クリスマスプレゼント彼氏大学生予算はゼロの人も多い?

彼氏へのプレゼントラストチャンス!

カップルのイベント情報として年末に向けて注目が集まるのがクリスマス。

年内のカップルとしての人気イベントとしても毎年注目が集まる。

夜景ランキングやイルミネーションスポットなどtop10がいろいろな形で記事になっている。

こうした中で、何を見てどう過ごすとしても最後の悩みは何と言ってもプレゼント。

1年の締めくくりとして、クリスマスに向けてプレゼントを用意している人も多い。

しかし、男性が女性に彼女として用意して送る時の悩みと女性が彼氏に贈るというのはもう価値が変わってきている。

その理由も背景も含めて、今回は、彼氏が大学生の場合の予算についてご紹介していきます。

クリスマスプレゼントの彼氏あてについては以下のような内容も書いてます。

彼氏へ服をクリスマスプレゼント!ブランドと好みどっち優先?もらってうれしかったもの体験記

当サイトは、ディズニーを付き合う前やカップルデートに利用する方へ高校生、大学生など学生から社会人を含めて、気持ちを繋げるために必要な注意点をご紹介しています。

私も実際に妻とディズニーデートで意気投合し、今では子供たちを含めて子連れでのディズニー旅行にお金を使うことに楽しみを感じています。

決して、財布のひもが緩めば位相手の気持ちが変わるわけではありません。

むしろ、今の学生という立場の相場を知り、結果的に「人の気持ち」や「存在」に対して、感謝をする時だと私は思っています。

社会人の年上彼女となる女性。

同世代や年下の高校生が大学生を彼氏に選ぶ場合。

20代30代と歳カップル。

こうした年齢の差関係なしに多くの人に伝えたいことをご紹介しています。


クリスマスプレゼント大学生彼氏予算に多い誤解

クリスマスプレゼント彼氏大学生相場の誤解

今回の彼氏とは将来は別として、ちょっと前とは違う気持ちがある。

学生同士の付き合いの中で選ぶなら、社会人前のプレゼントに財布なんてどうかな!

多くの人が学生という立場を年頭に掲げて、次の世代の役に立つ物選びをしようと必死になっているのが良くわかる。

でもちょっと待ってください。

そもそも予算の相場って多くの女性が気にしているけど、本当に自分の値段と違いがある時にはどうするんですか?

クリスマスプレゼント彼氏への予算相場は喜ぶ金額?

私が最初に伝えて置きたいのは、値段で相手が彼女の価値を変えてしまうような対象なら、正直今後の将来はちょっと難しいと思ってしまう。

単純に、これから社会人になる彼氏という男性なら以下のように置き換えて喜ぶのが当たり前だと思ってしまう。

  • 手作りのマフラーなどを送るなら、その時間を対価として考えて喜ぶのが当たり前であり、デザインなんて関係ないはず。
  • 生活に役立つカップル向けのアイテムなら、家の中での食事の時間ですかって少しでも思い出話に使う素敵なまとめ方もあるはず。
  • 金額を問わないペアアイテムを選び渡す相手の気持ちは喜ばれないのが不思議。

彼女がクリスマスという時を一緒に過ごしたいと思ってくれているだけでも十分がありがたいことのはず。

そもそもプレゼントの金額相場で奮発されて喜ばれるなんて人の価値は何?と聞きたくなってしまう。

クリスマスプレゼントよりもキャンセルがない価値

そもそもその日のその時間を一緒過ごす相手として選んでくれたことに対して、彼氏彼女という関係になった途端、こう言ってくる男性も多い。

カップルで過ごすのは当たり前!

いやいやそれは間違いですよね?

女性からしたら、過ごし方はいろいろある。

  • 仲の良い姉妹や兄弟とオシャレなファッションで楽しむ時間。
  • 家族に喜ばれるような感謝を込めた贈り物をする時間。
  • 自分へのご褒美としてほしかったブランド物を友達と一緒に選び買い物を楽しむという時間。

いくら彼氏になったからと言って、クリスマスを一緒に過ごせるかどうかは相手次第。

こうした時間を使うということと「いくらの物」で過ごし方の価値を高めるのか?というのは考え方的に個人の存在価値が全く違ってくる。

相手に喜んでほしいと思う気持ちがあれば、予算や相場なんてどうでもいい。

むしろ、あなたが選んだケーキ1つをデートで一緒に食べてくれる時間的幸福をもらっていることに意味と価値を感じることが一番大事だと私は思う。

 

クリスマスプレゼント大学生彼氏予算ゼロ発想

クリスマスプレゼント彼氏大学生予算ゼロ

私はこの価値観を持ち続けながら、高校生からずっと彼女と過ごすクリスマスを大切にしてきた。

お互いの時間を使い、その日のデートで一番会いたいと思ってる相手になる。

この意識があれば、正直プレゼントなんてなくても十分嬉しい時間的幸福を感じる事ができる。

クリスマスプレゼント大学生彼氏ゼロも常識

付き合いが長くても短くても男性と女性では、正直毎月に要する生活に必要なお金が根本的に異なる。

女性には、メイクやファッション、デートに要する身支度アイテムなどいろいろな準備を意識してることが多い。

対して、男性は?

