理想の彼氏の条件と彼の理想になれない悩みの解決方法

スポンサーリンク
  • 理想の彼氏ってどんな男性の事を言うのかな?
  • 中学生、高校生、大学生と社会人ってそれぞれ違うのかな?
  • 長く付き合うために必要な条件ってあるの?
  • もし彼に理想を求められたら自分は答えられるのかな?

ルックスが良い(イケメン、可愛い、カッコいい)。

頭が良い、高学歴、一流企業勤務、公務員、医者、弁護士。

性格が穏やかな優しい人?

正直、その時と場合によって、自分の求める相手の条件は簡単に変わってしまう。

ではどうすれば上手くいく相手と巡り会えるのか?

1000人以上に恋愛のアドバイスをしてきた経験からご紹介していきます。

スポンサーリンク

性格から理想の彼氏の条件の特徴

理想の彼氏

顔や外見よりも中身が大切!

こう考える女性の多くは、中身として性格と口にする。

性格がいくら良くても結局は100点満点にならないのはわかっている。

でもやっぱり付き合ってみたい理想の相手としてよく出てくる条件をご紹介していきます。

協調性と主体性

空気を読めるとか周りに気遣いが上手等というのは、合コンやコンパ、街コン、婚活パーティーでも人気になる。

  • 目立ちすぎない。
  • 上手に周りに目を配れる
  • 会話にも気遣いができる

こういうタイプは、わざわざこちらが何か気を遣う必要がないから楽という声も多い。

包容力のある男性の特徴

  • 優しい
  • 穏やか
  • 器の大きい男性
  • 落ち着いている
  • 大人

こんな表現を相手に求める女性は多い。

こういう男性を求める女性の多くは、結婚を考えられる男性を探している傾向が強い。

受け入れることができる人と一緒に居れば、いつか結婚という話も出てくる可能性は高い。

こう考える傾向があります。

臨機応変な対応力

  • 認めてくれる
  • 支えてくれる
  • 歩み寄ってくれる

女性は守ってもらえる相手を探す。

多少自分の見た目の好みと違ったとしても、そういう人と一緒にいるといろいろ学べるという考え方もあります。

人間的な成長や支えることの楽しみを意識している人が選びやすい傾向があります。

 

見た目の理想の彼氏の条件の特徴

見た目が理想の男性との出会い

外見が重要という人の中には、以下のような無理という条件を掲げる人も多い。

  • 不細工なのは無理。
  • 太っている人はちょっと!
  • 彼氏がハゲてるのは無理!
  • 生理的に受け付けない!

付き合う前の1回目のデートに誘われても外見の写真がない人とは合わない!というタイプがこの典型例。

自分の好みがある背景

女性は、将来自分と好きになった男性との間に子どもが欲しいと考える。

初婚、再婚を問わず、こんな声がある。

やはり好きな人との間にできた子どもがイケメンなのか不細工なのかは子どもにとっても人生が変わる条件なのでは?

確かにこの考え方は私も賛同できる部分がある。

イケメンや美男美女と呼ばれる人は存在しているだけで得をすることが多い。

でもその人との時間が長くなれば、どうでしょうか?

こんな言葉があります。

ブスは3日で慣れるが、美女は3日で飽きる。

つまりは、男性の求める女性に対する意識は、そこそこと思う対象のほうが長続きするのです。

自分好みに変えられる可能性

まだ若いというだけでそれは価値がある。

さらに、30代40代の中には、見た目はまだ若いというタイプもいます。

つまり、自分好みに変えられる可能性がある男性を探すなら、基本的には年齢という条件をあまり考えないことが大切。

自分に似た人間を探すと楽

  • 顔の輪郭
  • 鼻立ち
  • 目のライン
  • あごのライン

額、眉間、鼻、口、顎等顔の中心ラインや頬骨等の輪郭に関係するパーツが自分に似ている人を探すと意外とうまくいきやすいのも男女の関係の特徴。

なぜか?

自分と似た感覚の人なら、正直見ていてもあまり飽きてこないのです。

 

行動で理想の彼氏の条件の特徴

理想の彼氏の行動的特徴

付き合う前から告白をした後までずっと二人の関係の中では連絡を取り合う。

そうした中で気になることはないのか?

感謝の気持ち

何ヶ月、何年、何十年一緒にいる人にも必ずこの言葉は忘れてはいけない。

  • ありがとう
  • 助かった
  • ごめんね

この3つは最低限のマナーとしてきちんと相手に伝えることが大切。

これができるかできないかを見ていくとかなり差が出やすい。

特に謝罪ができない人と一緒に居ると子どもができた時に苦労する。

返信や連絡頻度

24時間以内にどんな形であったとしても返信をくれるかどうか?

