消費者金融や債務整理経験の住宅ローン審査影響力

住宅ローン審査の不安要素、消費者金融や債務整理の影響についてご紹介しています。

このページをご覧頂き有難うございます。

サイト管理人2児パパと申します。

住宅ローン審査を受けたいけど過去の経験は?

消費者金融債務整理住宅ローン審査への影響を以下の内容で解説しています。

消費者金融経験が住宅ローン審査に全てダメではない!

住宅ローン審査に不安を持つべき消費者金融経験者

債務整理の住宅ローン審査への影響

住宅ローン審査に債務整理や消費者金融経験者も通す方法

消費者金融利用の影響は全て論外ではありません。債務整理も同様。

皆様の不安解消、又は「落ちた」「通らない」の原因解明、さらに私が2度落ちた住宅ローン審査が1発で通った方法もご紹介していますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

消費者金融経験が住宅ローン審査に全てダメではない!

住宅ローン審査不安

スポンサーリンク

住宅ローン審査を前に過去の経験で、不安を持ちやすい消費者金融の経験についてご紹介しています。

まず最初に前提として、消費者金融利用経験=全て「落ちる」「通らない」にはつながらない事をまずは知っておいてください。

根拠は、住宅ローンを除くショッピング等のローンでもこの条件は同様だから

各銀行が扱うクレジットローン契約にも影響を受けない方の住宅ローンの審査への影響懸念は心配しすぎです。

消費者金融の利用で、不安を持たなければいけない方、又は「通らない」「落ちる」可能性の高い方をご紹介していきましょう。

 

住宅ローン審査に不安を持つべき消費者金融経験者とは?

 

住宅ローン審査で不安を持つべき消費者金融の経験についてご紹介しています。

実際、かなり難しいステージは、3段階あります。

住宅ローン審査に影響する消費者金融で最悪の場合

深刻なケースとは、いかに掲げるような場合は、非常に影響が大きいと考えられます。

・過去7年以内に、消費者金融での経験があり、借入金を途中で放棄している

・過去7年以内に、消費者金融での経験があり、借入金を途中何度も滞納・遅延した経験がある

・過去7年以内に、消費者金融での経験があり、複数社の借入金の支払い中である

・過去7年以内に、消費者金融での経験があり、借入金の支払い中である

このステージでは、消費者金融の経験よりも、滞納、遅延がかなり深刻なキーワード

消費者金融の金額の大小で、変わるのではなく、経験に滞納や遅延があるのはかなり通りにくい審査対象の経験となります。

次に、現状の借り入れが消費者金融を利用しているという条件ではまず通る可能性がかなり低いと思います。

まず仮審査の段階で難しくなります。

では、次のステージをご紹介していきましょう。

住宅ローン審査に影響する消費者金融で運試しのケース

・過去7年以内に、消費者金融での経験があり、滞納は無いが1度くらいは遅延はある

・過去7年以内に、消費者金融での経験があり、返済完了と新規借り入れを繰り返している

・過去7年以内に、消費者金融での経験があり、この他のカードによるキャッシング経験が多い

このステージ該当になる上で、重要なのは、

・滞納や無しでも、遅延は、1、2回。でもすぐに返済完了している

・新規借り入れが頻回に行われているかどうか?

・キャッシングをする癖が金銭管理を出費しやすい性格と判断される

こうした事情が住宅ローン審査に大きく影響する場合がありますが、いずれも、「完済」している事が大切。

完済を条件に住宅ローン審査が通過する場合もありますので、しっかり残債ゼロを確認しましょう。

住宅ローン審査に消費者金融経験が影響しにくいケース

・消費者金融経験は、過去に7年以上前にあり、もめたが、弁護士などが入って完了している

・消費者金融経験はあるが、カードなどのキャッシング機能などは使ったことも所持したこともない

・消費者金融経験は7年以内にはあるが、終わっているはずである

こうした条件では、「通りにくさ」は非常に軽度。

しかし、落とし穴になりやすいのは、最後にある「終わっているはずである」という思い込み

完済証明書が届いていないのに、自分で関西を勝手に思い込んで放置している方もいます。

必ず消費者金融経験があって、住宅ローン審査に挑戦するなら、今ある会社なら、すぐに確認しましょう。

理想は、必ず完済証明書を手元に持つことが重要です。

最後に、消費者金融経験の中で、債務整理をした際の影響についてご紹介しておきますね。

 

