妻へクリスマスプレゼント子育て中よくある失敗後悔と成功の違い

子育て中の妻へクリスマスプレゼントを用意する事例について、この記事をご覧頂きありがとうございます。

20代、30代、40代と言う年代を問わず子育て世代と言わてる私を含めた世代が妻へクリスマスプレゼントを用意したいと思う男性も多い現代。

実際に、子育て中の妻へクリスマスプレゼントを用意する際には、以下のような内容が悩みの種になっています。

・予算

・タイミング

・何を用意すべきか?

年代は関係ないと思います。

同じ子育て中の妻を持つ夫として、少しでも考え方の共有をしたいと考えてこの記事を書きました。

私のサイトは、ディズニーデートや子連れ体験という楽しみや住宅ローン審査等子育て世代の楽しみや悩みを共有する記事や改善するための考え方を体験からご紹介してます。

サイト管理人2児パパと申します。

子育て中の妻へクリスマスプレゼントを用意するという事を4年続けてきた私。

実際に、これまでの体験を以下のような内容でご紹介しています。

クリスマスプレゼントは子育て中の妻へは必要なのか?

クリスマスプレゼントは子育て中の妻には家計が先なのか?

クリスマスプレゼントを子育て中の妻に私が送った体験記

よくあるランキングや人気、世代別の意見などという解釈ではなく、女性をどう支えていくべきかという視点からご紹介してますので、考え方の1つとしてお役立て下さい。

クリスマスプレゼントは子育て中の妻へは必要なのか?

子育て中の妻へクリスマスプレゼントの必要性

私は、妻と結婚する時、こんな話をしたことを今でも覚えています。

「クリスマスや誕生日をもし金銭的にきつくても必ず何かで祝いたい!」

この言葉の意味は、メリハリを持つという事を意識した発言でした。

しかし、実際に子育てを知らない頃の発言だったと思う事もある今の2児パパとしての生活。

でも、こんな私も毎年妻に必ずクリスマスプレゼントを渡し続けています。

この理由を必要ないのか?という視点からご紹介していきます。

子育て中で妻がクリスマスプレゼントの価値感を変えた!

妻は、よく連日深夜迄一緒に遊ぶほど体力を持て余すような元気な子でした。

20代後半に出会い、30代前半で第1子出産、2年違いで第2子出産というめまぐるしい日常だったとなつかしくもあります。

だからこそ、妻はいつしか家事と育児に終われる日々から、気付けば誕生日。

子供の誕生日や節句を考えていたら、クリスマス。

こんな日常になっていたのです。

出会った時には、「クリスマスデートはどこ行く?何時に仕事終わりそう?」

こんなことを言っていたのが、冬休みかぁ、どうしようという言葉に変わるんだから子育て中って本当激変します。

この子育て中の状況だからこそ、クリスマスプレゼントで望む形というのは、意識が薄れたという見え方が正しいと思います。

疲れた。

お疲れ様。

この言葉が夜の夫婦の時間をつなぐ最初の言葉になってる我が家の昨今。

こんな子育て中では、クリスマスプレゼントなんてのは、必要ないのでは?

この考え方には、断じて否定派です。

子育て中の妻にクリスマスプレゼントを用意すべき理由

私が考えた一家の主としてのクリスマスプレゼントを子育て中の妻に用意する目的は、子どもたちのため。

なぜ子供のため?

これは、妻が私の立ち位置の確保をしっかり子どもたちに伝えてくれてる日常にあります。

・パパが仕事してくれるから御飯を食べれるんだよ。

・パパが休みとったから、旅行に行けるんだよ。

・パパが良いよって言ったから、買ってもらいな。

常に私の立場を子どもたちに、支えている人という意味で伝えてくれているのがよくわかります。

この私が、妻へクリスマスプレゼントを用意しなかったら子供はどう思うでしょうか?

