ディズニー子連れの中でも1歳の時には離乳食の子どもを連れて行くことも多い。

我が家も実際過去に2児の兄弟をそれぞれの離乳食のタイミングでディズニーランド、ディズニーシーに行ってきました。

この時の体験から、離乳食の持ち込みについてあまり心配をしてほしくないという内容をご紹介していきます。

私のサイトは、ディズニー大好きなパパが以下のような流れの中でディズニーリゾートに旅行した体験を主にご紹介しています。

付き合う前のデートやカップルデートのお泊りや告白。

結婚後に子連れや妊婦と子連れという体験をしてきた。

現在まで2015.2016.2017.2018と毎年恒例の子連れのディズニー旅行を日課にしています。

この記事を書いているこの日は、2018ハロウィン最終日。

本日から11月2日までの2泊3日のスケジュールで旅行に行く前にこの記事を書いています。

サイト管理人2児パパと申します。

今回の離乳食については、レストラン持ち込みの場所と方法について以下の目次でご紹介しています。

ディズニーレストラン持ち込みの準備

ディズニーレストラン持ち込み注意点

ディズニーレストラン持ち込みお勧め

実際に、我が家も意外と子どもたちは、食に対して、こだわりが強かった。

好き嫌いがあると感じるパパママにこそ大切にしてほしい内容としてご紹介していきます。


ディズニーレストラン離乳食持ち込みの準備

 

ディズニーレストラン持ち込みをする時にはどうやって持ち込むべきか?

この点を体験からご紹介していきます。

離乳食は、ベビーバッグで持参しよう

ディズニーのレストランにはベビーカーを中まで持ち込みができない場所もあります。

ディズニーランド

れすとらん北斎

イーストサイドカフェ

ハングリーベア・レストラン

ザ・ダイヤモンドホースシュー

グランマ・サラのキッチン

クイーン・オブ・ハートの

ディズニーシー

れすとらん櫻

私がわかる範囲で上記の店については、ベビーカーを中の預かりエリアに預けます。

よって、ベビーカーと一緒に持ち歩くというのは難しいです。

ですので、必ず手持ちのおむつや着替えなどを入れて持ち歩くベビーバッグで持参をするようにしましょう。

我が家が愛用しているのがレスポのバッグ。

キャスキッドソンもお勧めです。

このようなバッグで持参をしておきましょう。

 

ディズニーレストラン離乳食持ち込み注意点

ベビーカーに抱っこ紐、着替えや秋冬には寒くなったとき用にアウターなどを入れる準備も必要。

このような中で、持ち込みをする時の注意点を体験の感想からご紹介してきます。

レストランに入る前にバッグの中身チェック

席に案内されてからの出し入れを探す光景は意外と周りの目も気になるので、大変です。

実際に、食べる場所に足を運ぶ前に事前に荷物の中身を入れ替えて、すぐに出せる状況を用意しておくことをお勧めします。

レストラン利用時の開ける量もチェック

おかずと主食などを含めて持ち込む食材の量も必ず先に用意しておきましょう。

子どもが食べる量も食欲などにより大きく違うと思います。

何より不慣れな環境での周囲が気になってしまうような性格の子の場合は、なかなか食が進まないということも考えられます。

できる限り、いろいろなメニューを開けて出す必要がない持ち込み方法を選ぶ事がお勧めです。

(実際我が家もこの食べない時間に苦労をした体験を持って実感しました。)

 

ディズニーレストラン離乳食持ち込みお勧め

 

ディズニーへの持ち込み離乳食をいつ購入しておくべきかをご紹介していきます。

ディズニーパーク内でも離乳食は販売されている?

ディズニーパーク内にも離乳食は販売しています。

ディズニーホテルでの夕食などの離乳食販売は?

アンバサダーホテル、ディズニーランドホテル、ミラコスタなどのディズニーホテルのコンビニ内でも離乳食は扱っています。

このような場所で今回の食事のメニューを親の食べたいメニューと合わせて購入する。

この方が子供にとっても違う食事を味わうことがないので、環境に合わせやすいとも言えます。

もちろん、プライオリティシーティングなどで事前のレストラン予約を済ませている場合は、その日の天候や気温などにより長持ちするものを選ぶのも良いと思います。

でも、可能な限り保温や温めの機能を必要とする食品は避けておくことをお勧めしたいです。

もっと簡単に開けてすぐに食べられるメニューで用意してあげてください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。