2回目のデート誘いの間隔|マナーや常識は?誤解が多い注意点

男性女性問わずデートに誘う人にとっては興味が強い1つである2回目デート。

付き合う前の2回目デート。

婚活の2回目デート。

恋人(彼氏彼女)になった後の2回目デート。

さあどの時期に誘うべき?

お互いが人として、自分が気になる異性の中でも恋愛を意識する相手だからこそ、間隔も心配が多い。

次のタイミングをline等の連絡を通じて誘う方法を考える人。

気になった相手には間隔をあけずにどんどん会いたくなる人。

誘うまでのプロセスが大事で成功をかみしめたい人。

実にいろんなタイプがあります。

しかし、いずれの場合も、結局は自分が誘うにしても相手に嫌われたくないが大前提。

こんな気持ちに対して、婚活もあっという間に結果が出た成功体験をご紹介しています。

私のサイトは、私の人生の備忘録における自分が楽しかった思い出やつらかった事等を以下のような経験を軸に、運営しています。

実際に以下のような内容をご紹介しています。

付き合う前のデートや告白など恋愛や結婚についての悩み相談体験や実践記。

ディズニーデートを付き合う前に体験した結果。

カップルでのディズニーデートの体験。

告白スポットや回り方、アトラクションの選び方にレストラン、ホテルまで。

ディズニー大好きな妻と子供たちとのディズニーランド、シーでの子連れ体験もご紹介しています。

ドーム、スタジアムなどでコンサートやライブを楽しみたい人への座席表や見え方のご案内。

自分が体験した病気の話。

子育てを通じて感じた事。

ディズニー大好きな妻と結婚後に、子連れでも毎年ディズニーランド、シーを楽しみながら感じた子育てに沿ったディズニー体験。

このほか、自分が体験してきたコンサート会場で人気のスポットの座席表の見え方や準備、病気の体験なども含めて人生を楽しむための情報を配信しています。

サイト管理人2児パパと申します。

この記事では、2回目デート誘いの間隔という悩みについて、私の体験を活かし、以下の項目でご紹介しています。

2回目のデート誘いの間隔実体験

2回目のデート誘いの間隔に多い誤解

2回目のデート誘いの間隔に成功思考

自分がまずはどうしたいの?

誘う時の気持ちも大事。

しかし、誘った後の行く場所も相手の気持ちも食事もいろいろ目移りして迷ってる?

こんな人にもまずは誘って成功する(うまくいく)ことをイメージすること。

どうすればいつでも、万が一相手が変わっても対応できる方法があるのか?

こんな視点でご覧ください。


2回目のデート誘いの間隔実体験

2回目のデート誘う間隔

今ではもう私も結婚をして、2児のパパになりました。

これからは自分の子供たちが将来は、こういう恋愛相手との誘いをどうするなんて時代がもうすぐ来るのかと思う気持ちも含めて、将来の子どもたちにも伝えたい備忘録をご紹介していきます。

2回目のデート誘いの間隔は仕草が重要

私たちは、1回目のデートの時、ありきたりな食事に誘った事が始まりでした。

食事も私が自分で気に入っていた店にちょうど相手の食べたいメニューがあったことから誘いやすかったのです。

この1回目のデートで出会う前の瞬間で、私は今の妻に完全に一目惚れをしてしまった。

むしろ、自分がこんな女性と付き合えるはずがない!

自分では釣り合わない気がする。

まあ遊ばれる前提かもしれないけど、精一杯やれることをやってみよう!

こんなことを思って、同じ時間を過ごしました。

もちろん、私はもう気持ち的にはテンションマックスなくらいにドンピシャに好きなタイプの女性だったから、いつもと同じ感じにはなっていなかったかも!

でもどこかで、私はいつも心理という点から次のような行動をチェックしている。

会話をする時の目の先に何がある?

会話の中での行動(足の動き、手の動き、目線やバッグなどへの手の動きなど)

こうした1つ1つを細かく観察する事で、相手の本音の心の中で気持ちはどう動いているのかを徹底的に観察しています。

大抵こうしたポイントを意識してると、おのずと脈があるとか告白は出来るとか付き合う関係になれると分かってくるのです。

その感覚は、やはり印象とかを全く無視したいわゆる仕草と言う行動心理における情報をベースに考えて行っています。

だから、もちろん脈なしとなってる事が分かることもあります。

そうした中で、付き合う前ほど相手にもう会いたいという感覚が無いと悟ると初デートとはいえ、手短に時間を過ごし終わりにすることもありました。

2回目のデート誘いの間隔は男から女から?

