付き合う前の初デートは食事だけは口実?会話で主導権を握るコツ

まだ付き合う前。

会う約束する時の決まり文句がある。

「食事だけ」

でもこの言葉って本当にそのまま受け取っていいの?

まさか初回のデートで告白されたりしないよね!

いきなり車でどこかに連れていかれるみたいな事ないよね!

相手のことをお互いがどう思っているのかによっては、初デートと言ってもその目的は大きく異なる。

相手のことを気に入って少しでも一緒に居たいと思っている人からしたら、次の2回目のデートの約束をするための戦略を立てる。

まだ自分の中では相手に対して恋愛的なイメージができない人は、でも一度会ってみないとわからないという雰囲気。

お互いの気持ちが全く違う場合、どうすれば自分が主導権を握れるようになるのか?

これまでにも付き合う前のデートについては、以下のような内容をご紹介してきました。

付き合う前デートドタキャン男の特徴

付き合う前デートドタキャンは風が理由ってどうなの?男の言い訳事情

ディズニーデート付き合う前アトラクション選びと脈あり

ディズニーデート付き合う前会話,成功失敗の分岐点まとめ

付き合う前デート後メール返信が遅い女性は脈なし?脈ありとの見分け方

付き合う前デート場所に映画は何回目?選び方成功法

 

ディズニーデートで手をつなぐオススメスポット

今回の記事では、付き合う前の初デートで食事だけという約束の場で主導権を握るコツについて以下の項目でご紹介しています。

付き合う前食事だけの初デートで次を狙うコツ

付き合う前食事だけの初デートで次を防ぐコツ

付き合う前食事だけは初デートの決まり文句!

食事だけと言っておけば好きではない相手でも印象が悪い状態でなければあってくれるかもしれない。

こんな下心を持つ人は多い。

でも実際に会った時の話の流れの作り方ひとつで簡単に主導権を握ることは可能です。

相手の気持ちがよくわからないからこそ知っていただきたいポイントをご紹介してます。


付き合う前食事だけの初デートで次を狙うコツ

 

  • 相手の人と次の約束したい!
  • 少しでも雰囲気を良くしたい!
  • 食べすぎないようにして、会話をしなきゃ!
  • 料理よりも会話のほうが重要だ!

男女それぞれが自分だけ相手との親密な関係を願っているケースも多い。

でも色々考えてしまうと失敗することも多い。

最初はゆっくりと会話を楽しむ。

これはあくまでお互いがあくまでも顔合わせのつもりで登場した時。

もし一方がlineのチャットや電話で勝手に気持ちが盛り上がってしまっている状態になると下心が先になってしまう。

そんな時に、初回だからこそ注意してほしいポイントをご紹介していきます。

食事デートのポイント1.主役

会話というのは、あくまで相手もしくは自分どちらかが話すことが多くなる。

もし相手が話をするのを好むならとにかく聞き役になる。

反対に相手の話を聞くことが好きな相手なら、相手が楽しむことができる褒めセリフから始める。

これが大きなポイントになります。

話し手となる時のポイント

もし自分のほうから積極的に話すことになったらどうすればいい?

この場合には、あくまで相手のことを話すことに集中しよう。

  • どんな服装なのか?
  • 仕事帰り風とかプライベート感が強いイメージ
  • インテリ系や引きこもり系?インドア派?体育会系?土方系?

相手の行動をチェックするのはハードルが高い!

些細な行動から心理を探るなんてことまで頭が働かない。

こういうタイプの人なら、まずは話の中心を自分が相手から聞いてみたい内容で考えることが重要。

例えば、以下のような話が意識を確認するのに簡単なテクニック。

  • 異性と会う時って緊張するし、何着ていくか考える時間って必要じゃないですか?
  • 男(女)の人と会う時ってどういうまとめ方が良いのか考える時って何を参考にしますか?
  • ファッションセンスがいいですよね!ちょっとでもコツとか教えてもらえると嬉しいです。
  • 多くの言葉を使わない。
  • 相手を知るきっかけにする。
  • あまり考える必要がない質問。

こういう内容を用意すると、意外と何を話すか忘れてしまうということがない。

自然にしっかり相手を見ながら話をすることができるようになります。

聞き手となる時のポイント

  • 相手が自然に何でも話しをしてくれる。
  • 趣味の関連ならお互い共通点が多いかも!
  • 自分から話すよりも相手の話を聞いているのが楽しい

自分はどこに行っても基本食べ物を食べるというよりも二人で空間やその場所を楽しめる。

こういうタイプの人は、自然と相手が引き込まれていく。

でもしっかり相手の話に耳を傾けるようにしよう。

いざ自分が話し始めると止まらくなってしまうから注意しなければ!

