付き合う前の初デート場所選び失敗後悔スポット!大学生,高校生は何に配慮するべき?

付き合う前のデート場所選び高校生は?

付き合う前のデート場所選び大学生は?

付き合う前のデートという課題で最も心配が多いのが場所。

予算

・雰囲気

・学生や社会人20代30代の立場的事情

少しでもいい格好を見せようと思う男性が多くなりやすい学生時代。

初デートは印象に残す必要がある。

食事に誘い出すのも店選びが重要?

私もよく高校生と大学生を比較するような場所選びに悩んだ日々を思い出します。

付き合う前ディズニーデートについてもご紹介しています。

付き合う前ディズニーデート 脈あり 会話

付き合う前のディズニーデートで脈あり会話や仕草・行動を簡単に見抜くコツ【男女別】

デートにはドタキャンしてくる男の悩みもネット上では増えている。

付き合う前デートドタキャン男の特徴

付き合う前デートをドタキャンする男の扱い方や遭遇しないための女が身を守る術

初デート成功判断成功体験記

初デート成功判断要素|結婚できた体験からまとめてみた

初デート場所30代成功体験記

初デートの場所30代が選ぶ時女性が喜ぶポイントや成功のコツ

婚活初デート場所成功体験記

婚活初デート場所の選び方はシンプルこそがうまくいくカギ!成功体験記

付き合う前デート場所失敗典型例

付き合う前デート場所で男が失敗しやすい思考パターン

付き合う前デート場所選びの失敗後悔対策大学生高校生

付き合う前デート場所選び失敗後悔スポット

付き合う前デート初回1回目誘い方場所

付き合う前初デート1回目誘い方新しい方法を発見!場所や服の注意点

しかし、現実として、期待している事と期待していない事を最近学生との話を聞く中で面白い事がわかりました。

この記事では、

付き合う前デートの場所失敗後悔する原因

付き合う前デートの場所失敗後悔スポットの典型例

付き合う前デートの場所失敗後悔を防ぐ最も簡単な方法

この記事を通じて、成功をさせようとするのではなく、まずは失敗しないデートの場所選びを知ってみてください。


付き合う前デート失敗後悔原因と場所

付き合う前デート場所の失敗後悔原因

付き合う前という時期にデートの場所を決める時失敗後悔する原因をご紹介していきます。

付き合う前のデートで失敗後悔する原因1.よくある

無難な場所を選ぶ為に情報を探す。

この行動を10代や20代は特に意識します。

しかし、こうした情報収集は失敗後悔原因にもなります。

何故か?

個性という概念が全くなくなるから。

お手本通りだね!

あぁよくある!

あのサイト見たのかな?

もう相手も当たり前に同じようなサイトを見てる時代。

勢い良く情報サイトを検索しても効果はありません。

付き合う前のデートで失敗後悔する原因2.私とデート?

よくある失敗後悔するデートの場所選びは、誰と行く場所?という選び方。

友達とは楽しめた場所

過去のデートで行き慣れた場所

相手が好きだと聞いた場所

少ない情報から必死に寄せ集める事がデートの場所選びでしょうか?

違いますよね?

あくまで、あなたと相手がその時期、そのタイミングとお互いの状況だから選んだ場所。

こうした意味を込めて選ばれていない時間つぶしスポット。

こんなイメージが伝わるデートの場所選びもかなりの確率で失敗します。

付き合う前のデートで失敗後悔する原因3.自分主役?

前から行きたかったスポット!

これを伝えたいのは、女性を優先にしなければいけません。

男性が前から行きたかったスポット!

これって、自分が行きたいが優先の考え方。

女性の行きたかったスポットは、彼氏や想い人と行きたかった場所。

扱い方や発想は全く別物なんです。

男性がデートの場所を選ぶ際は、自分の行きたい場所選びを優先するのは十分注意しましょう。

デートは、エスコート。

この言葉を実行できる環境を冷静に選んであげて下さい。

では続いて、

付き合う前デートの場所で典型的な失敗後悔スポットをご紹介していきます。

 

