2回目のデートは女性からそっと手をつなぐタイミング?自然に行動するポイント

スポンサーリンク
  • 付き合う前の2回目デート
  • 婚活2回目デート
  • 気になる人と2度目のデート

相手との心の距離はまだはっきりしていない。

告白もされていないし、キスもまだ。

でも確実に自分の中で、相手の男性が気になっているのはわかる。

そんな女性が2回目のデートで自分から手を繋ぐことができればと考えていることも多い。

でもいざ自然を装うとなると、モテ仕草とかその時のセリフなんてことも考えてしまう。

今回の記事では、2回目デートで女性から手を繋ぐタイミングやセリフについて、以下の目次でご紹介しています。

2回目デートは手を繋ぐ最高のタイミング

2回目デートで手を繋ぐなら男から?女から?

2回目デートで自然に手を繋ぐタイミング

手を繋ぐ時に男がドキッとするセリフや仕草

付き合う前デートで手を繋ぐ前の失敗注意点

女性から手を繋ぐことへの男性の心理状態

スポンサーリンク

2回目デートは手を繋ぐ最高のタイミング

 

好きな人と手を繋ぐことを嫌いな人は少ないはず。

気になる人とは、手を繋ぐことがきっかけで意思疎通ができるようになったということもあります。

スキンシップは、嫌われる行動でもあり、関係を進展させるための行動ともいえる。

そう考えると、1度目のデートをクリアした状態で出会う2回目というのは、絶好のチャンスと考えられる。

でも意識をすることは禁物。

人によっては、何かしなければいけないと思ってしまうと、そのことばかりに思考を奪われてしまい、会話すら成り立たなくなってしまうケースもある。

あくまで、デート中は、歩くこと、食べる事、話すこと、触れる事すべてが繋がっているのだと思ったほうが良い。

私が今の妻と手を繋いだのも2回目のデートだった。

そのきっかけについてもこの後で話しをしていこうと思う。

恋愛の初期段階で、自分が相手に対して何かをしたいと思った時には、やはり相手も何かを感じる。

手を繋ぐという行動の意味と価値

一緒にいたいという思いが強くなると、人はその人をもっと自分のそばに引き寄せたいと感じてしまう。

これは、男の方が気持ち的に強いのかもしれない。

付き合いが長くなると、その行為の意味すら少しずつ薄れていってしまうカップルも多い。

  • 今更?
  • なんで?
  • 気持ち悪い

こんな風に恋人になってから長くなってくると逆に違和感を持つようになってしまう。

別に抱きしめたわけでもないのに、手を触れるだけですごくプレッシャーを感じているのは、それだけ相手に対しての愛情があるからだと思う。

女性のほうが強い気持ちを持っていて、さらに行動を起こしたいと思うなら、2回目又は3回目のタイミングを狙っておくことをおすすめしたい。

付き合うまで封印する人もいる

触れ合うことに対する安心感は絶大。

でもその行動を起こすと、結局自分が相手に夢中になってしまうことが怖い。

こんな風に考えて、気軽に手を繋ぐ等の行動ができない人もいる。

他にも、異性と歩くことにも緊張するのに、歩きながら手を繋いでなんて周りの目もあるし恥ずかしいという人もいる。

だからこそ、付き合ってからという人もいる。

付き合う前の2回目、3回目は大事です

お試し期間中のデートを重ねている時に手を繋ぐことも決して不思議なことではない。

積極的に前に出ることを何も思わない人には反対に初デートで手を繋ぐというのはあまりお勧めしない。

する方とされる方では印象が違うから。

結局は、初回から手を出すことは、何でも「軽い」と思われる可能性(リスク)がある

初回はあくまで顔合わせとお互いの印象の確認。

その後の自分の心境の変化を含めて、今後会いたいかを判断する機会。

でも2回目は、次に進みたい人たちが会う機会だ。

手を繋ぐタイミング(中学生編)

初めて彼氏ができたのが中学生という女性は多い。部活の先輩や同級生、後輩など恋愛の始まるきっかけは学校内でも数多く存在する。

中学生の場合なら、あくまで付き合ってからの方が無難になる。

なぜ?

