クリスマスプレゼント男友達へ5000円で告白ゲット方法

5000円予算で男友達へクリスマスプレゼント。

中学生,高校生,大学生,社会人など世代を問わずかなりの太っ腹な計画を女性が考える時、友達という立場だからこそ注意したいアイテムの選び方をご紹介しています。

クリスマスプレゼント男友達への5000円プランの考え方について、このページにご訪問頂きありがとうございます。

私も過去に女性に対して、相手が喜ぶのは何かとひっしにいろいろなギフトや女性向けのアイテムをネットで見たりしていました。

しかし、結局は普段の生活を知っている相手なら、選ぶのは身近なモノの方が喜ばれる事が多いことに気が付いた。

相手が好きなものの中でやはり贈ってもらうことを願う商品もあればあえて自分で選んで買い物を楽しみたいという商品は別れる。

クリスマスという機会を使って、まだ友達という関係の人だからこそ、意識してあげたいポイントや注意点を含めて以下の目次でご紹介していきます。

クリスマスプレゼント男友達へ5000円で何する?

クリスマスプレゼント男友達へ5000円でも失敗?

相手のことを恋愛として好きと思ったり、将来の彼氏候補として考えながら贈りたいと思う気持ちを持つ人も含めて贈ってから失敗したと思わない為の注意点としてご覧ください。


クリスマスプレゼント男友達へ5000円で何する?

男友達へクリスマスプレゼント5000円の使い道

5000円って高額ですよ!

大学生の彼氏へのクリスマスプレゼントでは近年の平均相場の中には、ゼロ回答というなしという状況を選ぶ人もいる時代。

予算の範囲以内という考え方はもちろん人により違うし、その差は大きい。

でもただ金額が多いことが好きの意味とつながる選び方ではありません。

何を選んだとしても最も大切なのは、自分の中で贈りたいという気持ちがあったという事実の方がもらった方も渡す法も両方が嬉しい素敵な時間になります。

5000円使って嬉しいを共感

相手の為だけに何かをプレゼントする!

クリスマスに向けて何かを購入する時、多くの人はどうしても異性のコーナーに立ち寄り、普段見慣れない対象を選んでいる光景が目立つ。

アクセサリーやファッションアイテム。

仕事向けとかスポーツ向けの機能性グッズ。

女友達から一歩上の相手の好みを知る女性となる為に必死に相手のおしゃれの特徴やクリスマスの特集をチェックしている。

でもそれって、本当にあなたが選ぶからこそ欲しい商品ですか?

その選び方はまさに彼女が普段の生活の中を知っているからこそその場にぴったりをシーンに合わせて選ぶ目線ではないでしょうか?

本当に必要なのは、今は彼女になる事。

この目線からは、きっと贈り物としてぴったりなのは、あなたらしい事ではないのでしょうか?

5000円とクリスマスという機会

20代30代と時間を経過させていけば、何でもそうですが、昔と少しずつ好みも変わってくる。

さらに本当に必要なものは何かを良く考えることも大切になってくる。

男性と女性がお互いに個人の時間を共有するイメージが強いクリスマス。

何を祝うわけではない。

ただクリスマスという機会を使って相手との距離を縮める。

こう考えると、5000円はより相手との距離を縮められる場所にお金を使った方がシンプルだと思いませんか?

つまり、食事に誘うということが私がビジネスも学生も問わずお勧めしたい使い方の特徴。

5000円のフルコースはダメ!

何が買えるかばかりを考えている人の気持ちは常に動揺している。

でも、食事であれば、冬という寒い時間を外でずっと過ごす手間も考えなくてよい。

1000円くらいで楽しむカフェを2軒行っても5000円で楽しめる。

このように、どこか時間もお金で買える気持ちを持つと、かなり今の時代は選択が広げやすくなる。

 

クリスマスプレゼント男友達へ5000円でも失敗?

男友達へのクリスマスプレゼント5000円注意点

私の知り合いが2017年大きな間違いを経験して相談をしてきたことがありました。

その方の口コミをご紹介していきます。

5000円が水の泡になったクリスマス

たくさんのモノを持ち、おしゃれな革小物を好む男性を好きになった。

その人の為になら、5000円も惜しくない。

こんな気持ちから普段革なんてなじみもないし、好んだこともない種類なのに、落ち着いたその人の雰囲気に合う商品を選ぶ事を決めた。

しかし、その結果は?

当日に渡すはずが、そのまま持ち帰るような結果になって帰ってきたのです。

なぜか?

彼女が選んだのが、最新の流行アイテムだった。

カラーとしてもその人にピッタリなのは1つしかないと思えたはず。

たった1個だけど、きっとこれが今の自分が選ぶ最適な商品。

こう思いながら、渡せる機会を狙っていた。

しかし、当日の身だしなみを見た時、すべてが終わった。

その人が当日身につけていた物の中に、まさに彼女が選んだ商品が入っていた。

素材やコスパが良かったから買ってしまった!

彼の楽しそうな顔を見て、オシャレだねと言ってあげる事が精いっぱい。

結果的に、ペアにしようなんてことも言えないまま渡す機会を失い、そのまま持ち帰り、彼と同じものを持っているという安心に切り替えることになってしまったそうです。

ある意味、切なかった。

でもこういうことは、雑貨でもネクタイでも何でも言えると思うんです。

結局はみな上品さよりもちょっとでも雰囲気的に値段の価値とは思えないような珍しい感覚に目を奪われている。

こう考えていくと、1個の商品にこだわりを持つということはあまり好ましいと思えない。

よっぽど女性も一緒に楽しめるのは、グルメやスイーツを共に楽しむという時間。

こういう楽しみ方なら誰でも自分の予算に合う店を探し、ちょっとでも雰囲気が良いと感じた場所に足を向けることが出来る。

一緒に有名なお店に入ることも5000円であれば、ジャンルによってはいける。

その日にカップル誕生になるようなシーンを期待するなら、ぜひそういう時に女子が自らの服装やマナーに意識を向けておくほうが男の目としても楽しみになる。

こんな考え方も参考にしてみてください。


この記事を読んだ人に人気のコンテンツ
私の体験に基づく悩み解消ページ
住宅ローン審査通過のコツディズニーデート成功法ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