スポンサーリンク

マッチングアプリで出会った人と2回目デート場所の選び方における成功のコツと失敗後悔の注意点をご紹介していきます。

1回目デートを何とかクリアできたというあなたにまずはお祝いの言葉をかけておきたいと思います。

おめでとうございました。

でも2回目デートは、破局の確率が1回目から3回目の中でもっとも高いということをまずは知っておいていただきたいのです。

その確率は、6割を超えるというから驚きです。

なぜこんなに数字が高くなってしまうのか?

その要因は非常に簡単です。

1回目のデートが終わり、デート後のメールやラインが届く。

この状況で、一気にお互いが仲良くなれたと思い込んでしまうし、どこかで初回のデートの前まであったはずの緊張感や相手に対する思いやりの心が少なくなっていることが多いのです。

2回目デートの約束もできているというだけで気持ちが舞い上がってしまっている人は多い。

今回の記事では、マッチングアプリでの2回目デートの場所の考え方について、以下の目次に沿って内容をご紹介しています。

マッチングアプリ2回目デート場所失敗後悔原因

2回目デート場所選び方注意点

2回目デートで手を繋ぐのはあり?なし?

2回目デートで告白をするべきか?

マッチングアプリ2回目デート場所を成功させるコツ

スポンサーリンク

マッチングアプリ2回目デート場所失敗後悔原因

マッチングアプリ2回目デート場所失敗後悔の典型例

スポンサーリンク

具体的には、こんな悩みも多いタイミングであることは要注意。

  • 手を繋ぎたい
  • 告白したい
  • 家に誘いたい

まずは2回目デートに誘うことができたという事だけでも十分なのだということを心に刻み込むことが重要。

初回のデートのおさらいをしよう

2回目デートで別れる人が多い原因

以下のような課題があったと感じている人は多い。

  • うまく会話が盛り上がらなかった
  • 相手の笑顔が少なかった気がする
  • なんとなく時間が過ぎてしまった気がする
  • 自分自身が心から楽しめたとは言えない

でもこの悩みの根本的原因を考えている人は少ない。

つまりは、前回に重苦しい感じになってしまったのはあくまで初回だったからだと自分に言い聞かせてしまっているケースが多いのです。

これでは、本当の意味で、相手から発していたサインなどを見逃しているケースが多い。

何に踏み込むべきか?

2回目デートの会話のコツ

場所を選ぶ上で、2回目という段階に大事になるのは相手を知る事。

つまりは、相手が話しやすい環境を最優先にすることが最も無難な計画。

でもなぜか二回目というハードルが下がった状態で、失敗する人は、楽しむことばかりを意識するようになる。

  • ドライブ行こう!
  • お金がないから家でまったりしよう

こんな自分本位の計画を立てようとしている人はだいたい失敗します。

まずは相手の好きなことや趣味以外のもっと深い部分を話しやすい場を考える。

  • 家族の事
  • 将来の事
  • 仕事の事
  • 結婚の事

こういう内容があってこそ、3回目のデートの扉の鍵が開かれるのです。

自分に自信がない気持ちと前向きな姿勢

2回目デート自信がない人の対処法

例えば、バツイチ男性なら、まだ子供の事や養育費、過去の結婚生活等話せていないことが山積みと言ってもおかしくありません。

まずは自分の雰囲気や趣味等で話しを盛り上げることはできた。

でもより具体的なことは、返事を保留にしてしまった。

こんな人でも徐々に自分がその気になっていることを伝える必要がある。

だとしたら、自分の過去についてもどうしても心の傷をえぐられるかもしれないが、一歩を踏み出す必要があるのです。

そういう話を自分もできる環境を選ぶことが大事になります。

それを単純にまだ何も聞かれていない(質問されていない)から大丈夫だろうとメインの話に目を向けさせないための場所選びをする人がたいてい失敗する。

これも一つのポイントになります。

 

2回目デート場所おすすめの選び方と注意点

2回目デート場所のオススメと注意点

自分がもし2回目のデートでオススメを聞かれたらなんて答えているのか?

この答えをご紹介していきます。

日本全国エリアを問わない。

基本の考え方としてご覧ください。

2回目デートの場所と時間

初回デートは2,3時間で終了した。

だったら、次は丸1日を使って楽しもう!

これは正直中学生、高校生等の10代が考える事であると最初に伝えておきたい。

マッチングアプリという18歳以上の男女が婚活や恋活を目的としているなら、まだ恋人たちが行くような場所を選ぶには早いというのが私の結論。

なぜか?

  • 付き合う前のお互いの心の距離感は不明
  • もっと相手のことを知りたいと思っていたとしても本命なのかは不明なまま
  • その気にさせようという魂胆が透けて見えることで警戒心が高まりやすい

以上の点を考慮するなら、基本として、以下のような計画を立てることが無難。

  • 半日の中で食事メイン+会話メインの2つの場所を用意する
  • 会話をするネタをある程度絞り込み、周囲が気にならない場所を探す
  • 移動距離が短く、歩く等の移動に手間がない場所を探す
  • 天候悪化の事態を想定して、どんな条件でも対応可能なスポットを探す

以上の点を考慮することのほうが大事になります。

活動時期と世間一般の流れ

特に、2月から4月にかけての花見の時期には花粉症、湿気の多くなる5月、6月には梅雨の対策、7月から9月にかけては熱中症などの暑さ対策、10月から12月にかけては、年末に向けてのカップルイベントの流れ、1月2月には、新年や新卒、新入学、新生活の準備で人があわただしい時期。

このように、どのようなタイミングでその時期を迎えるのかによって、人の流れが大きく異なります。

趣味をネタにするといってもその商材のバーゲンやセール情報などを考えたり、お得なサービスをめぐる等を考えてあげると、二人で会話をする時間が取りにくくなったりすることも多い。

疲れさせない範囲で2つのスポットを用意する。

このためには、あくまで周囲の動きと自分たちの世界観を両立させることが大事になります。

 

2回目デートでおさえておくべきプラン

2回目デートプラン例

2回目デートって何するのが無難なのか?

