住宅ローン審査通らない理由で最悪の3つ

スポンサーリンク

住宅ローン審査落ちた場合、通らない理由を防ぐ前準備を体験からご紹介しています。

このページをご覧頂きありがとう御座います。

サイト管理人2児パパと申します。

住宅ローン審査に落ちる、通らないという経験を私も実際、メガバンク1回、都市銀行1回経験しました。

その際の体験を活かして、このページでは、

住宅ローン審査通らない理由1.割賦販売の支払いリスクとは?

住宅ローン審査通らない理由2.クレジットカードの影響は?

住宅ローン審査通らない理由3.銀行預金残高の確保

という3つの内容からご紹介していこうと思います。

あなたの住宅ローン審査通過に向けるヒントをご紹介できると思いますので、是非じっくりご覧ください。

スポンサーリンク

住宅ローン審査通らない理由1.割賦販売商品の支払い

マイカーローン有り住宅ローン審査通過のコツ

スポンサーリンク

まず1つ目は、住宅ローン審査に落ちる・通らない理由の代表は、割賦販売法商品の影響。

割賦販売法とは、月々の支払いをしている内容です。

皆様の生活に近い割賦販売法で購入している内容は、

・スマホやガラケーといった携帯代の月々支払い

・車のオートローン

・家電製品の無金利分割払い

等が該当しています。

分割払いが住宅ローン審査に影響した私の体験

私の体験でも、無金利ローンを利用している最中の住宅ローン審査で、「一括精算をお願いします」と言われました。

一括精算が出来ない場合は、審査が難しい、通らない、審査落ちになる可能性が高いという事になります。

なぜか?

「住宅ローン審査基準」の中でも、「年収負担率」が非常に重要になるから。

年収があっても、こうした支払いが多いせいで、負担率を規定より超えてしまうと「審査落ち」や「通らない」を経験することになります。

一番いいのは、こうした割賦販売をゼロにしておくこと

これが、1つ目の準備になります。

車のローンがある場合の住宅ローン審査は具体的にどんな指摘をされるのか?

でもご紹介していますので、是非参考にしてみてください。

次に、多くの方がお持ちになっているクレジットカードについての注意事項や前準備についてご紹介していこうと思います。

 

住宅ローン審査通らない理由2.クレジットカード

カード会社

住宅ローン審査落ちや通らない理由2つ目の前準備は、クレジットカード。

クレジットカードが審査の障害になるのは、大きく分けて3つの理由があります。

住宅ローン審査に影響するクレジットカード事例1.キャッシング機能の利用や金額設定

見落としがちになりやすいのは、クレジットカードのキャッシング機能の有無。

上限限度額という項目で、数十万円の借り入れが可能になっているクレジットカードは審査には影響します。

いわゆる、他の借り入れが可能な条件になっている

これが理由で、住宅ローン審査には影響してしまうのです。

ですから、

まずは、お持ちのクレジットカードのキャッシング利用限度額をゼロにする事を徹底して下さい。

住宅ローン審査に影響するクレジットカード事例2.クレジットカードの所有枚数

クレジットカードは、使わなくても、特典を受ける時だけのために所有しているカードも多いと思います。

私は、実際、審査時に、

クレジットカードの所有枚数を減らして下さい。」

と言われました。

こうした条件を提示してくれる銀行ばかりではありません。

クレジットカード所有枚数が多い事が理由で、審査落ち、通らないという事もありえてしまいます。

ですから、

使っていないクレジットカードは解約等をしていく方向性も視野に入れておきましょう。

理想は、3枚を上限にしてください。

とも言われました

この理由は、

先ほどの条件同様に年収比率におけるリスク回避という見方をされていますので、最初に行う準備として大切。

クレジットカードの支払い滞納や遅延

クレジットカードを保有しているだけの場合は、そこまで問われないケースも中にはありますが、もっとも重要なのはこのケース。

クレジットカードによる支払い滞納や遅延は、「大変大きなリスク」となります

クレジットカードの利用事態には充分事前に注意が必要です。

以上の3つが住宅ローン審査に落ちる、通らないクレジットカードにおける注意点です。

ここまでの内容をしっかり見直しておけば、まずは、クレジットカードで引っかかる要因はないと思います

最後に、十分な資料として、銀行口座での預金残高についてご紹介していこうと思います。

 

住宅ローン審査通らない理由3.銀行預金残高の確保

最後に、ご紹介していくのは、銀行の預金残高の確保についてです。

預金残高なんてなんで関係あるの?

と思う方もいらっしゃると思います。

実際、

住宅ローンがスタートした際に、あまりにも銀行預金がない場合、他の生活費の支払いを含めて、「支払いの遅延」を余儀なくされるような預金状態では審査的にも不安があります

私の場合は、預金を目的のために5つに分けていました。

その一部の預金をまとめて、充当額を増やす工夫をしました。

やはり銀行側も預金のない方は、実際どのくらいの資産を持っているのか不明。

収入はあっても、使われている(支払いが多い?)と考えれてしまう可能性が高くなります

ですから、

自分の提示する預金通帳に少し預金を集めるなり、まとめるなりの工夫が必要な場合もあります。

こうした前準備が、まず自分でできる「住宅ローン審査」通過するために行う努力。

手間をおしみ、そのままの自分で審査をしても通らなかった方は、諦めずこうした内容をしっかり確認しておきましょう。

でも、やはり私自身が2014年住宅ローン審査を体験して痛感したのは、銀行選びの変化

こうした

・クレジットカード

・他社での借入残高

・預金の不安

等を心配せずに、少しでも可能性が高い住宅ローン審査を受ける方法を私は見つけました。

その方法は、

住宅ローン審査2度落ちた私が銀行に行かず審査通過した複数申込み体験記

でご紹介していますので、是非参考にしてください。

このページを最後までご覧頂きありがとうございました。

あなたの住宅ローン審査通過を心から願っています。


当サイトのおすすめコンテンツ

住宅ローン審査通過のコツ体験談ディズニーデート成功法体験談ディズニーチケット値段節約術ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

2児パパプロフィール

312167595060 (1)

2児パパ

私の簡単な自己紹介

年齢 30代
東海地方在住

旅行記事や恋愛記事は体験談に基づきご紹介しています
私へのご相談もお待ちしております。

お名前もペンネームで結構ですから、お気軽にコメント欄を活用してください。

48時間以内に確実にご対応させていただくことをお約束します。
私個人の壮絶な人生やこのサイトを立ち上げた趣旨については、2児パパプロフィールでご紹介しています。
Google+ 2児パパツイッター
キャッシング 在籍確認

このページの先頭へ