20代社会人の彼氏。

彼女の立場が年上、年下、同じ年。

男性が社会人となっているケースにおけるメンズギフトはブランド品?ランキングから?

誕生日に彼女が送る定番のアイテムもありますよね!

財布、ネクタイ、腕時計、名刺入れやビジネスバッグなどをチェックする人も多い。

冬の定番と言えば?

マフラーや手袋などちょっとしたファッション系小物を選ぶという選択肢もあると思います。

今は彼氏だけど将来は旦那になるかもしれない。

今は毎日ぴったり一緒のtimingという生活ではない。

でもいずれは日々日常を共に過ごす可能性もある。

そんな中で30代40代となった時、ちょっと昔を思い出したりするネタにも使うはずの贈り物の悩み。

しかし、多くの人が年齢と予算や相場という言葉を考えている。

当サイトは、ディズニーへの付き合う前や彼氏彼女というカップルでのデートやお泊り旅行。

子連れで楽しむ0歳から5歳までの子連れ体験を軸としてさまざまな体験記事をご紹介しています。

もちろん、2018年も子連れでイースターとハロウィンとクリスマスに行きながらチェックしてきました。

サイト管理人2児パパと申します。

今回の記事では、そんなカップルの使う1年の中での誕生日以外のイベントとして、クリスマスプレゼントを20代社会人彼氏用に用意する彼女の為に以下の目次でご紹介しています。

20代彼氏社会人とクリスマスプレゼント

20代彼氏社会人クリスマスプレゼント体験

私は今の時代には決して20代30代40代と年代を問わず彼女が彼氏へのプレゼントの為にお金を使う必要は無いとさえ感じている。

その理由を含めてこれから選ぶ人に参考にしていただけたらと思います。


20代彼氏社会人とクリスマスプレゼント

20代社会人彼氏クリスマスプレゼント準備

私は正直なことを伝えるなら、彼女がわざわざ彼氏の為にクリスマスプレゼントを用意するような時代ではなくなってきているとさえ感じている。

正直、20代男性が社会人として働きだすようになれば、普通に自分で収入を得る事で使える金額も把握しておくべき時代。

税金に関する情報。

養うために必要な貯金。

子供が生まれてくる時期になれば、ちょっと女性に働く機会を求められる状態ではなくなる現実。

こういう時間の流れを当然意識しているはずなんです。

そう考えていけば、今の自分が彼女に気もお金も使わせる事に対してちょっとでも配慮を見せるべき時だと思う。

一昔前のように、皆昇給もボーナスも安定して、喜んでイベント時期にはお金を使うほど景気が良いのなら別。

しかし、実際に2018年10月に既に2019年10月の消費税増税により10%にするのは確定とした報道も発表されている。

こんな時代に、少しでもアクセサリーやネックレスを自分の為に贈る彼女の経済状況を考える。

このような男性が本来今の時代に沿った考え方になりつつあるような気がするのです。

オシャレの関心度も低下

一昔前の情報なら、ブランド品のキーケースやバッグ、時計やネックレスにあこがれを持つ男性も多かった。

今はどうでしょうか?

毎日使うスーツや小物にしてもちょっとでも上手に節約してセールなどを活かす人が増えている。

当然、自分のお気に入りや好きなショップやブランドなどの情報はメルマガなどでも情報を得られる。

こういう内容を考えたら、何もボーナス商戦やクリスマス商戦という時期の価格で飛びつかせるのも正直かわいそうと思ってくれるのが私からしたら感覚として必要なのでは?と思ってしまう。

クリスマスという時期の問題

クリスマスから1週間程度経過したら次は年末年始。

当然、シンプルに初売り商戦が始まりますよね。

この時期に女子にはいろいろな買い物をしておきたいグッズがある。

シンプルに考えましょう。

彼氏にプレゼントを贈っても身につけているのかもわからない状態になるビジネス向けアイテムは彼女にとって喜びや感動がありますか?

そのお金を使うなら、年末に自分の好きなものや彼氏が彼女に身につけてほしいといっていたジャンルのものを購入してデートで身に着けていた時の方が嬉しいのでは?

正直、社会人彼氏というカテゴリーからのイメージ都市て、大人のお金の使い方。

このイメージの方が今は平均相場という考え方から物を選ぶよりも別の発想として求められるのではありませんか?

 

クリスマスプレゼントの重み

20代社会人彼氏クリスマスプレゼントと負担

仮に社会人の彼氏が20代同士でも彼女が年上だったとします。

アイテムの予算や相場とは別に、相手が選ぶ物が自分の選ぶ物よりも高級だったら?

