中学生彼女へクリスマスプレゼントの渡し方は女性心理が大切

彼女へのプレゼントも今年渡す最後の機会と言えば、クリスマスプレゼント。

男性が好きな彼女が喜んでくれるような商品を選んで購入。

しかし、問題はその後の渡す方法や流れ。

実際にクリスマスの時にどういうシチュエーションを作るべきなのか?

どのタイミングで渡すのがサプライズとしても喜んでもらえるのか?

このように考える男性に対して、女性の心理的な面を知ることが近道。

せっかくのイベントもプレゼントの事が頭から離れないような状態では少し相手も冷めてしまう。

今回の記事で、中学生彼女へのクリスマスプレゼントの渡し方を経験したら、高校生、大学生、社会人もみな同じという気持ちを持ってどうどうと自分らしくデートを楽しんできてください。


彼女へのクリスマスプレゼント渡し方成功法

中学生彼女クリスマスプレゼント渡し方成功法

基本として、女性はいつのタイミングでプレゼントを受け取るのが好きなのか?

この答えを知ることがとても大切なんです。

彼女でも女友達でも女性は終わりが重要

海外ドラマでも映画でもなんでも女性はイベントの最後をとても重要と思って待ってくれている。

この流れは、単純に食べ物を例に考えていくと少し気持ちが分かると思う。

女性も男性も好きな食べ物として、デートの定番と言えば、スイーツ。

(もちろん甘いものが苦手な人もいますが)

でもこのメインをどう女の子は楽しめるかが食事の楽しみになっていることも多い。

いくらメインがお肉などの料理であったとしても甘いものは別腹という言葉を使って心待ちにしている。

いろいろな場所に出かける時にも最後まで一緒に居るということを意識するのは、やはり女性の方が多い。

このような演出は映画やドラマや漫画などでも多数女子の心情を表すシーンを描く作品が多い。

もちろんこの考え方は、恋人という対象の彼氏彼女という相手でも変わらない。

だからこそ、プレゼントを渡す時のシーンはラストだ!

中学生彼女への渡し方はシンプルが大事

一緒にいる時間がどれだけであったとしてもまだ中学生の女の子。

あまり変にこだわりの演出を考えたとしても結果的にその価値を共感してもらえるかどうかは相手次第となってしまう。

付き合っているという関係があるなら、単純に寄り添える関係に安心を持つのが女性。

だからこそ、最後の別れ際に今日も最後まで付き合ってくれてありがとう!

この感謝の気落ちを素直に言葉にする事が必須条件ですが、渡す時には変なメッセージを残す必要がない。

その言葉の代わりがプレゼントなんですから。

 

中学生彼女へクリスマスプレゼントがマフラー

中学生彼女クリスマスプレゼント渡し方マフラー注意点

冬の季節らしい定番アイテムと言えば、ファッション系アイテム。

中でもストールなどを選ぶのは定番中の定番。

相手が好きなデザインや柄、具体的な商品もリサーチ済みで悉皆🄬チェックしてあるような年上彼氏が用意周到に準備を済ませる。

どうせなら、一緒に居る時間にその商品を付けてみせてほしい。

まるでネックレスやアクセサリーを自分でつけてあげることを想像している男性も多い。

しかし、この時のしてあげたい精神はタイミングや状況により失敗となる可能性もある。

大きく差が出る部分をまとめていきます。

中学生彼女のクリスマスプレゼント渡し方で開封の価値

先ほど伝えたように、あくまで女性は最後を大切だと思っている。

恋人が相手に贈る商品を使ってほしいという理由で開けてしまう。

これって客観的に見たら、ちょっと変です!

いくら喜ばれる姿を見たいと思っても、食事を済ませて、最後になったタイミングに自分が新しく新調する気分を台無しにされたと考える人がいても不思議ではない。

学校に行く間の中で、こっそり自分の中での楽しみにしたいと思い、大事にもうしばらく使わずとっておく。

こんな考え方を持つ女性がいても不思議はない。

このような将来の夢も希望もすべてを一瞬で吹き飛ばすような行為をしているのです。

こう考えると、そんなことやっていいのか?という気持ちになりませんか?

やはり、女性というのは、いくつかのパターンで相手が自分を他の位置より高い特別な存在としていることを常に見ている。

だからこそ、変に兄のような感覚になって接してしまうことが失敗につながる可能性もあるのです。

 

中学生彼女というカテゴリーの難しさ

中学生彼女へのクリスマスプレゼント渡し方注意点

もし彼氏が同じ年の彼女に対してあれこれ考えているなら、相手はもう心理的には自分が高校生になった時くらいしっかりしていると思った方が良い。

さらに、年上の彼氏からしても、高2、高3や大学1年ていどであれば、中学3年生のしっかりした女子なら、ファッションだけでなく、恋愛なども簡単に男を子ども扱いして考えられるくらいのしっかり者もいるのも事実。

ただ単に夜景の場所を案内したり、ちょっとぜいたくなレストランなどを予約して時間を用意したりしてもすべてが価値と感じないケースもある。

その分のマナーはもちろん、その日に来ているあなたの詳細をしっかりチェックされている。

そして、そのすべてが自分への愛情の表現と感じているのが女性の怖さ。。

だからこそ、今彼女が単純に中学生という世代であるということだけで、初めてのクリスマスプレゼントを渡すことを考えているなら、今年はしっかり慎重にカバンや靴も含めて身なりをきちんと整えることから始めることが大切です。

 

 

 


この記事を読んだ人に人気のコンテンツ
私の体験に基づく悩み解消ページ
住宅ローン審査通過のコツディズニーデート成功法ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