結婚プロポーズさせる作戦の王道とよくある失敗典型例

結婚を意識したい彼氏がいる。

もうそろそろ行動を起こしてほしい。

でもプロポーズの兆しすら感じさせてくれない。

いつになったら答えが出てくるのか?

もしかしてこのまま彼女のまま都合の良い距離感で捨てられるなんてことは?

独身女性にとって、彼氏がいない時には欲しいと悩む。

でも、彼氏ができたら、その後は結婚までの道のりが長く、悩みも多い時代。

結婚したくないという意思表示をする男性も増えた時代。

あなたの彼氏が将来結婚のプロポーズをしてくれる相手になるために何をするべきかをご紹介していきます。

私は一度離婚を経験しています。

しかし、今は再婚して二人の子供たちに恵まれて初婚の時よりもはるかに幸せな再婚生活を送ることが出来ています。

サイト管理人2児パパと申します。

これまでにも彼氏の結婚前の行動に対する女性の悩みについてご紹介してきました。

結婚プロポーズなしの男性心理

結婚プロポーズなし男性の特徴や心理と将来の不安

結婚プロポーズはいつ

結婚プロポーズはいつ?バツイチ再婚成功体験記

今回の記事では、結婚のプロポーズをさせるための成功法とよくある失敗行動を以下の項目でご紹介しています。

結婚のプロポーズさせる失敗行動

結婚のプロポーズさせる成功行動

結婚のプロポーズさせる注意点

女性にとって、期日という言葉が大切になるかもしれない。

しかし、だからこそ、その使い方や伝え方に注意して頂きたいのです。


結婚のプロポーズさせる失敗行動

彼氏プロポーズさせる

今の彼氏と結婚したい。

少しでも早く答えが欲しい。

安心したい。

将来の約束が欲しい。

独身の彼氏がいない時に比べれば今ははるかに幸せなはず。

でも、結婚を目前にしたら待つだけの時間は付き合う前のOKの返事をもらう時くらい長く感じる。

結果的に自分から何か行動をしなければいけないと感じる女性も多い。

彼氏にプロポーズさせる失敗典型例

私の周りでも焦りのあまりに、なぜそういう流れにしてしまったのか?という気持ちになった行動がありました。

以下のような内容です。

  • 彼氏の気持ちがわからない時に期日を提示した。
  • 誕生日、クリスマス、出会った日などの記念日に本心を聞き出そうとした。
  • 話し合いと称した尋問のような時間を増やした。

この行動の結果は?

相手の反応はどんどん離れていく。

彼氏のプロポーズ前に多い葛藤

結果的に、彼氏がいくら結婚をいつに切り出すか考えていてもどうしても以下のような内容は男性にとっては常に考えてしまう。

  • 今の職場の状況や年収への不安。
  • 子供や家を欲しいと言われた時のタイミングの問題。
  • 将来本当に子供を授かった後の暮らしはやっていけるのか?

結果的にどこか結婚イコール責任というあおりを受けて、しり込みしたくなっている男性も多い。

この気持ちに至った相手に、いつ?どこで?どんな風に?

こんな具体的なビジョンを本人なりに必死に考えている時間もある。

もちろん、何も考えていないという人もいるかもしれない。

彼氏のプロポーズ前に多い状況と行動

彼氏の状況をどう観察するべきか?

この答えの中で、以下のような内容は非常に大切になる。

  • 転勤族や昇進の迫るタイミング。
  • 大きな人事の変更などを伴う事業方針の転換期。
  • ボーナスや残業代などの年収に関わる変動が見込まれる時期。

このように、相手の仕事が揺らぐタイミングは、たとえ年数が2年、3年、5年以上と付き合う関係でも難しいともいえる。

つまりは、相手を信じる覚悟を必要としている時間に、答えを求める行動は失敗しやすい。

これは、お互いにとって、相手を観察する力を求められるタイミングと言える。

 

結婚のプロポーズさせる成功行動

彼氏プロポーズさせる成功法

彼氏の行動が突然変わった!

サプライズと言って想像以上の指輪も用意してくれていた!

婚約指輪と結婚指輪をしっかり用意してくれた。

こんな結末になることを多くの女性は期待をしている。

こういう未来を手に入れた女性たちはいったい何をしてきたのか?

この答えを実際に私も再婚の中で今の妻が実践してきてくれていたと感じた内容からご紹介していきます。

結婚のプロポーズをさせるきっかけ

結果的に、男が女を守りたくなる。

この気持ちがカタチになるのがプロポーズだと私は感じます。

  • 最近の行動に安心した。
  • 彼女もようやく落ち着いてきた。
  • 結婚後もやっていけると確信した。

男性の中にも、今の彼女と結婚して本当に大丈夫なのかという不安は必ず生まれている。

家事をしない。

掃除ができない。

浪費が止まらない。

貯金の管理などもできない。

物欲が激しい。

要求だけはどんどん膨らんでいく。

こんな姿を見せられた先に、プロポーズを要求されてもただ親のすねかじりのような行動に見えてしまう。

でも反対に、献身的という言葉に該当するような行動があったらどうだろうか?

支えてくれる。

この言葉は、男性にも女性にも共通するのが結婚前の状況。

結婚してくれと求められる女を目指す

自分が相手の為に何ができるのか?

相手に答えを求めるのではない。

相手にとって、とにかく安心してもらえる存在になるために必要な自分磨きに徹する。

この考え方に徹底する気持ちを持つことが出来た人は成功につながる。

つまりは、求めるのではなく、与えたくなる人になる。

この考え方を持つ女性は、大きな成功を収める。

 

結婚のプロポーズさせる注意点

彼氏プロポーズさせる注意点

私は結婚直前に今の妻だからこそ聞けたストレスピークタイムからこの言葉を伝えています。

相手を心から本気にさせる

正直、上辺だけのつくろった告白やプロポーズは誰でもできる。

たとえ、二股、三股になった状況でもキープ要因のような行動として何人にも口で言うだけなら、できてしまう。

でも心からその相手に対して誠心誠意向き合った行動をしようとするからこそ人は迷いや戸惑いを持つ。

だったら、その気持ちを育てることが本当の意味で受け取る相手には求められていると思った方が良い。

今のままの自分が相手なら、自分が相手にプロポーズしたいか?

この答えを彼女は日常すべてを見直す必要がある。

  • 部屋はいつもきれいなのか?
  • 髪型や靴、爪など先端はいつも手入れをしているか?
  • 相手の仕草や声色で気持ちや次の行動を予測できるか?

つまり、暗黙の了解という言葉の中で、あえて口にしなくても阿吽の呼吸で相手の次を予測できる。

このような関係になった二人なら、カップルという言葉では無く、周囲は自然にご夫婦という言葉を使ってくれる。

こういう関係になっている事が本来そのままプロポーズに発展するきっかけになっていると私は感じます。

結婚は意識するものではない。

自然と寄り添う感覚が研ぎ澄まされた関係のもと成り立つ。

この言葉をお互いの行動の観察から成り立つ素敵な未来のために歩み続けてみてください。

今回の記事の内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 


この記事を読んだ人に人気のコンテンツ
私の体験に基づく悩み解消ページ
住宅ローン審査通過のコツディズニーデート成功法ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