2回目のデートの誘いの間隔を男性女性それぞれが初デート後に考えてしまう。

もちろんお互いが会いたいと思うケースもあるでしょう。

女性が彼氏にしたいし、自分から告白するくらいの勢いを持ちたい時もあるかもしれません。

男性が彼女にしたいし、また次も楽しい場所に行って、好感度アップを狙いたい時もあるでしょう。

私は、このような中で、2018年のタイミングで記事を公開していますが、この考え方は、時代を問わず伝えておきたいことがあります。

それは、2回目デートの誘いの間隔で万人にベストなタイミングは存在しないという事。

その証拠は私たちが1回目の初めてのデートで会い、会話の中で残した互いの内容と現実のギャップが物語っています。

私たちは、互いの印象として、初デートでこんなことを考えていました。

男性である私は、正直妻の容姿ばかりに見とれていた。

女性である妻は、この人は今までに会ったどのタイプの人とも違う!かなり変わっているけど一緒にいて飽きないかもしれない。

こんな変わり者タイプのように考えていたそうだ。

その中で、こんな会話をしていた。

「お互いが事前に誘うというのは、正直面倒。」

「仕事もあるし、プライベートな楽しみもある。だから付き合う事になったとしても、先々の予定を決めて会うのは拒否したい」

こんなことを言われたら、もう2回目は絶望的と考える人も入るかもしれません。

私は、でもこの回答がベストだった。

やはり女性は、あくまでも自分の中の気分がとても大事になってきます。

相手にあくまでタイミングも任せて、予定が合えば、その日に約束を交わす。

たったこれだけの方がシンプルで連絡もメールなどを気にする時間も少なくて良い。

そう考えていたのに、実際に、お互いがその日に共にいた時間は、なんと仕事終わりからの7時間余り。

そして、付き合う前の2回目デートの誘いは、翌日の昼でした!

 

2回目のデート誘いの間隔に多い誤解

2回目のデート誘う間隔注意点

私は別にメールのテクニックや言い回しがうまい人間でもありません。

むしろ、ビジネスと個人の連絡の分け隔てが出来ず、全てビジネス的な形式的表現が多いです。

こんな自分だから、時々、lineのスタンプなどを上手に使いこなす妻の様子に唖然とさせられることもしばしばありました。

でも、連絡において時間や間隔などにテクニック関係を求める人がいるなら、私は正直そんなことを考える事のほうが出会いのチャンスを逃すと伝えておきたいと思います。

2回目のデートの誘いを間隔で考える失敗例

よく、連絡をする時間や場所でベストを考えてしまう人がいます。

  • 仕事終わりやバイトの終わりに合わせて連絡してあげたい。
  • 昼休みや休憩の時間の返信しやすい時間の方が約束の返事もしやすいかな?
  • メールよりlineの方が、簡単い見てもらえる可能性が高いかな!

このタイミングの選び方は、全て既読後すぐに返信や返事を返してほしいという裏の考え方がすごく伝わる行動。

私はむしろ、こういう行動にこそ注意してほしいと思っています。

なぜか?

カップルになった時も結婚した後も結果的にお互いが男女の中で最も信頼できる相手としての関係であったとしてもやはりそれぞれの生活には時間だけではなく、感情が左右しています。

仕事で嫌な事があったから、誘いより話を聞いてほしいと思う事もあるだろう!

良いことがあったから、まず最初に報告したいと思う時もあるだろう。

ファッションで気になるものを見て、意見を求めたいと話のネタが何か見つかった時もあるだろう!

こういう連絡をせっかく2回目のデートの誘いよりも話のネタとして楽しい時間を過ごしたいと思ったら、いきなり全く違う話で先手を打たれる。

この感覚をもしあなたが相手から受け取ったら何を思いますか?

とても簡単な言葉があります。

「なんで今その話?」

男性と女性という事を最初に意識をし過ぎている結果。

これが私が思う最も失敗してしまう事が多い人の共通点だとよく話す事が多いです。

別に難しい話をするつもりはありません。

人は誰もが、誰かに少しでも今自分が持ってる感情や心情を少しでも話のネタとして共有したいと考えて生きています。

もし仮に、つまらない、辛い、切ない、苦しい等というネガティブになった時があっても同様にこの人になら、聞いてほしいと頼りたい相手として見てるかどうかもわかります。

なのに、誘うイコールアプローチという必死さが二人の余分な雰囲気を作り出す感じが多い。

まずは、相手の環境の中にある話のカテゴリーを二人で共有するつもりでじっくり待つ。

こんな感じがスムーズに2回目も3回目も誘う時の手を差し伸べられた時、距離を簡単に縮める考え方なのだと私は思います。

 

