住宅ローン審査遅い長引く理由|滞納経験は落ちる理由?体験記

スポンサーリンク

住宅ローン審査に滞納履歴は危険!厳しいと遅いのか?についてご紹介しています。

住宅ローンをこれから組もうと思っている方が心配する過去の履歴の中でも危険なのは、滞納!。

どんな滞納がリスクが高いのか?審査落ちになる原因をご紹介しています。

合わせて、自分の審査が厳しい場合、遅いと思われる期日についてもご紹介しています。

スポンサーリンク

住宅ローン審査に滞納はどんな種類でもダメなのか?

審査

スポンサーリンク

住宅ローンの審査を受ける際に、自分の過去の履歴に注意しなければいけないのが、滞納の履歴。

しかし、全ていかなる滞納も難しいわけではありません。

実際、どんな滞納が危ないのか?通りにくくなる原因となりうる順位も合わせてご紹介していきましょう。

貸金の滞納

自動キャッシング機械等の利用を含む貸金系の金融機関からの借入を滞納したケース

このパターンがある場合は、非常に不利になるケースが多くなります。

各種ローン会社の滞納

ショッピングローンや車のローンなどを滞納したケース

この場合も、頻度や遅れを取り戻した頻度が多いとかなり致命的!

カード決済の銀行の不足金による滞納

データが近日であると非常に心配です

カード会社の情報修正によりこの情報は非常に効果が強いケースもあります

これら一つでも身に覚えがある場合は、住宅ローン審査を使う前に、まずは自分の口座がある銀行でしっかり自分の情報を確認しておくことが大切です。

「自分で、これから住宅ローンを組みたいが、過去の経緯をしっかり確認しておきたい」

ありのままを素直に相談すれば銀行側も自分たちが貸してあげられるチャンスがあると思い、一生懸命相談に乗ってくれます。

この時に1つ注意してほしい事があります。

それは、

過去払ったはずの物が残っていたとしても絶対に銀行では文句を言わない事

あくまでも、銀行に確認するのは、「あくまでデータに基づく事実確認であること」を大前提としておきましょう。

次に、滞納した事があるが、これくらいなら大丈夫というケースをご紹介していきましょう。

 

住宅ローン審査に滞納があっても大丈夫なケースとは?

住宅ローンの審査における滞納の心配において、次は、滞納経験があっても、実際そんなに影響のないものをご紹介していきます。

1.光熱費などの支払いの滞納

もちろん、これも、数ヶ月単位というレベルでは話は別ですが、

例えば、

・転居したばかりに最後の支払いが振込になっていたが、間に合っていなかった

・普段コンビニ払いにしていた内容を用紙をなくして再交付してもらい、すぐに払った

などの対応可能な状態だったが、事情があり、滞納金を含めた支払いをしたケース。

これらは、滞納という文字はあっても、銀行のデータにまで影響を及ぼすような事は心配ありません。

次に、

2.返品等により、問題となった商品についての意図的な滞納をした

これには理由が明確であるという事が大切。

こうした内容は、しっかり解決していないと、上記のベスト3に入ってしまうリスクもある内容。

しっかりこの状況説明を証拠があればもちろん、銀行に提示することをオススメします。

しかし、

この流れの解決があれば、この滞納時期については、説明が付くこと、という事でリスクは少なくなるという事が大切。

こうした同じ滞納という履歴であっても、

・データに反映されないケース

・反映されていても理由が説明できる事例

というのは、銀行側も審査機関も譲歩することがありますので、明確に説明しましょう。

最後に、住宅ローン審査は、厳しいと遅いという事についてお話していきます。

 

住宅ローン審査は、通りにくかったり厳しいと遅いのか?

住宅ローンの審査について、進行状況についてご紹介していきます。

まず、最初にご案内したベスト3が万が一、影響している場合は、即アウト。

1週間以内で審査の結果、難しい結果となりました。

という回答が来ます。

問題は、2つめにあげた「こちらの正当な理由が存在はする。しかし、滞納の履歴があるケース」

これが、一番審査が長引く原因となります。

一方の言い分だけが正当なのか、この事例と似たケースは、過去5年間くらいに同じようにあったのか?

こうした内容が調べられるケースがあるという事を体験記の中で、聞きました。

一概に審査期間が長い=通らないではなく、事実確認や詳細情報をより細かく見るための時間がかかる。

といった事が原因だと思います。

しかし、

銀行側もハウスメーカーや工務店から、

「いつ通るの?」

「着工はいつからしていいの?」

という質問を受けます。

ですから、

迅速に対応しようとしているのは、間違いないと思います。

こうした点をよく理解して、住宅ローンの審査を待ちましょう。

大事なのは、不安なことは全て打ち明けて、素直に相談する」

これが、人対人の確認事項であることから非常に重要です。

「記入事項に嘘があるとすぐ、アウト」なんて事も珍しく無い、よくありますから注意しましょう。

この他、住宅ローンの悩みと対策法をご紹介していますので、ぜひ併せて参考にしてみて下さい。

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。


当サイトのおすすめコンテンツ

住宅ローン審査通過のコツ体験談ディズニーデート成功法体験談ディズニーチケット値段節約術ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

よかったらフォローお願いします

キャッシング 在籍確認

このページの先頭へ