子供からすれば、「なんでパパはママにクリスマスプレゼントあげないの?」

このように考えがたどり着くことは容易に推測できたのです。

パパがママにプレゼントを渡した!

この行動の先には、子供達がパパがママを大切にしている。

こうした気持ちになってくれる幸せを感じてほしいのです。

だからこそ、子供中心の生活になってしまいがちの子育て中の妻へのクリスマスプレゼントを私は今後も絶やすこと無く続けていきたいのです。

「でも、実際に家計を握ってるのが奥さんだし予算はどうするの?」

この考え方にも私は必ず答えがあると思っています。

 

クリスマスプレゼントは子育て中の妻には家計が先なのか?

子育て中の妻へクリスマスプレゼントの予算

実際にクリスマスプレゼントを妻に買ってあげたくても、家計からお金を貰うのが難しい。

こんな意見も子育て中のパパには多いのが実態。

ではどうやって妻へのクリスマスプレゼントを用意するのか?

この考え方を私が常にやってきた4年間の体験からご紹介していきます。

子育て中の妻へのクリスマスプレゼント予算は家計次第!

実際に、子育てをしていると、イレギュラーな出費というのも当然出てきます。

例えば以下のような体験もその1つ。

・子供にせっかく買った靴が成長期ですぐ履けなくなった。

・子供の衣類の特売で買い置きを作ったら、家計に少し響いた。

・子供のアレルギー発見、食費が上がった。

・子供の習い事が始まり、毎月の経費が上がった。

いくらでも事例が上がってくると思います。

しかし、この事例を理由にはしたくないですよね?

だからこそ、私は、家計の厳しさに合わせたクリスマスプレゼント予算を必ずその年の11月から考えるようにしています。

・12月に予防接種などはあるのか?

・子供以外の保険や何か見落としは無いか?

念入りに家計を一緒に考えるひとときを持って下さい。

そうすれば、以下の選択肢がおのずと生まれてます。

・どの程度の家計に余裕があるのか?

・その予算で何が出来るのか?

こうしてまずは家計に影響させない妻へのクリスマスプレゼント予算が、子育て中には必須だと私は考え、実践してます。

子育て中の妻へのクリスマスプレゼント予算はへそくりをしない

へそくりという行動をしてまで、クリスマスプレゼントを子育て中の妻へ用意しようとしている方も多い現代。

しかし、この考え方はあまりおすすめしません。

何故か?

へそくりが出来るということは、単純にあまる状況が前提だからこそ出来たこと。

つまり、家計がキツイ時、なぜそのお金で協力してくれなかったのか?

この考え方の相違につながるリスクが子育て中は高いからです。

こうした家計へのフォローをせずに作った資金で、子育て中の妻へクリスマスプレゼントを用意しても決して喜ぶとは限りません。

ですから、奥さんが家計を握っている場合は、素直に相談する予算作りを考えましょう。

子育て中の妻へのクリスマスプレゼント予算より大切な事

予算が無いから大したクリスマスプレゼントを妻へは用意できない。

こんなことを考えてる方も旦那さんの中には多い現代。

しかし、この点は心配不要。

子育て中の妻が最も大切にしてるのは、子供。

つまり、子育てが順調に行く事が最も大切。

だったら、クリスマスプレゼントは、家事育児の手伝いをいつもより頑張る。

たったコレだけでも、妻にとっては嬉しいそうです。

もちろん、この考えは、相手の価値観より違うかもしれません。

しかし、子供とパパが寄り添う光景を見て、嫌だと思う母親は居ないです。

ですから、予算より大切なのは、子育てに共通する取り組みを視野に入れたクリスマスプレゼントを考えること。

肩たたきでもいいじゃないですか。

マッサージしてあげてもいいですよ。

癒やすと言う言葉を少しでも妻というそばにいる女性であるなら、大切にしてあげて下さい。

予算がなければクリスマスプレゼントは無い。

こんな言葉は考える必要はありません。

一緒に家族として子育てにささやかな時間でも協力をしない。

この気持ちのままでは、いくら予算が高く、物が高級でも気持ちは半減します。

十分注意してみて下さい。

では最後に、私がクリスマスプレゼントで用意した子育て中の妻への感謝の気持ちの表し方をご紹介していきます。

 

クリスマスプレゼントを子育て中の妻に私が送った体験記

子育て中の妻へクリスマスプレゼント体験記

私が妻に送ったクリスマスプレゼントは、どんなものなのか?