こんな人の場合は、無理に聞き役になると成功するものも失敗してしまう。

あくまであなたのアピールポイントは、聞き方としてちょっとした場面で笑顔を見せる。

たったこれだけで十分なんです。

特に女子の場合は、こういうさりげないサインがモテるテクニックにつながる。

恋人になっていないタイミングで相手からどんな言葉を聞いても脈がある感じがしないという時にも無理にでもちょっと笑顔。

これがお炊いてにとって印象を悪くしないコツにもつながる。

 

付き合う前食事だけの初デートで次を防ぐコツ

 

  • もうこの人とはちょっと無理かも!
  • 手を繋げるような相手ではない!
  • 実際に会ってみてこの人とは別に付き合ってみたいとか結婚したいとは到底思えない

初めて会ったあとに、別に次に時間を作る必要はないと考えるようなケースもあります。

でも実際にストレートに口にしたら大胆すぎるし、タイプによっては逆ギレされるかも!

特に女性の場合は、勝手に好みのタイプと言われて、次にもあってもらえる?と猛アピールを受けるケースもある。

でも自分にその気はないし、早く終わらせるようにしたい。

こんな時にはどうしたらいいのか?

場の空気を乱す

  • 気分がすぐれない
  • 頭痛がする
  • お手洗いに行く
  • ダミー電話で職場からの連絡と席を立つ

意外と簡単に日常の時間でなら考えられることややっていることは多い。

どの行動も基本的には社会人なら当たり前と言えるような行動。

気合の入っているような服を相手に見せることがあったとしても所詮その場の時間で盛り上がりきらないところで席を立つ。

これを繰り返すことで上手く相手のペースを崩すことが可能。

今後の婚活と気遣い

相手への気遣い。

自分はもう早く帰りたい

この2つを考えたら、先ほどの電話などにより急に予定が変わった事も伝えるのも可能。

  • 明日の仕事が早めに出勤しなければいけない状態になった
  • 家族のことで心配なことが起こった

詳しい状況が分からない。

でもあまり深く聞きだすのも失礼。

このくらいの印象を与えたら帰る話をする大チャンス!

いくら次の予定を狙っている人でもそういう状況ではないことくらいはわかるはず。

こんな状況でもまた次の予定を今日のうちに聞いておきたいという人はそれこそ空気が読めないタイプ。

今後のことを考える余裕がないそぶりを見せることで今後の婚活の相手にならないことをイメージさせましょう。

 

付き合う前食事だけは初デートの決まり文句!

 

私からすれば、この食事だけの誘い文句はあまりおすすめできない。

今後のことを考えているなら、相手をしっかり選んで使うテクニックになる。

実際に私はこの言葉を使って次に繋げることはかなり得意。

その秘訣をご紹介していきます。

またではなく次と言わせる

学生同士でカジュアルな会話をするなら、またね!と口にする。

それは、次がある程度近くに会う機会があるから使っている言葉。

逆に普段は会えない遠方に住むような友人との別れの時間なら、「次に会えるのは」と話をしていませんか?

これって人間が次の機会を作ろうという意思を伝えようとしているかどうかで違いがある。

メールやメッセージを送る時にも同じような傾向があります。

  • 美味しい料理でした。ごちそうさまでした。またお時間があったらよろしくお願いします
  • 今日はありがとうございました。次は週末と平日どっちのほうが都合がいいですか?

この2つは誰が見ても好意の度合いが違うことが分かるはず。

相手が安心をしたという段階でもう次の準備に向けた言葉を選ぶ。

しかし、相手にどこか興味がないという気持ちを持ち続けている段階なら、明確なタイミングは避ける。

これってわかりやすい避けられているセリフとカップルになることもokの合図と言える。

まずは相手から次の約束がokと思わせるようにするには、次という言葉を引き出せるように頑張りましょう。

そのために必要なことは何か?

次の約束を口にさせるコツ

会ってみてこのまま終わらせるのはもったいない。

こう思わせるためには相手が楽しめる環境を作ることが重要。

その答えは、別にその店に入ってファッションセンスが良いとかそういう事だけではありません。

  • 店員に対する配慮
  • 個室でなくても周りの空気に合わせた声のボリューム等も配慮していた
  • コップに入っているドリンクの量などもしっかり配慮してくれていた
  • メイクや部屋の温度(冷房・暖房)等にも配慮してくれた

このように料理を当たり前のように食べる時間ではなく、その場の雰囲気や空間で基本的な対応をしてくれたことを喜ぶのが女性。

別に高価な料理のお店を選び出すことが重要なのではありません。

雰囲気がいかに素敵なお店でもその場に合わせるオシャレ着選びに困らせるような場所は用意する価値がない。

その場のマナーに合わせた楽しみ方を自然にふるまえるかどうか?

この答えを明確に準備できるということが約束をする前の準備であることを知っていただきたい。

いかがでしたか?

男女を問わず、メイクも服も店も時間選びもコロナの時代には大事になってきた。

密を避けることやどこでどう時間を過ごすべきか?

いろいろな悩みを抱えている状態だと思います。

でも最初の段階ですから、まずは基本として、相手に与える印象を考えるなら、ランキング等に頼らず、相手と自分の印象に合わせて選んでみてください。

 


この記事を読んだ人に人気のコンテンツ
私の体験に基づく悩み解消ページ
住宅ローン審査通過のコツディズニーデート成功法ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

このページの先頭へ