住宅 ローン借入額はいくら?年収6倍返済体験記

住宅ローン借入額の記事において、私の記事をご覧頂きありがとうございます。

住宅ローン借入額について、現代はこんな悩みも増えてきました。

住宅ローン借入額で可能額はいくら?

住宅ローン借入額でシミュレーションすれば安心?

情報が溢れかえるせいで、何から知っておくべきかを判断がつかなくなってる方も多いです。

私のサイトは、新築購入体験を通じて、マンションや一戸建て購入で感じた住宅ローン審査対策や通過のコツを実態としてご紹介してます。

サイト管理人2児パパと申します。

住宅ローン借入額を実際に審査を体験したからこそ伝えられる内容として以下の内容でご紹介していきます。

住宅ローン借入額は、可能額限界まで借入が得?

住宅ローン借入額について、銀行が使う常套句

住宅ローン借入額を前提に会社を選ぶ方法

以上の内容についてご紹介してますので、まずは住宅ローン審査の傾向と対策という視点でご覧ください。

スポンサーリンク

住宅ローン借入額は、可能額限界まで借入が得?

住宅ローン審査年収450万借入可能額口コミ者の審査時状況

住宅ローン審査を体験し、返済計画を実際に体験したからこそ、書ける内容をご紹介していきます。

住宅ローン借入額は、年収6倍では自由不足?

マイホームとして最初に私が購入したのは、新築マンション。

勤続年数も5年経過し、安定した収入の流れが出来たと自分では確信を持ち始めた頃でした。

しかし、この時の私自身の生活は、こんな点が多い状況でした。

・独身での購入。

・趣味に使いすぎる浪費家傾向のある状況。

・車のような100万円以上の買い物はほぼしない。

返済期間は、35年の変動金利で検討しました。

勤続年数は、3年以上という銀行も多い住宅ローン市場。

ですから、選択の自由はそれなりにあったと思います。

しかし、実際に住宅ローン借入額を6倍で借入したらこんなことが解りました。

・正直趣味で費やすお金を削らないとキツイ。

・生活費という視点に、管理費用を入れるとちょっと足が出やすい状況。

・数年経てばさらに値上げする管理費、修繕積立費用。

年収6倍という借入額は、正直、繰り上げ返済どころではなくなりつつあったんです。

住宅ローン借入額、銀行の反応は?

住宅ローン審査を受ける。

当時の私の住宅ローンは5年以上前です。

地銀に対しては私は統合等のリスクも考慮して信用はしていませんでした。

そして、銀行の担当からは当時はこんな話が聞こえました。

・20代で過去に滞納、遅延等の大きな内容がない場合はマンションの場合は特に通りやすいと思いますよ。

しかし、時代が進むに連れて、この発言も徐々に聞こえなくなりました。

今や銀行の住宅ローン借入額は、多くの銀行が年収の5倍としてる。

これが、口コミ等を頂いた内容からも確定要因と見ても過言ではない最近の銀行の借入額の実態です。

住宅ローン借入額と言うのは、やはり銀行も利益に直結する少しでも多く欲しい案件の1つ。

しかし、貸し倒れ防止による貸し渋りの方が勢いが強い。

この都合から、実際に対象者自身に問題がなくても、通らないという事例も増えているのです。

少し違う角度から、借入可能額をご紹介していきます。

 

住宅ローン借入額を銀行が伝える常套句

 

住宅ローン借入金の可能性を知りたい!

実際に、住宅ローン相談会なども開催してる地銀に多い特徴をご紹介していきます。

住宅ローン借入額はオブラートに包む事が一般的

住宅ローン審査を通過させる為に、借入額目安わかると安心だ!

誰でもこうした資産計画に失敗しない為の先手を考えたくもなります。

しかし、この答えについて、地銀は特に、こんな言葉で伝えてきます。

「実際には、審査をかけてみないと解りませんが、可能額としては通ると思います」

無責任といえばそれまで。

実際に、私はこの声に反応して、使いましたが実際には通りませんでした。

通らない理由は勿論何も解りません。

住宅ローンにおける借入額が知りたい!

