中学生の男性にちょっとしたプレゼントを贈る。

部活でお世話になっている。

近所の付き合い。

昔からよくお互いを知る家族ぐるみの幼馴染。

高校がバラバラになる事に対する最後の思い出。

女子から男子に今はまだ男友達としてだけどちょっとでも自分の気持ちを表現したいと思った時に喜ばれるポイントやツボをご紹介していきます。

別にブランドものである必要はない。

何科2017.2018等の特別な限定グッズ、人気やおすすめで紹介されたアイテムではなくても良い。

もっと簡単にそして、何のアイテムを使うとしてもお金を使った以上、そのあなたの心が伝わることをイメージしてほしい。

女性が男性の為に好きな相手にだからこそ贈るということもあります。

そんな気持ちの在り方によって何を基準に選ぶべきかを参考にしてください。


中学生男友達用クリスマスプレゼントに多い誤解

中学生男友達へのクリスマスプレゼント

相手に喜ばれることをしたい。

この気持ちを持つあなたはとても優しいと思う。

でもメンズアイテムで何が今人気なのかとかおしゃれなペン1つでも女性が選ぶ文房具を好きと思ってくれるのかなんて不安の中にいる人も多い。

そんな時にこそ、意識してほしいことをご紹介していきます。

中学生男友達に渡す意味

まずは女性が男性に渡す時の気持ちの方向性を整理していくことがが大切。

  • あくまでバレンタインで例えるなら、義理チョコ程度の存在。
  • バラマキ程度で気軽にお世話になったことを伝える程度。
  • もし可能なら片思いでも良いから好きな気持ちを伝えたいと思う相手。
  • 彼女になりたいと思ってもらったら最高だと思う相手。

心情にはいろいろなその行動の先の思惑がある。

でもその商品をうけとってもらった後に相手に誤解をされたらどうする?

好意を持っているわけではないのに、好きと勘違いされてしまった。

好きな気持ちがあったのに、義理と勘違いされてしまった。

このように今から選んでいく商品1つでクリスマスという時期のギフトだからこそ、誤解が生じるという準備前の覚悟が必要になります。

中学生男友達の立場と価値観

部活の先輩後輩という立場。

年下の後輩で自分が年上という女性。

同世代として渡す同級生世代。

いろいろな年齢と都の関係やスポーツ関連としてのお世話になった感謝向けという考え方もある。

しかし、毎日一緒に居るような関係の相手なら、相手の好みもちょっと走っていると思う。

ファッションでもスイーツでも何となくその人の好みを差し入れ程度で探す機会がある人もいる。

でも全く相手のことをプライベートな時の様子はわかっていないという場合は?

毎日の生活はあくまで旦那と奥さん的な状況ではない。

ふとした時に学校の行き帰りという中ですれ違いながら相手の好みを探る程度。

贈ってみたいと思う気持ちはあっても何が嬉しい対象なのかがつかめない相手。

10代の中でも学校が違うなどの状況がある年代では非常に相手の立場や情報の少ない多いが重要になってくる。

近すぎると何を贈っても何気なくもらってしまうだけの対応になる気もする。

遠すぎると誤解を招くリスクもある。

まだ中学生という男子。

いろいろな情報を精査するよりも、単純にもらったという価値を勝手に想像をふくらませてしまう世代であるともいえる。

ではどうしたらいいのか?

 

中学生男友達へのクリスマスギフト無難な策

クリスマスプレゼント中学生男友達へ

ハンカチやタオル?

ボールペンなどの文房具?

腕時計などのファッションアイテム?

インテリア関係の雑貨?

今の時代は本による情報よりも簡単に年代カテゴリから楽天市場などで商品名を含めてチェックができる時代。

30代女子と同じような社会との実用性を考えたお祝いなんてする必要はまったくない。

あくまで女友達としてこれからまだまだ高校生、大学生という未来を持つ10代男性になら、基本は心が伝わる定番として特別な時期的内容を活用したアイテム選びがある。

それが、オリジナルデザインを使ったクッキー。

このクッキーは、自分でデザインをした内容をそのままお菓子屋さんが焼く時のデコレーションをしてくれる商品。

少量からも依頼ができますし、ありがとうとかいろいろなメッセージを添えることも可能。

こういう商品であれば、価格も145円からで送料無料で可能になっている。

正直、モノを買うのは中学生から高校生、大学生になっていく過程の中で自分で買い物を楽しめる世代。

今のあなたにしかできない工夫やアイデアは何か?

しかもどこか大人っぽいし、気持ちを伝えることも簡単。

このような便利なサービスを使う方が価格も抑えることが出来ることで定番とも違う他の女子たちと差をつける意味でもチャンスになります。

食べ物は渡し方に活用するのも簡単

塾などが一緒とか習い事を共に過ごす時間がある。

こんな時には、ある意味、価格を抑えたキーホルダーなどでも女性はお菓子などと同様に簡単に持ち運びをしやすい。

あくまで小物というのは、夜渡すと何色なのかとか素材などもわかりにくくなってしまう。

この点、ちょっとした500円程度なら趣味で手作りでなんて言いながら渡すのも最適になってくる。

あくまでどこに頑張って力を入れるのかが大切。

その対象をこの世代に対して私が伝える際には、やはり別に価格で頑張っても無意味と言いたい。

いつもどこでもいっしょにいるわけではないが大好きな相手。

このような関係で学生が簡単に買ってきてくれたものとなる受け入れやすい状況を考える。

そうすると、物はどこでも簡単に持ち運び可能なほうが意味が出る。

かっこいいとか特別と喜んでくれるは別物

あくまで生活の中ではまだまだ父の日などにもお祝いをすることが自分1人の力では難しい男の子も多い。

いくら女性から何かを受け取ったとしても自分の今の生活からは何もお返しができない。

しかもクリスマスの後には、お返しにも便利な年末年始というイベントも控えている。

このようなタイミングでレザー(革)のバッグや財布などをもらってもある意味困ると思う人も多くいる。

だったら、少しでもオシャレなお菓子などを選び、相手が喜ぶだけでなく、一緒に食べようという時間を持つことも考えられる。

決して高い金額を用意してカードを使ってまで決済をする必要は無い。

これからもっともっといろいろな状況の中で、靴もカバンも服もベルトも多様性が生まれてくる時代。

今1位2位3位4位となっている商品でさえ、所詮は一過性。

これからの時代の流れを問わないあの時にもらった思い出が一生忘れられない。

こういう気持ちにさせる商品は、たとえ100円、200円、400円という500円以下でも十分成り立つ。

この現実を知っていただきたいと思います。