彼氏へ服をクリスマスプレゼント!ブランドと好みどっち優先?もらってうれしかったもの体験記

クリスマスプレゼント。

今年は彼氏に服を送りしたい。

男性の服も彼女として選んであげたり、チェックするのが好き。

ファッションは男性も女性も問わず好き。

ランキング商品の紹介アイテムを見ながら女性的に自分の彼氏に選ぶならどれが良いのか?

こんな視点で大人感の演出やビジネスを考えた色などを取り入れてほしいと思っている女子もいるはず。

でも実際に購入した際にどうせなら自分の選ぶ服で相手に喜んでほしいと思うのもある意味悩みになっている人もいるのでは?

誕生日とクリスマスプレゼントの時期が近い時にはどうする?

全く季節が夏と冬の真逆だったら選び方は違うのか?

こうしたクリスマスプレゼントと誕生日の時期を気にする人もいるはず。

初夏にピッタリなイメージの人もいるし、秋冬の大人の雰囲気の方が素敵に感じる人もいるはず。

別に何を選んでもぴったりかどうかよりも大切なことがあると私は思っている。

しかし、友達とも違う彼氏という立場に関連商品だからこそ、今後の展開を考えて意識してほしいことをご紹介していきます。

クリスマスプレゼント彼氏の服に多い失敗

クリスマスプレゼント彼氏

どこか特徴がない。

いつも同じスタイル。

スーツのイメージがない。

サイズはぴったりばかり着て何を見てもシーンを問わず同じように見えてしまう。

特別な展開がどんな時でも感じられない彼氏もいる。

こんな時、必要以上に彼女が彼氏のコーディネートを変えるというのは喜んでもらえるのか?

この答えは、似合うかどうかよりも単純に相手の嬉しい反応をもらえるかどうかの答えは、考え方の方が大事。

確かに何か物をもらえる事の中でもクリスマスプレゼントを彼女の手から渡されるのは嬉しいはず。

しかし、その選んだ対象が自分には全くおしゃれのイメージができないカジュアル系だったりしたら?

お祝いでもらったコーディネートは仕事にどう活かせばよいかわからない人なら?

ある種相手の男の特徴次第によっては、センスがないというよりも選び方に迷うだけの状態の人もいるのが現実。

 

クリスマスプレゼント彼氏の服注意点

クリスマスプレゼント彼氏服選び方

相手の喜んでくれそうなデザインや柄はわかっている。

センスも好きだから、今回の選び方にはちょっと最新のこだわりを入れてお祝いしたい。

このように考えている人もいるはず。

クリスマスプレゼント彼氏はお返しも重要

男性はどこかで普段来たり、毎日の社会人生活の中でイメージ的に持っている商品もある。

しかし、そこまで幅広いキーワードとして、最新やトレンドをチェックしていないケースもある。

男女それぞれで衣類に悩んでいる対象が異なる。

カテゴリとしてやはり、女性はせっかくなら最新の雰囲気も上手に今を取り入れようとする。

これはグルメでもギフトでも同じ。

女子の季節に対するまとめ方の意識が毎日の中でどこか敏感になっている。

しかし、男性は?

社会人でのまとめ方はどこかオシャレとか素材よりも仕事に合うTPO基準。

季節にあっていれば問題ない。

気に入った商品があれば、同じシリーズを別パターンで購入。

このようにまとめている人も多い。

すると、最新のアイテムは、パーカーやtシャツ、バッグなど何の種類を選ぶとしてもギフトとして相場が見えなくなってしまう。

すると、自分が選んだ商品にこんな悩みも生まれてくる。

「今年風だったのか?」

女性は自分の着るものにこだわりがあると思って彼女に見られていても実際は合わせ方がそれしか使える物がないというケースもある。

着こなしとして幅広く楽しめる相手になるのか?