ただでさえ周囲の目が気になる世代。学校内という狭い空間の中での男女の関係は、冷やかしや嫌がらせなどの的にもなりやすい。

だったら、二人は付き合っているという前提があれば、そのようなリスクを回避しやすい。

例えば、

  • 二人きりで出かける日に限定してそういう時間を作るようにする。
  • 学校の帰り道等では安易にそういう事をしないキャラを演じる。

お互いがある意味、学校とプライベートという二つの空間でどんなキャラを演じられるのか?

これが一つの課題になると思います。

「周りにどう思われてもかまわない、知ったことではない」といういう勢いにまかせる行動もあって良いと思う。でもその行動でどちらか一方が疲れてしまった時、その対処に困るのが一番もったいないのです。

手を繋ぐタイミング(高校生編)

中学生の頃にはまだ恋愛なんてまともにしたことがない。高校生から恋愛デビュー。

こんな人も多いのかもしれない。一方で女子高や男子校等に通う事で出会いが全くないということを悩んでいる人もいる。

しかし、学生時代といっても高校生はアルバイトや塾など社交の場も広がりやすい。

当然、学校以外の人間関係を築くチャンスも多い。

この時期では、もうある程度仲が良くなったら、付き合っている付き合っていないの問題よりも人肌を求めたくなる世代でもある。

でもそれは、誰もが経験すること。この頃には、お互いの事を知る=体を触れ合わせることという感覚になってしまっている部分もある。

手を繋ぐことやハグすること、キス、髪を撫でるなど相手を安心させるためのスキンシップを徐々に身につけていくようになる。

男女問わず仲間うちで、「どこまでいった」なんて話をする世代だからこそ、既成事実を作ることに必死になってしまう人もいる。

付き合う前にやってしまったと後悔する男女がいるのもこの世代に多いのでは?

でもまあそれもそれで、相手が大学生や社会人という世代になってしまうと、どうしてもその世代ギャップというか大人の付き合い方みたいなことを考えてしまう時期でもある。

手を繋ぐタイミング(大学生編)

高校生のあのドキドキ感が少しずつ緩やかになっていくせだい。多くの男女が徐々に恋愛を始める中で、就職や将来のことを意識する人とかなりはっきりと生き方が二極化してくる。

そんな世代では、手を繋ぐタイミングは、どこか相手を見極める手段の一つとしてのスキルになっている気がします。

  • 恋愛初心者?
  • 経験者?
  • 自分は遊び本命?

ある意味、恋の駆け引きのようなものを考えて相手にあえてタイミングをずらして探りを入れるという人もいる。

決して恋愛テクニックがすべてとは言わないが、自分のことをどう思っているのかを確認したいと思う人なら、その相手の反応を確かめるために早めに行動にうつすことも大切になる。

手を繋ぐタイミング(社会人)

大人になると恋愛の形も変わってくる。

  • 遠距離
  • 社内恋愛
  • 昔の学校の同級生
  • 知り合いからの紹介
  • 合コン、パーティー等のイベントでの出会い
  • 街コン等の婚活

その場の内容によっては、タイミングも大きく異なるだろう。

社会人となれば、不倫や浮気、既婚者との関係という機会も出てくる人もいる。

妻子ある人との関係にはまってしまう人にとっては、手を繋ぐタイミングが早いか遅いかで状況が変わるものではない。

基本的な考え方として、社会人になってからは、「相手の反応を見極める力」を養っていれば、いつのタイミングでも自分が相手に対して安心を与えることができれば大丈夫と言えるのではないでしょうか?

 

手を繋ぐのは女性から?男性から?

