30代結婚できない女脱出方法|アラサーを奥さんに選んだ経験者が魅力を解説

30代になってしまった。

こう嘆くのは男も女も同じなのかもしれない。

彼氏ができない。

彼女ができない。

さみしい人生。

彼氏ができても浮気に悩む。

一人暮らしの空間でだれも訪れない寂しい空間。

彼氏の作り方を知っても別れる理由が怖くてなかなか一歩を踏み出せずにいる自分。

バレンタインや誕生日のプレゼントや旅行なんてことにどこか冷めた感覚を持つ自分。

周りの友達も徐々に彼氏を作るとlineの連絡も音信不通になっていく日々。

そんな経験を30代で感じ始める女性は多い。

妊娠、出産、子育ての先にママ友との交流。

いつしかパートナーという存在の意味を自分が周りを祝福することすらできなくなっていく。

そんな自分にこう考える人もいる。

「なぜ30代で結婚できない?」

結婚できない女の特徴とかいろいろなサイトを見て自分と照らし合わせる。

そんな時、彼女という言葉に敏感になっている自分がこれから先どうしたら結婚という結末にたどり着けるパートナーを見つけ出せるのか?

そんなことを考えていなかったのが私の妻です。

妻は、30歳で私と結婚を決めてくれました。

私たちが結婚の予感という感覚をもった経験についても過去の記事でご紹介しています。

付き合う前結婚予感体験記

付き合う前から結婚する予感実体験その後は幸せなのか?口コミ

今回の記事では、30代で結婚できない女を脱出するための考え方について、以下の項目でご紹介しています。

30代結婚できない女の脱出方法

30代結婚できない女の負の連鎖

30代結婚できない女の空回り

自分が何を求めて生きていくのか?

今はもう美人だから結婚ができるとかそんな言葉は通用しない。

初めての彼氏を作る上でも結婚前提と言わなければ将来別れる理由や結末を恐れない生き方が出来なくなっている女性も多い。

もっと自分に自信を持ってほしい。


30代結婚できない女の脱出方法

30代結婚できない女脱出方法

私は正直今の時代に恋人ができないと悩む人の多くが抱える悩みは共通点があると思っている。

男女という違いや価値観、心理といった言葉が先入観を生み出す。

ランキング、平均といった文字が自分の立場を見極めるポイントになっている。

こういう他者と自分を比較することで自分の存在意義を確認しようとしていることがそもそもの間違いだと伝えたい。

自分の生き方に誇りと目標を作る

そもそも人の魅力って何だろう?

男は見た目で女を選ぶ。

彼氏がいるかを確認しようとする時には、まずはその子の財布や腕や脚の長さや細さばかりを気にしている。

こういう思考を前提としている人ほどやはり20代から30代になった時、周りと少しずつ違いが出てくると私は感じてしまう。

一人暮らしになれたところで花嫁修業ができるわけではない。

今の時代はアラサーからアラフォーにシフトしなければ、収入や恋愛経験、そして結婚に対するイメージが感じられない男性も増えてきた。

結果、どうしても彼女にしたいと男が選ぶのはどんな人なのか?

この答えに対して、30代こそ感じてほしい事がある。

それが、自分の世界観を持っているのか?

これがまず最初の1歩になる。

ネットで調べる内容に差をつける

独身の割合なんて言葉や一生結婚できない人の割合。

こんなことばかり見ている人はどうしても自分のマイナス面にしか目を向けない検索をしている人も多い。

彼氏が実家暮らしの場合は結婚で家を出てもらうのは難しいのか?

嫁姑などのトラブルは面倒だ。

どこまでも彼氏の存在を結婚という背景を含めて敏感にしている女性は多い。

結局こういう部分から男性は結婚をどうしてもしたいと思うような女性の魅力を感じにくくなっている。

もっと独身女性が人生を楽しんでいる姿を見たいんです。

 

30代結婚できない女の負の連鎖

30代結婚できない女の負の連鎖

今の自分には何もできない。

もっと結婚をする準備をきちんとしなければいけない。

花嫁修業。

こんな言葉にとらわれすぎている女性も最近は多い。

その背景には、習い事や女性専門のサービスの普及の影響も強い。

エステで毛深い自分の体を改善することが彼氏が萎えるのを防止する事かもしれない。

この感覚に近い自分への投資という感覚が少ない。

習うより慣れろという言葉が社会にはある。

今の自分の楽しめるきっかけを持たないままただ女磨きをしようとしても結局は自分のやっていることはまだ見ぬ男のためという思惑が透けて見える。

これでは、やはり何をやっても結局その姿を女性の魅力以前に「あなたの魅力」として見てくれる人は少ないのです。

 

30代結婚できない女の空回り

30代結婚できない女の空回り

女性はどこか今の自分と共感ができる内容に取り組む傾向が強い。

トレンドを意識して、どこか周りと同じことを実践する。

周りに取り残される事が怖い。

アラサーの独身女になったあたりから、

30になった女性像という意識が過剰に働くようになっていく。

社会に取り残される怖さ

早くに彼氏を作ることに成功した人も結局自分のやりたいことが見つからないまま子育ての時間に入ったらどうなる?