2回目のデート誘いの間隔に成功思考

2回目のデート間隔誘い方

仮に今あなたが、2回目のデートの誘いで断られないかもし心配して難しい考え方をしているなら、私の話に少しでも耳を傾けてみてほしいです。

別に、人気の手法とかそんなことを考える必要も無いのです。

もっと、時代が2017、2018と1年経過したところで、付き合う前や婚活の男性女性がデートに誘う時の二人の距離の縮め方は変わるわけではありまsん。

1回目のデートが終わった時の内容をしっかり思い出す

あなたはもう1回相手との接触を果たしています「。

当然相手が1回目をokした後の距離を何か感じたはずです。

そして、これからも会える可能性や付き合っていけるかもしれないと思う内容があったはず。

その内容をもう一度曖昧な記憶な中でも思い返して欲しいと思います。

彼氏彼女になれるかどうかではない。

もっと話の内容において重要な事があったはずです。

それは以下のような内容。

  • 1回目のデートの前日興奮して眠れなかったとか緊張の類の内容。
  • 今日の時間を空けるための努力。
  • 今後の予定を空けてる風な言葉の内容。
  • 忙しいを連呼するような内容。
  • 飲みに行くのは苦手とか好きという夜の対処への配慮のヒント。

少しずつでいいから、あなたに相手が提示してくれたチャンスのサインの可能性のかけらを集めてみてほしい。

その中で、必ず恋愛の経験を問わず、一緒にいて、目を見て行ってくれてた事なら、簡単に思い出せるはずなんです。

その内容が一番大事。

その時に言ってる話が全てマイナスのネガティブな事だったり、感嘆すぎる返事ばかりの場合は、やはり相手がどこかで気持ちが終わってる可能性が高いです。

この後とか、この先とか、次。

こんな話しの時、彼や彼女にしたい相手に対してなら、必ず相手の顔を見て話したいと思います。

だって、サイトを通じて知り合ったでも何でもいいから、この先に片思いでも繋げたいと思うから相手は、必死にその話だけは選んで点としてつなげようとしているのが分かるから。

こうした情報は、恋の成功のためのピースとして大事にしなければいけない事と私は常に考えていました。

発した言葉がサインではない。

発した言葉を伝えていた時の状態こそが本来の心のサインなのです。

1回目のデートが終わった後の連絡とタイプ

自分がもしこの先も相手の仕事や付き合い方の距離感は、連絡の頻度などの好みも必ずタイプが別れます。

態度って、とても一方通行の思考の連続が多くなります。

でも、よく考えるというのは、こういうことだと思うのです。

単純に言えば、自分が相手から送られてきて断る事がしにくい答えを求める内容。

相手は、別に確率論的に空いた時間で大丈夫と伝えている。

しかし、明らかに文章の内容は、返事を待つ的内容。

これって、ある意味駆け引きと知ってやってるのかと思われる。

恋人たちが盛り上がってしまうイベントもまた同じ。

寝たと投稿しやすく、誘われたら嬉しいとか誘いたいとか時間を合わせようとする部分が透けて見える内容にはもらった相手は悩んでしまいます。

しかし、単純に、去年楽しかったという話題を振られたら、分かったで済む。

休みの違いを知るのは、普通に考えたら、会話の中が一般的。

こんなことも会った時に聞けないのは、好意がある相手に対しては、マナー違反というかNGだと私は思います。

ある意味、好意や関心を寄せるという意味は、出来るだけ相手に送る内容が、ありきたりであるよりも、会う会わないというシンプルな方が気が楽。

そして、聞いてほしい事を互いに相手の事として知る。

たったこれだけのやり取りをしてるうちに、必ず相手の好みや嫌いなことも見えてくる。

こうした事にできる限り敏感になる。

これが、見た目の良さではなく、モテる要素になる「優しさ」なのではないでしょうか?

あなたが送った内容は相手に対して、今読んでも優しい内容と感じられますか?

もし違うなら、今から恋愛相手にしたいなら、一歩客観的にしながら確認してみてください。

きっと相手からの返信の率も変わってくるはずです。

この記事はここまで。

付き合う前という時間からカップルで過ごすひと時。

その後、家族になって子供が生まれて、次はマイホーム購入計画。

そんな人生を歩んできた中で、人生で苦労が多かった住宅ローン審査についてもご紹介しています。

住宅ローン事前審査タイミングと連絡が遅い時の行動注意点も体験からご紹介しています。

住宅ローン事前審査連絡

住宅ローン事前審査タイミングや結果連絡方法遅い時の行動注意点

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


この記事を読んだ人に人気のコンテンツ
私の体験に基づく悩み解消ページ
住宅ローン審査通過のコツディズニーデート成功法ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