では実際に交際する前でも交際を決めた後でも手を繋ぐという行動を起こすのは、男性と女性どちらから七日についてご紹介していきます。

手を繋ぐ行為と女性の心理

女性からすれば、男性から行動を起こしてほしいと願うのが一般的。

女性はあくまで恋愛においては、受け身である事を理想としている。

  • デートに誘われたい
  • 手を繋いでほしい
  • 告白されたい

このようにどこかで男性にリードされる事を願っているのです。

だからこそ、女性の心理的には、男性から手を繋ぐのが女性に対するマナーでしょ?という感覚がゼロではない。

ある意味、これが気遣いだと思っている女性は少なくない。

でもそのための雰囲気づくりなどをどうすればいいのかまではわかっていない女性も多い。

中には、反対に空気が読めず、手を繋げるタイミングにあえてポケットに手を入れたりしてしまうケースもある。

これはある意味、ガードが堅いのか、嫌われているのかという誤解を与えてしまいかねないので注意が必要です。

女性から手を繋ぐのもありの時代

男性から手を繋ぐべきと思ってはいても、なかなか相手がそういう行動を起こしそうな人ではないと思ってしまうケースもあります。

  • 恋愛初心者
  • 不器用
  • 行動が苦手

こういうタイプの男性に対して、母性本能が優先されて、何とかしてあげようと思ってしまう女性もいます。

こういう時には、ある程度心を許せると思ったタイミングで女性から男性の手を握るというのもありなのです。

こういう時の女性の行動は、男性にとってはドキッとすることはあっても、その行動が遊び人と思うようなことはありません。

自分を男として意識してくれているということを感じて、うれしいというのが男の本音です。

手を握るというよりも触れる感覚が大事

手を繋ぐタイミングと成功のコツ

あくまで恋愛における手を繋ぐという行為は、手を触れるという感覚の延長。

繋ぐ=指を絡めるというのはちょっと違います。

手と手を触れ合わせる。

このくらいの感覚の方が、触れた手を相手はどうするのかを選べる。

いきなり手の動きを奪われてしまうと怖くなりますからね。

優しく触れるくらいの場所でとどめて相手にその後を委ねる。

このくらいのことをしてあげると、モノを持つのと同じような感覚で、モノがあるからそれを拒否せずに、触れるという感覚で成功をさせることができるのです。

 

2回目デートで自然に手を繋ぐタイミング

  • どうすれば簡単にそのシチュエーションを作れるの?
  • どういうタイミングでそういう場面を作ればいいの?
  • 不自然にならないために注意しなければいけないことはあるの?

こんな疑問についてご紹介していきます。

人ごみを上手く利用する

  • 先を急ぎたい
  • 予約した時間にギリギリの状態
  • ちょっと狭いところを通りたい
  • 人を避けるように進む必要がある

こんな場面があれば、とっさに「ちょっとごめんなさい」と言ってとっさに手を掴むのも方法の1つです。

こういうのは、男性がぜひ行動をしてあげてほしい。

「はぐれないために」「離さないでくださいね」

こんな一言があれば、女性はその行動に黙って手を握り返してくれる。

映画館などのワンシーンを利用する

アクション映画、ホラー映画、ドキュメンタリー映画などはらはらドキドキが止まらないような映画を利用するのがおすすめ。

一方で恋愛映画のような時には、あからさまにそういう事をしたいからこの映画を選んだの?と思われてしまうこともあります。

ドキッとした、驚いた、ハッとしたと思った時にはとっさに近くにある何かを掴みたくなるひとも多い。

タオルなどを片手に映画を見る人はその典型例。

そういう光景を上手に自分たちの楽しみ方として、さりげなく手をお互いの席に近い方だけ肘おきのスペースに用意しておく。

でもこの時に手汗などがひどいという人は注意をしておかないと!

階段や段差のエスコートを利用する

私がよく使っていたのが、高校生の頃、こんなデートをしていた。

雨上がりのデート。

水たまりのあるスペースに対して、道幅が2人で横並びに歩くには足りない。

そんな時、手を差し伸べて、せーのと相手をジャンプさせて水たまりを避けた。

こんな時にも女性はスッと手を差し伸べてくれる。

階段でも同じだ。

躓きそう、滑るというのを最初に男性が前を歩きながら確認する。

そして、危険を感じた場所では、必ず立ち止まって手を差し伸べる。

これは最低限の男のマナーとして徹底するように父から教わっていた。

 

手を繋ぐ時に男がドキッとするセリフや仕草

 

手を繋ぐ時には、なんて言えばいいの?