この時、年代を問わず自分が購入した価格や贈ったものの価値を失敗として感じる人もいる。

物と値段の価値が20代彼氏には負担

もう新卒や20代という世代ではいくら社会人であったとしてもいきなり高級な革製品やブランド商品を選ぶということは少し無謀と考える時代。

中には、こんな声が出てくる事もある。

「高校生や大学生という学生時代のバイトの時の方がよっぽど自由なお金があった気がする」

所得税、住民税、市県民税、健康保険加入。

こうした社会人になれば当たり前となる納税関連が普段の手取りを見た時にこんなものかという意識を持ってしまう1つの要因。

そんな中で、学生の時のような無理をしない程度で渡したいものを3000円程度でもカジュアル感の意識を持って選ぶのと状況が違う。

  • 彼女からもらう物よりは良いものを渡したいという男のプライドや欲。
  • 学生とは違うという意識を持ってもらってこその価値。
  • 贈り物として大切にしてもらえる商品選び。

このように、どこか贈り物を夫が妻用に選ぶかのような心理的なストレスも増えるシーンもある。

一方で社会人になれば、当然冠婚葬祭への出席も必要になることもある。

こんな時に、相手の彼女からは例えば、ポールスミスなどのブランド品や高級なボールペンやペンをもらう。

確かに素敵なのはわかるし、大切にしたいと思う気持ちもある。

でもその商品を受け取った自分の肩身は狭い状態になる部分も今の時代だからこそ絶対に双方に意識が必要だと思う。

イベントで本当に大切なのは何か?

そもそもクリスマスだからといって必ず彼氏彼女でプレゼントの交換をするのが絶対必要とは思えない。

所詮ビジネスマンとして生きていく中でもこれから先では今とは違う業種や職種を選んでいく可能性もある。

これから先にはまだまだ記念日や結婚の準備など一緒に居る時間に必要なことはあげればきりがないほど見えてくる。

こうした中で今一緒に居るという時間そのものの価値をどこかで軽く考えてアイルと思いませんか?

プレゼントを贈る機会というよりもクリスマスはもともとは慈善事業の贈り物を贈ったのがプレゼントの始まり。

なぜか急にそれがペアのいる場合は、相手に何かを渡すことがメッセージであるかのように扱われているのがげんじつ。

もっと、相手が本当に喜ぶポイントはどこなのかを考えてあげて欲しい。

出会いがない。

彼氏彼女が欲しい。

このように話す男女が多い中で今年のクリスマスを一緒に過ごせるパートナーがいる事を喜ぶ事が最大の感謝のポイントではないでしょうか?

たった500円でも良いと思う。

一緒にいるのが長時間になるなら、ちょっとした休憩時の飲み物を多く支払って、いつもより良いものを買ってあげる。

このくらいのことをお互いが意識してもらえたら十分心が伝わる好意を受け取ることが出来るのではないでしょうか?

 

20代彼氏社会人クリスマスプレゼント体験

何を買うかばかりに気を取られていませんか?

私が実際に年上彼女といた時にサプライズでいただいたクリスマスの思い出をご紹介していきます。

サプライズに買ってくれた500円

当時の彼女は本当に節約が好きでした。

一方で私は彼女にラルフローレンや上質なネックレスなど高級感を教えるような感覚での付き合う関係でした。

でもそんな中だからこそ、いつも彼女はこう言っていた。

「あなたが私の為に用意してくれているクリスマスや誕生日のプレゼントは本当にいつも驚かされる。」

ここまではスマートな中である意味の喜びの言葉。

しかし、個の続きがある意味辛かった。

「でも私は正直社会で生きていく中では必ずコレが無ければ困るということはなかった」

「あくまでもらえる品だから使う」

「でも本当にこだわりを持つなら、高価なものよりしっかりあなた自身が将来を安心させてくれるほうが嬉しい」

言い残された瞬間に私はある意味相手に何を贈れば喜んでもらえるのかばかり考えていた自分が恥ずかしくなりました。

そんな彼女とも雰囲気は悪いわけではありませんでした。

こんな会話をしてる中でふとこれからクリスマス商戦という頃に彼女がふと私の家に来た時の事。

「やっぱりこのスペースになら似合うはず」

こんな言葉を残しながら、ふとアロマ系雑貨を置いてくれたんです。

それは社会人生活の中で、私がかなり疲れを蓄積してデートを楽しむ余裕もない時期でした。

だからこそ、この時の一言がずっと脳裏から離れなかったのです。

「このスペースになら」

この言葉はどこかで彼女にとって、私の自宅のイメージをしっかりと頭に思い浮かべた状態で買ってきてくれた行動の証と思えた。

その行動そのものがとってもオリジナルの買い物って感じがしてうれしかったんです。

1人暮らしをして過ごす相手のことを考える人がいたらぜひこういう選び方でも安い上でワンランク上の彼女としての存在感をアピール。

こういう考え方があることを私は知ってほしいと思いました。

流行や評判なんてどうでもいい

最近は、自分の目で商品を見て知っている商品を購入するという時間を過ごす人は減ってきた。

どちらかと言えば、ネット派で、口コミやレビューを目にした中で評価の高い商品を探す。

1位2位3位4位、もしくは、ランク外という言葉が大丈夫なのかという不安を生み出す。

これって本当に相手のことを思い届けようと思っている商品選びになっているのでしょうか?

必要なのはあなたの心の在り方ではないでしょうか?

今後長い人生の中では結婚記念日や子供の誕生日のお祝いという時間を一緒に過ごす事も考えているような関係なら、ランクというのは間違いだと伝えたい。

それよりもやはり過ごす時間に感じられるその人の心がふとした行動から見えた時の感動の方が存在のありがたみを感じられる。

この考え方を是非これから商品を選ぶ人には知ってほしいと思う。

こうした気持ちは今のあなたにはありますか?

いずれ訪れる可能性もあるマイホーム購入についても触れています。

頭金なし貯金なし住宅ローン審査

頭金なし自己資金0住宅ローン審査が通る通らないの差!