付き合う前デート参考データと場所

付き合う前デートの場所失敗後悔スポット

付き合う前のデートで失敗の典型的な失敗例を理由を含めてご紹介していきます。

付き合う前デート失敗典型例1.天候との相性

付き合う前のデートを考える際に、天候を気にしない選び方も失敗後悔の基になります。

映画館

ショッピング中心だけどアーケードが少ない

カラオケ、ダーツなどのまんが喫茶等

こうした雨なら人が集まるだろうと容易に想像が付くスポットをデートに選ぶ。

節約、時間をゆっくり過ごせる。

この2つに該当しますが、結果的には会話もしづらい。

結果としてお互いの心の距離を縮めるには程遠い無縁の時間となります。

付き合う前デート失敗典型例2.体力と予定

体力を検討せずに歩く距離がムダに長いデートスポット

靴の状況も見ているはずなのに、段差が多いコースを選ぶ

翌日かなり動かなければいけないと言ってたはずが考えてくれていない

こうした相手の翌日や今日の行動を制限して欲しい事を意識した靴選びを全く無視。

前日までに決めておかなければいけないと必死になり、その日の気分等を考える余裕が無い。

これは、

将来もこんな感じになるのか?と配慮を感じられない結果となります。

付き合う前デート失敗典型例3.どうする?

質問をして答えを待つ決め方。

この決め方は、結果的にお互い言いたい言葉も言えない環境になります。

「行きたくないけど決まらないならまあ良いか。」

こんな付き合う前のデートに未来がありますか?

疲れそうだと思われた時点で結果は見えてます。

少しでも相手を気遣い、選択する。

こうした結末を迎える為にはどうすれば良いのかを最後にご紹介していきます。

 

付き合う前デート失敗対策と場所選択

付き合う前デート場所選びの失敗後悔対策大学生高校生

大学生、高校生という体力はあっても、デートであるということを意識した選び方。

どうすれば無難な選び方が出来るのか?を学生との会話から聞くことが出来ました。

大学生、高校生世代が考える付き合う前のデートの無難な決め方

「しょせん、その日の気分は解らない」

「なぜそうすると最初に決めたがるのか解らない!」

女性からの声はこの意見が圧倒的に多かったんです。

・寒いかもしれないし、むくむかもしれない。

・何を着て行きたいかも当日選ぶのが楽しみ

今を生きる女性達というのは、先々を明確にするのが苦手。

その気持を全く考えない男性からのもうアプローチ。

これでは、女性は静かに見送るしか出来ません。

そして、

「次は無いな!」と静かに心に決めてしまいます。

男は必死に考えてきた自分の何が悪いのかを考えます。

そもそも考え方が違う事を意識しないのです。

よって、

無難な決め方として最も簡単なのは、服装で合図を決める事。

ヒールを履いてきたら、歩かない距離を優先。

パンプスを履いてきたら、歩かせない方がいい?

スニーカーを履いてきたら、移動時間多めで可能?

こうした服装の一部から、選び方の目安を決めるようにします。

デートにかけるお金も予定も前日に何か入ることも十分にありえる学生時代。

だからこそ、

予算も何もかもを当日に女性の気分に合わせて候補を絞り込む。

これが一番外しの少ない付き合う前デートのプランとなります。

女性を優先してあげて下さい。

男性は相手のためという言葉を用いて、自分の型にはめる行動にだけは十分注意!。

これが私が学生との話をするきっかけに聞けた安心を貰える答えでした。

男性なら、あなたが考えてあげたという言葉を使うのは、間違い。

女性なら、貴方がその日の気分を示すのは言葉ではなく、服で。

これがお互いを傷つけずに、スムーズに候補を決める簡単なデートのプランつくり。

まだ色々悩みがある方は、ぜひ一度は試してみてください。

きっと、事前準備が気持ち的にもすごく楽になりますよ。

 

時代に合わせた誘い方と場所の選択

もう今の時代は誘うのも誘われるのもどこか恐怖心が先になる。

恋愛や婚活関連の中には、騙されたとか裏切られたという特徴が目立つ時代。

いくら好みの相手と思ってもモテそうと思った瞬間に身構える女子。

モテる男には周りにも女がいるはず。

もしかしたら他にも知り合いの女が多いのかな?

