付き合う前デート場所で男が失敗しやすい思考パターン

まだ男友達や女友達という関係。

これから先は1歩ずつでも近づくことを考える。

デートということは、自分も相手も楽しむことが大切。

でも、男の中には、いろいろな人と回数を重ねても発展しない。

デートスポットや人気や流行、季節のイベントなどを含めてコツもポイントも見えない。

こんな悩みを持つ人も多い。

高校生、大学生、社会人(20代、30代、40代)と世代なんて関係ない。

自分がこれから何を考えて準備をすればよいのか?

失敗する人の典型例をよくある相談からご紹介していきます。

付き合う前デート場所と男の思考

付き合う前デート場所失敗典型例

男性が女性を誘う時、こんな考え方を持つ人もいる。

  • 男性が主に行きたいところを探す。
  • 男性にとって自分が面白いと思うところに一緒に行くという考え方。
  • 男性が自分にとって行きやすい場所を選ぶ。

つまりは、こういう思考が先になっている。

男性が行った先で楽しめるか?

そもそも男性が女性をデートに誘うとか付き合う前のお互いを知るためには何をいしきしなければいけないのか?

この答えが、常に自分が楽しいという感覚を忘れられない人がやはり年齢を重ねても回数を重ねても女性を満足させることが出来る感覚にたどり着けないことも多い。

 

付き合う前デート場所のリサーチ

付き合う前デート場所探し方

常に季節に合わせたイベントが行われていることも多い現代社会。

1月正月商戦

2月バレンタイン

3月ホワイトデー

4月新入学や新社会人

5月GW

6月から7月夏休みや夏のボーナスシーズン

8月お盆休みの行楽シーズン

9月秋冬新商品の家電注目アイテムが最も多い時期

10月ハロウィン

11月12月クリスマスや年越し

常に季節の動きが人の心を動かして、何かしてみたいと思わせるような広告PRも行われる。

こういう時、男性の失敗が多い典型例は、以下のような発想も多い。

  • 行ったことがない場所。
  • 今流行っている映画。
  • 新しくオープンした店や場所。

いかにも誘うための口実に使われている典型例。

しかし、こういう誘い方って女性も男性も自分が誰と行きたいのかを考えているような場所ばかり。

相手の気持ちや状況を考慮する。

たったこれだけで意識も誘い方も誘うまでの流れも大きく変わります。

 

付き合う前デート場所成功法

付き合う前デート場所成功法

付き合う前というのは、以下のような対象。

  • まだ面識も少ない名前と顔を知っている人。
  • 幼馴染、近所、同じ学校、塾、会社などの関係。
  • 自分が片想いをしている相手。

結果的に、このいずれの場合でもクリスマス、卒業旅行、誕生日、長期休みなどを利用したタイミングを誘う時期として考える。

この時に、大切にしてほしいポイントは、シンプルに以下の優先順位。

付き合う前デート場所優先順位 ポイント
1位相手の好み 常に相手を中心として、「自分の立ち位置」を男性は一歩下がって楽しませることを意識。
2位誠実さ 下心を持つ感覚を感じさせない紳士な気持ちをどういう場所でなら保ちやすいのか?
3位準備 相手の普段をあまり知らない場合でも常に相手がその場所に行く時に気を遣わないかどうかを考える
4位予算 男性より女性の方が身支度もいろいろな手入れも用意が大変。できるだけ準備の少ない環境を選ぶ。

このように、男性は、常に相手の女性に対し、自然体で楽しめる場所を考えてあげることが最も重要。

男にとってデートとは、自分が楽しむのではない。

相手の女性に自分の存在価値を高く感じてもらうためのテスト環境。

この位の意識を持つことが簡単にできるようになれば、別に付き合う前もカップルもデートは毎日会っても楽しめる。

今の自分の計画で、何が足りないのか?

こんな探し方をしながら、メニューを考えてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