その後の結婚で旦那が転職相談をしてくる頻度が高いことやすぐに仕事を辞める行動に精神的ストレスが蓄積している人も多い。

結果、独身のときよりみじめな生活と自分で感じながら三十路という言葉に焦りを持って生きている人も少なくない。

自分に今恋人がいないなら、別に周囲の割合などよりももっと見ておくべきことがある。

それは、結婚よりも離婚の件数が上昇している現実。

こうした現実を知っておかないと結局は彼氏を作ることに焦りばかりを感じた時はどうなる?

作った先では強引に彼氏を結婚に合意させる。

こんな先に旦那となってから別れる未来の方がさらに辛いのではないでしょうか?

結婚をしたいは自然に感じるもの

どこかサプライズを期待している自分。

きっかけを探したり、求めたりしている自分。

こういう時ほど結局はうまくいかないのも恋愛だと私はよく伝えている。

結局は、人を幸せに導く出会いというのは、その人自身が幸せを実感している時に訪れる者なんだと思う。

だからこそ、年齢で結婚を諦めるという考え方も私は反対だ。

アラサーとして29歳の自分の見た目を気にする女性。

この時彼氏がいない自分に焦る。

ヴィトンの人気の財布を持ち歩き、過去の男性にプレゼントされたお気に入りの服を着こなし、必死にアピールをしようとする姿に周囲はどう感じるだろう?

「友達も彼氏もいないのかもしれないなぁ」

その人の幸せそうな感じはあくまでブランドや高級品に包まれた姿から感じるものではない。

もっと内面からその人にはわからない魅力が出てくるもの。

初めての彼氏ができた時多くの女性が経験していること

10代20代の頃に彼氏ができた時あなたは周りからこんな言葉を言われたことありませんか?

「何か変わったね」

本人には何も自覚がないことをバレンタインや誕生日に彼のために予算を関係なしに何かプレゼントを選ぶあなたに周りは幸せそうという言葉を使う。

しかし、実家ではあなたのしんどい感じをすぐに察して、「今の人とうまくいっていないの?」と心配をされる。

これって、つまりは女性が彼氏を存在することに価値を見出している時の典型例。

そもそも彼氏の意味は?

この言葉をもう一度考えてみて欲しい。

ただ彼氏持ちという所有物みたいな感覚を捨てよう。

もっと、内面からあなたが自然でいられる人と過ごす。

恋人になるきっかけなんてその人との生き方や価値観の共有から始まる事の方があなたを幸せにしてくれる。

これを恋人ができない時こそ、作れない理由よりも大切にしてほしい。

「本当の自分らしさに気付いてくれる人と出会う。」

これが本来の理想の恋人の条件なのではないでしょうか?

その人に巡り合うには、まずは自分が周りを気にすることよりも自分らしい生き方を追求する。

ココから始めなければ何も始まらないのです。

人見知りの妻が29歳で結婚した私との出会い

彼女は私の理想の存在でした。

私の好みの見た目的容姿の持ち主。

仕事、お金、人生設計などの価値観の共感。

こうした姿を初めて会ったその日から同棲まで毎日デートをしていた関係になってしまった。

それまでは自由奔放に全国にドライブに行ったり男女問わず遊びに行く人だった。

でもその行動力に惚れた私。

彼女が自分に好意を持ってくれている。

この言葉をすべて信じて受け入れた。

見た目に別に特徴的なパーツもない自分。

20代でバツイチになり、その後少し一人暮らしをして、出会った当時32歳で実家暮らしだった私。

こんな対象にまだ初婚で未婚だった彼女が一緒になることを決めてくれた。

これって、ある意味、生き方でしかなかったと思う。

もう今の時代にデータなんてことを考えてもしょうがない。

もっと目の前の自分の生きている地域や活動可能な範囲で自分らしく生きる方法を考えてほしい。

そこからすべては始まるんだと思う。


この記事を読んだ人に人気のコンテンツ
私の体験に基づく悩み解消ページ
住宅ローン審査通過のコツディズニーデート成功法ディズニー子連れ体験談ディズニーランドシー妊婦体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