいけないことを事細かく明確化して下さい。

こうした明確化をしていない状況でむやみやたらと事前申し込みするのは意味がありません。

最後はあなたの情報を聞き出さなければ何も審査が進みません。

よって、貴方自身が自分のデータをしっかり把握する事。

これが、最も貴方がやらなければいけないことなのです。

住宅ローン事前審査期間短縮に協力は全てメールでどんどん追記していく

電話による口頭説明ばかりを繰り返しても結果的に言った言わないになると人とのやり取りと変りません。

住宅ローン事前審査期間を短縮するなら、できるだけ説明できる事はメールを使います。

勿論、サイトを経由した情報は、個人情報保護になっているのですが、その他の細かな情報を入力する箇所がありません。

・会社の規模や事業

・転勤の可能性

・住宅の建築図面

とにかくどんどん添付でも良いので担当のメールアドレスで送るようにします。

これらは、銀行と直接の場合は一切受け付けてくれません。

書面でしか対応してくれないため、時間と手間が倍以上掛かります。

こうした事情は、全て実際に住宅ローン事前審査を銀行と複数申し込みを両方経験したからこそ知ったこと。

私も大きく誤解をしていた一人でした。

住宅ローン事前審査について、私も第三者機関を使うまでは誤解ばかりしていました。

人のやる仕事だから期間は掛かって当たり前。

しかし、

現代はどんどんデータ化された中でとり行われているのです。

結果的に、入力事項における証拠が最後に郵送されるだけでも十分なんです。

時間との勝負が最優先の住宅ローン事前審査。

ですが、

私自身も大きくムダな時間を過ごす結果を体験してしまったのです。

あなたには、こうした私自身の体験を含めて、住宅ローン事前審査期間について失敗してほしくありません。

今の時代にそうというのは、正しいやり方をすると、すごく簡単になります。

データが出るのも早いです。

でも、間違った方向ではいつまで経ってもストレスとの戦いになります。

私が実際に2度審査に落ちた後、銀行に行かずに事前審査通過を勝ち取った方法

スポンサーリンク

にて詳しい方法をご紹介していますので、興味のある方は御覧ください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。


当サイトのおすすめコンテンツ

住宅ローン審査通過のコツ体験談ディズニーデート成功法体験談ディズニーチケット値段節約術ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

よかったらフォローお願いします

キャッシング 在籍確認

このページの先頭へ