この答えを解説していきます。

デートプラン例

①待ち合わせの時間は11時に設定

②徒歩と公共機関を利用しての移動(地方なら車での移動)

③軽食を兼ねたランチで休憩

④会話するスポットの中間にあるショッピングスポットや店を訪れる

⑤二人で会話をしやすい場所に移動。

⑥お互いに前回の話のおさらいとこれからについて話をする

⑦3回目のデートの可能性について正直に話しをする

⑧必ず男性は最後に女性の見送りを終わらせて終了

2回目デートで大事な時間

特に2回目に意識をしなければいけないのは、2番から6番の流れです。

  • 食事に盛り上がりすぎて、その後の話をする時間が無くなる。
  • お出かけに楽しみすぎて、自分の世界に入りすぎた

結果的に、自分は楽しんだからよかったと思い込む。

しかし、よく考えたら相手のことを楽しそうだったとしか思い出すことができない。

具体的に何を知った?

初回より相手が打ち明けてくれたことは何か?

よりプライベートな内容を相手の口から聞きだすことができていなかったらほぼ失敗と思ったほうが良いのが2回目デートなのです。

これに気付く人が少ないからこそ、6割以上の男女が次の機会はないと判断するということを忘れてはいけない。

 

2回目デートで手を繋ぐのはあり?なし?

付き合う前2回目のデート手を繋ぐ

進展させたい

相手の気持ち(心理)を知りたい

気になる人との体のつながりがあれば安心する

これはあくまで下心でしかありません。

女性からアクションを起こすべき?

草食男子、童貞、恋愛初心者、初めてのデート。

こんな恋愛経験がない男性が30代40代にも珍しくない時代です。

そこで、女性が男性をリードしようとする動きも高まっているのです。

2回目のデートは女性からそっと手を繋ぐタイミング?

 

2回目デートで告白するのはあり?なし?

2回目のデート女性から告白

初回のデートで大いに盛り上がり、お互いの過去やこれからについてもいろいろ知ることができた。

もう将来の結婚や子どものこと、仕事と家事、家庭の両立等の価値観も話が済んでいる。

お互いが相手の人生設計に共感し、理解を示している。

このような状況まで作り上げることができているなら、告白のタイミングとしては間違いということはありません。

2回目デートで女性から告白したい方へ|成功のコツと失敗後悔注意点

あえて男性からという内容について書いていないのは、この段階で男性から告白をしようとするという人の大半が女性についてほとんど理解をしていないのにとりあえず形にだけこだわろうとする人が多かったからです。

 

マッチングアプリ2回目デート場所を成功させるコツ

マッチングアプリ2回目デート場所の選び方

あなたがもし今後の3回目デートも積極的に誘いたいほど相手の事が気になっているというなら、意識していただきたい内容を解説していきます。

メインスポットは相手と会話する場所

まずメインをきちんと決めましょう。

私がオススメしているお金もかからない節約しやすいスポットは以下のような場所。

  • 屋外テラスのあるカフェやレストラン
  • 夜景を楽しめる港
  • ベンチのある公園

このような場所をメインスポットに設定することをおすすめしています。

なぜか?

あくまで、会話を楽しめる場所を考えているからです。

サブのスポットは相手を観察するため

  • 誕生日が近い
  • カップルイベントが近い
  • 親や身内のお祝いごとがある

こんな時に、父母、兄妹、姉妹等の関係やプレゼントを選ぼうとする時の相手の表情、好み、仕草などを観察することが大事。

  • 家族の関係はどんな感じなのか?
  • 親や友達に対しても素直に感謝の気持ちを持っているのか?
  • どんな恋愛に憧れを持っている人なのか?

こういう事を観察してあげるからこそ、本当に彼氏彼女になった時にも相手の欲しいものが自然に見つけられるようになります。

私は出会ってから翌日の2回目デートで告白に成功。

付き合って2週間後に彼女の誕生日がありましたが、サプライズを含めて好みに合わせたプランを用意しました。

これは、これだけの時間があれば、正直ある程度観察ができると思っているからです。

相手を知りたいと思うなら、観察する力を養うことが重要です。

お互いのためではなく相手のため

あくまで3回目という段階に進むためには、論理的に考えて物事を段階的に片づけていくことが大事。

食べ物の好みを知ることがカップルデートの食の費用にも関係する。

ここまでではなく、一緒に家族になった時にもその好みは共有できるのか?

インテリアや雑貨を眺める中で、色やサイズの好み、メーカーへのこだわりなどを知り、その好みに共感できるのか?

仕事に使う服やプライベートで使うファッションや小物に対する意識やオシャレに関する価値感は自分の好みに合うのか?

このように、将来の自分たちの結婚生活に関連する情報はいくつもあります。

そうしたことを相手が素で行動しやすい場所を用意してあげることで観察することができれば、必ず次の扉は開きます。

この観察を無視して、自分本位で楽しもうとする人は、結局こう思われています。

「私と一緒に居る意味は?」

こう思われた時点でその相手との関係は終了するのです。

よく相手を見ることを意識して成功を勝ち取ってください。


この記事を読んだ人に人気のコンテンツ
私の体験に基づく悩み解消ページ
住宅ローン審査通過のコツディズニーデート成功法ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

このページの先頭へ