ディズニーグッズはたくさんある。

ファッション(服や雨具も)

衣類小物(タオル、ハンカチ等)

アクセサリー(バッジやネックレスなど幅広い)

文房具や雑貨

キーホルダー

子供用の玩具

大人まで楽しめるトミカ等

お菓子(チョコレート、クッキー、おせんべい等)

インスタント系食べ物(ラーメン、お吸い物)

デジタル物(DVDやCD)

2019年4月イースターに東京ディズニーランドと東京ディズニーシーに行ってきました。

うさたまとうさピヨという2つのデザイン関連のグッズも数多く登場している。

さらに、東京ディズニーリゾートとして、ランドの36周年。

パーク内の販売の一部がケースに飾られているだけでも、かなり春の装いや限定のコスチュームを身に付けたぬいぐるみなども発見できた。

こうした中で、ディズニー・イースター関連ではありませんが、長い時間少しでも純粋に子供の玩具として楽しんでほしいと思うアイテムをご紹介していきます。

今回の2019年ディズニー・イースターのお土産関連記事は以下のような内容もご紹介しています。

ディズニーままごとおもちゃ2019イースター購入ブログ

ディズニーままごとおもちゃ姉妹用購入体験ブログ2019

ディズニーイースターカチューシャ2019購入体験ブログ

ディズニーカチューシャ2019イースター4歳6歳お土産チョイス画像付

ディズニーシーお土産4歳女の子イースター2019

ディズニーシーお土産4歳女の子購入体験ブログ2019イースター

ランドとシーどっちのお土産も買う方法

ランドとシーどっちのお土産も両方買う方法!2018冬3歳子連れ体験記

ディズニーポップコーンバケットイースター2019ダンボデザイン

ディズニーポップコーンバケット2019イースター購入感想ブログ

何個も買えない。

でも東京ディズニーリゾートに来たなら、少しでも新デザインや誰かのキャラクターをモチーフにしたアイテムを買ってあげたい。

こういう時にちょっとでも簡単に購入出来たちょっとした時に使える。

こんな探し方に役立つアイテムをご紹介していきます。


ディズニーおすすめお土産2019イースター体験記

 

子連れの場合にどうしても楽しむのが難しいと悩むのが、各イベント限定で開催されるショーやパレード関連。

子供をずっと抱きかかえてみているのも大変。

かといって、場所取りに1時間前から座っているのも時間がもったいない。

少しでもアトラクションをたくさん経験させてあげたい。

こんな時には、スペシャルイベントなどをちょっとでも楽しませてあげるためのアイテムがありました。

それが、双眼鏡という玩具。

サイズ的にも子供の手に収まる感じ。

実際の玩具の画像は、↓

ディズニーシーお土産玩具2019イースター体験ブログ ディズニーシーお土産玩具2019イースター

もちろん遠近などの調整は不可でフリーの状態でしか楽しむことはできません。

キャップなども付いていないので、レンズが汚れると見にくくなります。

でも、カチューシャやtシャツなどを着せて楽しませてあげる際にも、アトラクションやレストラン以外での実際のパレードは子供にとっては見るのも難しい対象の1つ。

そんな時に目や耳で少しでも楽しませてあげられるのもこの玩具のメリット。

でも仰々しい大人用のアイテムを持って行ってもそれではなかなか使うのも大変。

子供の目の幅と持ったときの楽しみ!

こんなちょっとした喜びを届けてあげることで十分満足してくれるのではないでしょうか?

双眼鏡の今回のお値段は?

子供向けの玩具が多数ある中で、今回この玩具の価格は、1600円。

 

ディズニーシーでお土産の双眼鏡は使えた?

2年ぶりと前回同様のうさぎとたまごをセットにしたヘンテコすぎるキャラクターを追いかけるパレートを楽しめるのがランド。

うさぎとヒヨコという表情があるけど、どこか突拍子もない組み合わせで登場しているディズニーシー。

いずれの場面でもちょっと覗いてごらん!

距離が近いとかなり大きすぎて、いっぱいに広がってしまう。

でもお客さんが多数もう待っているような状態で遠くから眺める時にはちょうどよい感じ。

ディズニーキャラクターはもちろんの事、ある程度の子供の手に持たせて任せてあげれば、なんとか楽しめるような感じがしました。

まあこの混雑の量の時にしか使えないというのもありますが、これはこれで良い思い出になったと思います。

今後はどんな玩具で楽しむことをご所望されるのか?

姉妹ともども一緒に楽しむから、徐々にお姉ちゃんは便利とか何か着せ替えなどの衣装に走りそうな気がして、ちょっと値段が高すぎることを心配しています。

今度はしばらくはいけないかもしれない!

でもまあ家族旅行ではなくてもパパ抜きで今度は楽しんできて欲しいと思います。