所詮は高級ブランドのキーケースやアクセサリー、バッグや財布をを見せる事を意識してる人さえいる悲しい現実。

悪く言えば、モノで釣るような意識。

このような流れの中で、本当に彼氏が楽しみにしているのがプレゼントだとしたら、逆に彼女の作り方は貢物をしてくれる人のように感じてしまうのは私だけだろうか?

本当の意味で今のあなたに感謝してもらうことの価値や意味をクリスマス前後程年末年始を含めて誕生日とは違った意識をしておくべきではないでしょうか?

クリスマスプレゼント大学生彼氏ゼロも時代の流れ

12月のアンケートなどでも集計している時期は、もっと前のことが多い。

普段の生活の中で、女性はいつの時期にも本当に今必要な物だけでなく、最近流行としていることも取り入れなければいけない。

こうした生活の中でもらう対象は何かもわからない時に回答していることも最近は多いはず。

だからこそ、アンケートの回答の中には、絶対に楽しみにしているかどうかではなく、予算が逆に自分の中でも足りないかもしれないという先を読んでの回答が入ってくる。

こうなると、「予算がありません」という回答が出てきても不思議はない。

2018年特集が出てきた中でも実際にこういう目で、何円~という項目をチェックしてみてほしい。

クリスマスプレゼント大学生彼氏予算無視成功法

大学生彼氏クリスマスプレゼント予算

あくまで誕生日に何も渡していない人でも女子たちは何も気にする必要はないと私は伝えたい。

私は恋愛の中で女性からプレゼントを恋人からも今の妻が相手でも貰ったことはほぼない。

これは、あくまで価格とか予算とか購入ということを考える時間を楽しめないということを考えているからだ。

大学生彼氏の持ち物が多い人ほど簡単なサプライズ

私は実際にモノを持っている量も多かった。

おしゃれが大好きで、3ヶ月以上は、同じ服は2度と同じ恋人と過ごす時間では上下それぞれで見せたことがない。

このよう相手に何が使えるアイテムかなんて考えさせてもかわいそうだと思った。

誕生日もいらない。

クリスマスも年末年始もバレンタインもいらない。

一緒に居てくれると思ってくれる関係でいてくれる結果に私は常に感謝していた。

そんな時に私がとてもうれしかったサプライズがある。

それは、メッセージカード1枚を手書きで用意してくれた。

今の時代は、SNSの流行で、すべてがデジタル式のメッセージ。

結果的に人の手書きの文字はほとんど見なくなってしまった。

こうした時代に、わざわざ相手が自分の為に何科のメッセージを書いて渡してくれた。

この時の彼女のその紙に書いていた時の「人への想い」にとても感動した。

そんなものを贈るのは、中学生ぐらいでしょ!と思うかもしれない。

でも、今の時代だからこそ、考えてほしいことがある。

大学生彼氏のクリスマスに伝わる愛情と物の価値

別に誕生日でもバレンタインでも卒業、入学、新社会人どんなときのお祝いでも物は常に紹介されていることが多い。

そして、その対象は、時期を問わず、多くがネットで簡単に購入出来てしまう時代。

ラッピングにこだわるのも店に頼めば簡単に包装してくれる。

このような物を誰でも買える時代になったからこそ、その人が贈る価値は下がってしまっている気がする

だけど、こういう時代に直筆のメッセージを贈る人は多いだろうか?

  • 字が汚いから自信がない。
  • 何を書けばよいのかわからない。
  • 子供みたいで恥ずかしい。

このような感情の方が目立っている時代だと私は思う。

だからこそ、ランキングtop10やおすすめなどの商品ばかり見て、元カノと被らないかを心配する気持ちが出てくるのではないでしょうか?

そういう気持ちよりもお金で買えない価値は何か?

これが今の時代に私は一番必要とされているのではないかなと思ってしまう。

この記事を読んだ今、あなたは今年の彼への気持ちをどう伝える方法を選びますか?


この記事を読んだ人に人気のコンテンツ
私の体験に基づく悩み解消ページ
住宅ローン審査通過のコツディズニーデート成功法ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