彼氏からの束縛がひどい。

メールや電話、LINEの連絡も頻繁にしないと怒られる。

飲み会や友達と遊びに行く時にまで鑑賞してくる。

1ヶ月、3ヶ月、5ヶ月、いつまでたっても何も変わらない。

それでも一緒にいる時には優しいしルックスも好み。

このまま一緒にいたらそれなりに幸せな時間を過ごせるようになるのだろうか?

人生を決断する大きな要因となる恋愛とその先の結婚という未来。

時間を無駄にしたくないのは女性の方が強い。

妊娠、出産、子育て、老後までの時間。

自分の仕事と貯金などのバランス。

出会いがないとか少ないという現代社会だからこそ、焦りと不安も強まる。

しかし、結果的に惰性として今いる彼氏への不満や不安はすべて女性が我慢することが答えなのか?

実際に離婚も経験して、今は再婚をして、新しい家族を築き、感じた幸せのカタチとは何かを触れながらご紹介していきたいと思います。

これまでにも彼氏との結婚という視点について、女性に多い悩みをご紹介してきました。

サイトで出会った彼氏の存在への不安。

サイトで彼氏作る

サイトで彼氏と出会った人は結婚しても離婚している?

結婚プロポーズはいつ

結婚プロポーズはいつ?バツイチ再婚成功体験記

結婚プロポーズなしの男性心理

結婚プロポーズなし男性の特徴や心理と将来の不安

彼氏プロポーズさせる成功法

結婚プロポーズさせる作戦の王道とよくある失敗典型例

サイト管理人2児パパと申します。

今回の記事では、束縛彼氏の特徴と結婚を見極めるポイントを以下の目次に沿ってご紹介しています。

束縛彼氏の特徴

束縛彼氏と結婚

束縛彼氏と未来

自分の相手はどうなるのか?

こんな答えを誰もが悩み、常に不安と不満をどこかに抱えて生きている。

でもその中でも何を重要視した上で決断するべきか?

この答えを探す一つの考え方としてご覧ください。


束縛彼氏の特徴

束縛彼氏の特徴

子供じゃないんだから!

そんなに信用されていないの?

女友達ではない。

彼女という存在になった後になってから急変。

こんな悩みを抱えていませんか?

私の周りでも「それは束縛だよ」と伝えた時に驚いていた男性の特徴をご紹介していきます。

束縛彼氏の心理

最も特徴的だと感じたのは以下のような彼女への気持ちでした。

  • 信用ではなく、私物化の気持ちが強い。
  • 独占欲という言葉が度を越えている状態。
  • 他の人の意識に対しての認識や察する能力に自信がない。

どんな相手にどういう反応をすればよいのか?

このような対人関係における対応能力がどうしても乏しいと感じてしまうことが特徴的でした。

束縛彼氏の成長

では実際に将来は変わっていく可能性があるのか?

この答えにもちょっとした私なりに感じたことがあります。

  • そもそも束縛しているという自覚がないため、何を改善するべきかが見えていない。
  • 彼女から自分の行動に対して指摘を受ける事に対して、拒絶されていると思う傾向もある。
  • 自分の愛情表現は大切にしている行動だという過信を止められない。

結果的に、成長という言葉は、気付くことが重要になります。

ですから、現実問題として相手が困っている事に対して、「何が困っているのかわからない」

これが答えになっている間は成長という期待は難しいともいえるのです。

 

束縛彼氏と結婚束縛彼氏と結婚の決断

私も女性からの束縛的な行動を経験した事があります。

その経験空も危惧した結婚という将来性についての考え方をご紹介していきます。

束縛の果て

相手の行動をある種制限している。

その行動は、結婚後の仕事や子供が関わる親同士の交流という場面にも話が広がっていく。

  • 子どもが同級生のママ友と子供を含めて遊びに行く時でさえ、干渉される。
  • 仕事の付き合いで残業などがある時にストレスが夫の行動にも広がっていく。
  • 自分の時間という考え方が完全にふさがれてしまう人生の可能性。

こうしたどこかで自分の時間や一人になりたいと思う時、どうすればいいのか?

この答えが今のままの生活では、手に入らないこともどこかで心配をしておくべきではないでしょうか?

愛情表現としての認識

親離れできない子ども。

こんな気持ちで接することが出来る女性もいると思います。

心配なだけ。

そこまで心配してくれている。

そんなに自分のことを考えてくれている。

このように考え方を持つことが出来る女性には正直一生幸せを感じられる行動なのかもしれません。

毎日電話してくる彼氏がうざいという人もいれば、こまめな連絡をくれる安心ととらえる人もいる。

ですから、愛情表現イコール束縛と言う認識を自分の中でも持つことが出来る人にとっては幸せな未来もあると思います。

束縛彼氏と未来

結果的に、交際から1年、2年、3年と経過していても相手の行動は何も変わっていないということもあると思います。

この場合は、そういう人である。

それでも自分は今のそういう部分を含めて相手のことが一番大事だ。

これを素直に自分が言える人とはいつまでも一緒にいられるというのが答えだと思います。

私は無理です。

今の妻との時間でもお互いのプライベートにしたい時間には一切連絡をしていません。

その代わり、連絡を必要としているという時には、必ず互いが連絡を意識している。

この位の距離感が私にとってはちょうどよい。

むしろ、毎日とか仕事の行き帰り、出かけた先と帰る時。

こんないちいち晩御飯用意の為の時間連絡みたいな事までは必要としない。

あくまで、何を相手からの愛情表現として考えているのが自分らしい自然な状態なのか?

これを今の彼氏にだけ捻じ曲げた考え方をしてしまうのは間違いです。

あなたの人生はあなたのものであり、相手により強制される事が幸せとは限らない。

言われた通りにしているだけが楽ということにはならないのが今回のような強要に近い行動。

やはり、付き合いきれないと思えば、その意識をしっかり自分の未来のために行動につなげることが大切なのではないでしょうか?