住宅ローン審査への債務整理の影響

 

債務整理の経験は、住宅ローン審査に影響するのか?についてご紹介しています。

完済時の債務整理は、比較的住宅ローン審査には影響は少ないと言えます。

完済をしていない状態での債務整理についても、「過払い請求」を含めた債務整理であれば、問題は少ないです。

その根拠は、

弁護士という債務整理に第三者が入って証明している過程がある

自分の思い込みでも、会社のミスでもなく、公平な立場の権限を持つ方が、代理として整理してくれた事は、完済を証明する上でも重要。

ですから、

債務整理が住宅ローン審査に悪影響を及ぼす可能性は少なくなります。

しかし、

債務整理の中でも、かなり深刻な例は

結果的には、過払いも無し、債務整理中の支払い遅延を最後に請求されたようなケース

結果自分の管理が不足して、相手方が正しい場合は、かなりまずいです。

一気に不利な状況になります。

以上が住宅ローンにおける債務整理や消費者金融経験についての審査の不安を考えるポイントになります。

では最後に、

住宅ローン審査を消費者金融経験者も債務整理経験者も安心して申込出来る方法をご紹介していきます。

 

住宅ローン審査に債務整理や消費者金融経験者も通す方法

住宅ローン審査について、消費者金融や債務整理経験者が不安になる気持ちは解ります。

しかし、

必ず全てその条件が原因で落ちる、通らないという時代ではありません。

誤解が多い内容を含めて、通す方法をご紹介してきます。

消費者金融や債務整理経験者が持つ住宅ローン審査の誤解

住宅ローン審査を受ける前の状況で多くの方が持つ誤解は、以下の要素。

・何年前だから大丈夫

・全部片付けたはず(自己完結状態)

・そこまで調べられないはず

こうした自分勝手な想像だけで事を運ぶ方が多いです。

住宅ローン審査は全てデータを閲覧することで進みます。

そして、

多くの金融機関や現代はスマホの滞納なども消えないデータとして残される傾向にあります。

消費者金融経験者や債務整理経験者に多い落とし穴

ついつい遅れてしまう事に怖さを覚えなくなってしまった方もいらっしゃいます。

・スマホの引き落としが遅れることは何度かあった

・車のローンで振り込み対応したことがある

こうした事の方がかなり影響力を大きくするのです。

実際に、消費者金融や債務整理は最後が円満であれば支障は少ない事も多いです。

しかし、

滞納癖や遅延の目立つ支払い状況。

この内容は、銀行によっては、致命傷に見られるケースも有るのです。

ですから、

住宅ローン審査を消費者金融や債務整理経験者の不安な方は、申込方法がかなり重要となります。

・仕事(職種)に対する理解力の深さ(住宅ローン審査の中では、属性と言われます)

・勤続年数の少ない条件でも対応可能な銀行

・実際に消費者金融を運営している銀行

こうした様々な要件を自分で探しきるのは、困難を極めます。

よって、

正しい情報と知識を持つ第3者の協力を得ることこそ、住宅ローン審査を通す最短ルート。

私自身は、消費者金融等の経験はありませんでしたが、2度落ちました。

しかし、

住宅ローン審査2度落ちた私が銀行に行かず審査通過した複数申込み体験談

この方法で私はなんとか救われました。

住宅ローン審査の最優先審査基準は、年齢です。

少しでも急ぐ事が審査通過の本当に大切な条件。

自分で調べるという曖昧さに安心をせずしっかり無料で対応してくれる正しい第3社機関で相談してみましょう。

きっと、あなたの条件を受け入れてくれる銀行は必ず有ります。

諦めずに少しでも正確な方法に辿り着く事を願っています。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。


当サイトのおすすめコンテンツ

住宅ローン審査通過のコツ体験談ディズニーデート成功法体験談ディズニーチケット値段節約術ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

よかったらフォローお願いします

キャッシング 在籍確認

このページの先頭へ