ご紹介していきます。

子育て中の妻へクリスマスプレゼントを用意した共通点

我が家は、すぐに子育てが開始となった夫婦。

ですから、子育て中ではないクリスマスプレゼントを結婚後は1度も経験していないのです。

この様な状況で私が考えたのは、全て冬の寒さ対策関連グッズで配慮すること。

具体的には以下のような商品を考えました。

・ダウンジャケット

・ストール

・ブーツ

・ニット帽

・マタニティ用パジャマ

このような冬の寒さ対策と子育て中に使える身につけるアイテムを徹底的に選び出しました。

もちろん、この1つ1つは全て妻とウィンドウショッピングから欲しそうな物をピックアップしてから購入してます。

全てが妻が個人で使う楽しみを得るものではありません。

全て子育てに使える事を前提としています。

だからこそ、妻は毎年クリスマスプレゼントを用意することを何も言わないのだと私は勝手に想像してます。

子育て中の妻へクリスマスプレゼントの準備時期

子育て中の妻へクリスマスプレゼントを一緒に買いに行くというのは、タイミングも非常に難しい。

特に、11月12月は、インフルエンザの流行の心配もあり、子どもたちの風邪の原因等も懸念されます。

未就学児童を抱える子育て中の世代にはこの意味が非常に伝わると思います。

だからこそ、私はふとした買い物ついでをよく狙っています。

スーパーの寄り道として使いやすいのが、大型ショッピングモール。

こうした場所では、日用品にはじまり、使いやすい衣類、雑貨なども豊富に見る事ができますよね?

子どもたちにとっても、おでかけとして楽しめる場所でもあります。

こうした場所を数日に分けて見ることで、何を欲しがっているのか?をリサーチしていくのです。

そして、結果的には、クリスマス1週間くらい前に購入して準備を整えます。

こうすることで、スムーズに家計にも影響の少ない予算が後にバレても喧嘩にならないクリスマスプレゼントを選んでいます。

私が体験している子育て中の妻へのクリスマスプレゼント選びは以上となります。

この記事から少しでも出来る事をするというクリスマスプレゼントとして、気持ちを楽に選んでみて下さい。

私がこの他にもご紹介しているクリスマスプレゼントの記事は以下の通りです。

20代の妻へクリスマスプレゼント!失敗後悔注意点

30代の妻へクリスマスプレゼント成功のコツ

40代の妻へクリスマスプレゼント!30代との決定的な違い!

妊婦の妻へクリスマスプレゼント失敗後悔注意点

妻へのクリスマスプゼント年代問わず忘れてはいけないこと

以上のような内容も各世代や環境としてご紹介していますので、興味がある方はお役立て下さい。

この記事を最後までご覧いただきありがとうございました。


この記事を読んだ人に人気のコンテンツ
私の体験に基づく悩み解消ページ
住宅ローン審査通過のコツディズニーデート成功法ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

2児パパプロフィール

312167595060 (1)

2児パパ

私の簡単な自己紹介

年齢 30代
東海地方在住

旅行記事や恋愛記事は体験談に基づきご紹介しています
私へのご相談もお待ちしております。

お名前もペンネームで結構ですから、お気軽にコメント欄を活用してください。

48時間以内に確実にご対応させていただくことをお約束します。
私個人の壮絶な人生やこのサイトを立ち上げた趣旨については、2児パパプロフィールでご紹介しています。
Google+ 2児パパツイッター

このページの先頭へ