こういう点が手を出すのが早いかもなんて目で見ているのも現実。

付き合ってみたいと思ってもどこか自分からは手を出せない。

この心理の背景までどこか遠慮するなどのサイン関係もきちんと見抜く事が重要。

話題や流行ネタは付き合ってから

まだ付き合う前のデートのプランにいきなりカップル向けを選ぶ必要はない。

これから先一緒に行ってみたいと思うのは自由。

でも最初は相手のドキドキを悪い意味で緊張をしすぎない環境を作る事が重要。

ngになるような服装があるところに案内してもらうことに嬉しいと思う女性はいない。

できれば今一緒に行くのは避けたいと思われるようなところに流れで案内された。

このような経験をしたら絶対次はない。

好みのタイプとか告白なんてことよりもまずは2回目につなげる配慮。

これが最も重要になる。

映画、水族館、夜景。

カップルデートにオススメみたいなサイトの情報は多い。

インスタ映えやsnsでの投稿に役立つスポットも1回目の付き合う前の相手と2人で行きたい?

これがポイント。

あくまで出会いの先にまだ恋人同士のプランも待っている状態。

だったらまずは女子の希望を確認。

そして、何も言えない系の子なら誘ってよいのかくらいの内容から入っていく時間が必要。

時間の過ごし方がプランには重要

ただ食べて会話してなんて必ず時間を過ごす仲で経験するだろうと思っていることも実はとてもハードルが高いと思っている人もいる。

まだまだ相手の事はいろいろ分からない状態。

楽しんでほしいと思っている対象ももしかしたら共感しにくい内容だったらどうしよう?

こう考えるくらいなら素直にその気持ちを話しましょう。

無理に盛り上がりやすくなるようなスポットを選ぶ必要はない。

相手にとって長時間いても苦痛にならない程度の環境を用意する。

場を作るということに徹する。

その後の2回目、3回目と回数を重ねることにokになって楽しいと思える表情が出てきたらもっといろいろな「初めて」を思い出として残す。

これが本来心から相手が楽しめる条件につながる。

成功を求められているわけではない

最初は、好きな人で好意がちょっとでもある人でもうまくやろうとするのが重要ではない。

あくまで相手が自分を知る時間。

そして、自分も相手をチェックする。

たくさん話のネタがある時にも完全に沈黙をするような必要があるような店に行かなければいけないのでは意味がない。

オシャレを楽しみたいのに、完全に場違いになるコーデでは意味がない。

このように、1宇1つが紐付けば、きっと相手の望むことが理解できてくる。

恋愛はどこかゲームの舞台を設定しているような感覚としてとらえる部分でもある。

もちろん仕事などの流れやお酒に強いと知っているとか好むと事前に知っていてお互いが望むならいきなり居酒屋というのも社会人同士ならあるのかもしれない。

いずれの案もダメではない。

でもその背景に可能な限り相手の不安を考慮する事が大事。

モテるの王道は気軽を配慮してあげること

ファッションも簡単でいつでも誘ってもらって困らない店。

このくらいの感じならまた来ても大丈夫と思えるだろう。

もしかしたらこういう店を普段は選ばないかもしれない。

誘う場面によっては、どんな服装を選ぶか困るというシーンも多い。

こうなると気分が重要な女性にとっては、その日の身体の状況もあってもしかしたら嫌がるかもしれない。

こういう気分で困っちゃうことを避けることが重要なんです。

その配慮が頭に入る人なら、常に以下の7つのバランスを考える。

  • 移動距離や所要時間
  • 店で過ごせる時間の限界
  • その日の服装を考えなくてもよい周辺環境
  • 会話がしやすい空間や個室対応
  • 沈黙が続くようなときのサブ候補の選びやすいスポット
  • 帰宅するのも簡単なアクセス情報
  • 天候に合わせやすい条件。

あなたと一緒にいて親しみや親近感を抱かせやすい店を選ぶ。

この配慮があればきっと大丈夫。

別に完ぺきな自分の趣味や興味を反映したプランなんて相手は期待していない。

場の空気が続かない時にサッとその店から連れ出し、もっと簡単に感情をコントロールしやすいスポットに案内する。

こういうのがエスコートするってことなんです。

この記事でご紹介したかった内容は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

 


この記事を読んだ人に人気のコンテンツ
私の体験に基づく悩み解消ページ
住宅ローン審査通過のコツディズニーデート成功法ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