これは親や友達同士でも同じだと思う。

相手はあなた個人に連絡を取りたいからこそ何か行動を起こした。

それを全く何もしないで放置する。

挙句、返信を忘れていた時には、逆ギレをするというパターンもあります。

彼氏がめんどくさい!付き合いたてでも疲れた,別れたい彼女の悩みや効果的な対処法

相手への配慮

女性は、天気病みなどを含めていろいろ体調を崩す人もいます。

あまり体が強くないという人もいる。

その人の不安を取り除けるかどうかは近くにいる異性次第という事も多い。

とくに精神的なストレスを抱えているような時には、どんな配慮をしてくれるのかが今後の自分の体調管理を含めて大切になってくる。

 

理想の相手との出会いがない

理想の彼との出会いがない

あなたは今の生活の中で積極的に誰かとつながりのきっかけを用意しようとしていますか?

もし婚活や恋活もしているのにうまくいかない!

こんな時には見直してほしいことがあります。

自分が今を楽しめているのか?

社会人の時の出会いで私は強く感じた事があります。

自分がすごく忙しいとか満喫している時には、いい出会いがあります。

反対に自分が暇、退屈、やることがないといったネガティブな時には、どうでもいいような関係の人とつながりやすい。

これってある意味、類は友を呼ぶという流れなんだと思う。

まず自分自身の人生をきちんと時間とお金を考えて満足するように計画を立てる。

これができてはじめて次のステージになるということを伝えたい。

実際に出会うのは偶然がきっかけ

意図的に自分から会ってみようと思っている相手に声をかける必要はない。

誘われることが多くなるのが女性の特徴。

どうしてなのか?

マッチングアプリでも婚活でも基本的には男性が女性に声をかける事が多い。

その背景には、日記やプロフィールが大切。

その人が明るい雰囲気や楽しそうだと思える様子が伝わってくるから。

あなたが自分の時間に幸せを感じる瞬間が多くなれば、自然と相手から寄ってくるのです。

デートは二の次で「やりたい」を優先

正直、付き合う前のデートなんて正直、かなり時間に余裕ができている時だから付き合うくらいでちょうどいい。

いつでもいいよ!みたいな子では、魅力は半減してしまう。

なかなか予定が合わないかもしれない。

こう思わせる人が、たまたまその日だけは予定が空いている。

このほうが誘ったほうも誘われた方もその機会を大切にしようとする。

いつでも気軽に会える相手だと思われないように自分の人生を一人でも楽しむようにしましょう。

 

彼氏の条件から除外対象の項目

理想の彼氏の条件除外項目

これはあえて拒否リストに入れておくべきか?

こんな対象についてご案内しています。

好条件すぎるイケメン

  • 外見(清潔感)
  • ファッションセンス
  • 仕事
  • 年収
  • 趣味

これらすべてを見て素晴らしいと思っている人の自己紹介を見て驚くケースもあります。

それが、「彼女のいない歴」=年齢の人。

それっていくら勉強熱心だったからとか忙しかったと言っても何かあったのでは?

好条件すぎる人は、男でも女でも要注意です。

女性の扱いになれている男

バツイチと独身の結婚後のイメージについて比較するのはかわいそうだと思います。

しかし、未婚の中にも、女性をリードしたり安心させる事は非常にうまいという人もたくさんいます。

こんなに褒め上手で理解や共感をしてくれるのになぜ結婚していないの?

ラッキーと思わないでください。

その分裏に何かがあるかもしれない。

こう思ったら、しっかり確認しておくべき質問があります。

「結婚していないんですか?」

「なぜ結婚しないんですか?」

この2つの質問をすることで、将来の可能性も知ることができると思います。

視野が狭い(柔軟性が心配)

  • 先入観が強い
  • 女性はこういうものだ
  • 関西人は○○だ

このように、自分の中である程度頑固に決めつけてしまっている人は結構多いんですよね。

このタイプでも話せば分かり合えるケースもあります。

しかし、何も話しが進まないと思ったら、めんどくさい相手だと思って身を引くことをおすすめします。

 

ありのままでいられる時間が大事

ありのままの自分でいいんです

無理をしない

相手に合わせる必要もない

まるで、自分を見ているかのようにすべてが簡単に伝わってくる。

本当に運命の人かも!と思える瞬間はあります。

恋愛相談を1000人以上対応してきた中でもたくさんの不思議な縁がありました。

でも幸せになった人の大半は、最初から最後まで自分に嘘をつかずに接しています。

落ち着いているとか大人だとかそんなことを考える必要はないのです。

もっとあなたが求める自分の理想の生き方を貫いていてください。

そうすれば、その人の生きざまを見て支えたい人が現れます。

このページの先頭へ