手を繋ぎたいから良い?

これでは、子どもみたいでどこか頼りない。

セリフは、無理に用意をする理由付けではない。

あくまで、言葉は相手を安心させるために使うもの。

決して許しをもらうために伝えるために使うものではありません。

特に手を繋ぐという行為に当たっては無理に言葉を先に出そうとしてはいけない。

手、繋いでいい?は素人又は恋愛初心者

社会人になってこの表現を使うのは、恋愛経験が少ない人だと思ったほうが良い。

そもそも恋愛が苦手で、あまり異性とお出かけする機会もなかった。

でもこの言葉が許されるなら、女性のみだろう。

女性には、男心を刺激する仕草がいろいろある。

その中でも、上目遣いを利用するだけで、男はデレデレしながらokを出すだろう。

ある意味、女性が誘うためのフレーズとして使いやすい。

男性は、初心者マーク変わりになってしまうから要注意!

寒くないですか?秋冬の冷え込みを利用する

常に薄着で男性とのデートにはファッションにこだわっている女性もいる。

妻もこのタイプだった。でも実際には冷え性で実はかなり寒いのが苦手。

そんな女性は、肩をすくめるシーンがある。

それが、店を出た後の寒暖差。

暖房の効いた店内から、外に出る際、グッと冷える。

しばらく歩く間に、冷たい風が吹く。

その時間、わずか3分から5分程度。

そのくらいの時間が経過すれば、手も冷たくなってきたと感じる人は多い。

このタイミングで、寒くないですか?の一言と、手を触れて、「こんなに冷たくなっているんですね。どこかで暖かい飲み物でも買いましょう」

こう言いながら、その手をスッと放しながら、案内をする。

その先で手にした缶コーヒーやペットボトルを片手に、どうですか、少しは温まりましたか?と再度手に軽く触れる。

「良かった、」という言葉とともに、「少しこのままにしていても良いですか?」

これで一つのシーンは完成する。

服の裾を持つのは女性の特権

歩く速度が速い

こんなスピードで歩いたらすぐに駅についてしまう。

もう少し一緒に居たい。

こんな気持ちになったら、女性はスッと男性のジャケットやシャツの肘から手首の間を掴みましょう。

その行動で、「もう少しゆっくり。」これだけで十分です。

この時、目を合わせないのもポイント。

そして、帰り際である事を利用して、「手、いいですか?」

この一言を伝えて、手を握る。

これで、男性は、断る理由もないし、駅という大衆の多い場所に向かう道をそのまま歩けるかどうかであなたへの今の感情が見えてくる。

 

付き合う前デートで手を繋ぐ前の失敗注意点

 

先ほど少し「手汗」という話題に触れましたが、緊張すると、手野平にすごい汗をかくという人はいます。

これは、多汗症という症状もあります。

こういうタイプの人は、長い時間手を握っていると、相手の手も濡れてしまうほどの汗になることもあります。

もちろん、このような体質を自分ですでに理解をしているなら、この内容はきちんと最初に伝えてあげたほうが良いと思います。

さすがに、何も言わずに手を握って、汗がべったりでは相手も気持ちが冷めてしまってはもったいないですから。

この場合の対策としては、いくつかあります。

手汗防止対策グッズ

手汗対策グッズとして、お勧めするのは、多汗症治療を行うクリニックでも院内で販売を行っているパースピレックス。

 

手に塗るだけ。

乾いてからはしばらくの間(持続期間は、2~3日)でこの効果を持続させることが可能です。

つまりは、一泊二日の旅行に行きたい人にも旅行前に使っておけば、一緒に居る間は悩みから解放される可能性が高い商品です。

携帯するのも非常に便利なので、重宝します。

ぜひ思い出のワンシーンを作る時に自分の額に汗をかくのは仕方ないとしても緊張して手汗がひどかったという思い出は残さないためにも検討してみてください。


この記事を読んだ人に人気のコンテンツ
私の体験に基づく悩み解消ページ
住宅ローン審査通過のコツディズニーデート成功法ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

このページの先頭へ