この答えは事前にリサーチさせてくれればくろうはしません。

しかし、実際に地銀のよくある無料相談会などはほぼ申込用のリスト取りでしか無い。

このポイントを知らずに、「多分、大体、」などという言葉にごまかされて申込をした。

こんな体験を2015.2016もよく耳にします。

ぜひ、地銀をはじめ、住宅ローン無料相談会は何のためにあるのか?

このポイントをしっかり知っておきましょう。

では最後に、住宅購入をする際に、どうすれば住宅ローン借入額が厳しくならない状況になるのか?

このポイントをご紹介していきます。

 

住宅ローン借入額を前提に会社を選ぶ方法

住宅ローンの借入額を検討しながら、住宅購入を成功させるコツをご紹介していきます。

住宅ローン借入可能額は、年収の何%?返済額シミュレーションのコツ

実際に私自身が、年収6倍で趣味にお金を使う余裕が無くなったのは、30代前半。

家族が居て、子供も居てなんて状況だとこの状況は更に高まります。

・子育て資金

・奥さんの仕事中止

・自分の生命保険

・住宅ローンに付帯する地震保険等

・車の保険料

・固定資産税

最近はつくづく生きてるだけでお金がかかるんだなぁと痛感してます。

2児パパになり、感じるのは、住宅ローン等の借入額は、年収の30%以下が理想。

この数字はリアルに生活をしていて感じます。

この返済額が、クレジットカードや口座引き落とし分を総トータルしてるとかなり生活は落ち着きを見せます。

単純に年間返済額は、私の体験内では、以下の数字の借入額が理想。

年収 住宅ローン借入額 年間返済額は年収の何%
300万 1500万円 16.7%
400万 2000万円 16.7%
500万 2500万円 16.7%
600万 3000万円 16.7%
700万 3500万円 16.7%
800万 4000万円 16.7%
900万 4500万円 16.7%

返済額を年収の5倍で想定すると、意外かもしれませんが年間の返済比率は、厳しい数字に見えません。

しかし、この金額に、以下の情報を乗せたらどうなるでしょうか?

・水道光熱費

・車の保険料

・生命保険料

・スマホなどの使用料金

・インターネット回線費用

・外食などの生活費+α

あっという間に、手取り分から数えれば、残5万円以下になるのもわかると思います。

さらに、住宅ローン返済中には以下の要素も増額リスクが有ります。

・故障、買い替え等の家電予備費用。

・外構等の修繕費(一戸建て購入時)

・管理費,修繕費用の上乗せ(マンション購入時)

・子育て世代の入学卒業時期の費用。

実に簡単に、残は3万円以下になってしまうと思います。

ですから、自分のお小遣いなどという言葉を安心して使える環境を作るには、この程度が限界なのです。

住宅ローン借入可能額を想定する家選びとは?

家を選ぶ際には、確実に、広告費用+200万円は余分に試算に入れておきましょう。

数字の根拠は?

・浄化槽等の工事費用。

・カーテンなどの設備費用。

・オプション工事追加の予算。

・住宅ローン前の頭金準備。

・住宅購入後のプール金。

このような数字が顕著になった際には、最初の想定から200万から300万の上乗せが見えてる方が無難です。

実際に借入額を検討するなら借入可能額目安マイナス300万で建つ家を探す。

この探し方なら、大きく計画を変更しなくても、自分たちの気になるパ-つをしっかりれながら相談できます。

ぜひあなたの住宅ローン借入額を増やすと言うより、確実に借りられる金額に近づける。

この目線で、対応してみてください。

最後まで記事を読み進めていただきありがとうございました。

私は、このような住宅ローン借入金目安を含めて、この先のご紹介してる方法を進めています。

住宅ローン審査に2回落ちた後に銀行に行かず審査通過を勝ち取った方法。

スポンサーリンク

にてご紹介して居ますので、興味のある方は合わせて参考にして下さい。

最後まで記事を読み進めていただきありがとうございました。


当サイトのおすすめコンテンツ

住宅ローン審査通過のコツ体験談ディズニーデート成功法体験談ディズニーチケット値段節約術ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

よかったらフォローお願いします

キャッシング 在籍確認

このページの先頭へ