こんな気持ちをどこかいつものデートの時にも気遣ってあげるのも大切になると思います。

一緒にいて、愛用しているという対象には20代30代を問わず、ちょっとでもいいからその品について、いつも使っている理由を聞いてみよう。

これだけでもかなり子供の反応と同じようにわかりやすい答えが返ってくると思います。

その答えが必見で、むしろ子供に選んであげる感覚の方が値段を問わず喜ばれる可能性もあるのです。

 

クリスマスプレゼント彼氏の服成功法

クリスマスプレゼント彼氏服成功法

実際にスイーツのような期間限定とは違う。

一緒に居る時に着てほしいと思うものを選ぶ?

それともプライベートで是非どうぞという意味で渡す?

仕事の時、社会人の時間を意識して合わせる商品を探す?

このように、キーワード一覧で考えても、プライベート、仕事、オフ、デート等という言葉が見つかります。

こうした中で成功するコツをご紹介していきます。

クリスマスプレゼント彼氏と結婚後

実際にモノを選んだ先に感じのわからないままでも良いから選べるのがプライベート用。

冬はまだまだ1月2月と冷え込みが増す時期になるのがクリスマス。

ここが注目のポイント。

もし選べないと思ったら、今よりも寒くなった時に使えるパジャマなどのセットを贈るのもつかってもらいやすい。

洗濯が乾きにくい冬の時期に乾きやすい商品を探してくれたら一人暮らしの彼氏には助かるはず。

高校生なら、部活や身長が大きくなったなどの体型の変化に合わせる1サイズ大きめを探してあげるのも使いやすい。

合わせるという対象は何かを考える。

こうした視点で見ていくと、特集などを見て価格に迷うことなく、自分が送りたい時間に合わせて探し方を変えることが出来ると思います。

 

クリスマスプレゼント彼女から服で嬉しかったもの

私は、決して多くの贈り物をもらうことはしませんでした。

ほぼ彼である私が彼女へプレゼントを渡していただけ。

もちろん断るなんてことはしていませんが、やはり女性が社会人でも学生でも今活躍してる場所でもっとおしゃれやきれいに磨きをかけることにお金を使ってほしいと思ったから。

記念日は定番のおしゃれなケーキを買って二人で食べれば満足。

お出かけや旅行などの計画の時に少しでもそういう時の愉しみに貯金を残しておいてほしかった。

単純にシンプルに考えていただけの事でした。

もらったとか渡したというのは、相手にも少なからず緊張を与えてしまう。

アウターのカラー違いを贈ったら気に入ってもらえなかった!

こんなことになったらイベントそのものが気持ちもトップギアになっていた状況が旧落下してしまう。

やっぱりまずは彼女と過ごせた。

この結果が記念だと思ってもらえる相手を探すことが大切。

そして、私に彼女が選んでくれた服で嬉しかったのは以下のようなアイテムでした。

  • カラーパターンの違うソックスセット。
  • 冬には重宝するヒートテック系インナー数枚。
  • 季節を問わず使用可能な無地のtシャツ。

こういう物の方が意外とお祝いというよりも実用性として喜ぶ。

生地がボロボロになるまで使用している秋からのダメージの蓄積物。

そんな光景をもしあなたがデートの度に気付くことがあるなら、そのシーズンから次のシーズンに使うアイテムを狩ってあげる。

こうした実用性を意識した行動を見る度、結婚した後の生活をとてもイメージしやすいのは間違いないはず。

もしあなたが受け取る側の欲しいをブランドか何かの方が印象が良いと思っているならそれはもったいない。

いかに今の彼氏に女の価値を伝えるのか?

この技術として考えるなら、今の時代は、日本も気候が変わりすぎることが2018年を含めてしっかりチェックしておくべき対象となった。

ついつい有名な販売店を見ると贅沢とか感謝なんてことを考えてしまうかもしれない。

しかし、そんなことよりもまずは、着やすいし使いやすい。

そして、彼女がクリスマスのあとに迎える年末年始の商戦でも買い物が可能な余裕を残してあげる。

このような配慮は最低限10代20代30代なんて関係なく、多くの人が高校生の時期から考えてあげるべき視点なのかもしれない。

 


この記事を読んだ人に人気のコンテンツ
私の体験に基づく悩み解消ページ
住宅ローン審査通過のコツディズニーデート成功法ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