1000円の予算でクリスマスプレゼントは安いのか?

男性に贈るクリスマス用のアイテムで1000円なら何に使う?

女性が男性に贈るクリスマスのギフト。

誕生日とも違うし、人気アイテムやランキングで紹介されているようなグッズも難しい。

でもせめて何か用意をして贈ることはしてあげたい。

クリスマスプレゼント男友達への1000円の選び方について、この記事にご訪問頂きありがとうございます。

おしゃれが好き。

人気や最新の関連アイテムが紹介されているとつい見てしまう。

こんな対象の人も多い12月。

でも気が付くと、使えるお金はもう1000円が限界。

こんな予算で自分が好きで特別な相手だと思っている人に何かを用意する商品選びなんて都合がよすぎるのか?

いいえそんなことはありません。

私のサイトでもクリスマスプレゼントについては、以下のような内容をこれまでご紹介してきました。

クリスマスプレゼント男友達中学生

中学生男友達へのクリスマスプレゼント

中学生という世代あての選び方についてご紹介しています。

中学生男友達へのクリスマスプレゼント安価で無難な選び方

クリスマスプレゼント男友達高校生

高校生世代の男性へのプレゼントはどうすればいい?

高校生男友達用クリスマスプレゼント喜ばれる選び方

クリスマスプレゼント男友達大学生

大学生男友達クリスマスプレゼント

大学生は新社会人のビジネス用?1年、2年はどうするの?

大学生男友達へのクリスマスプレゼント選択肢と成功法

クリスマスプレゼント男友達社会人

社会人男友達クリスマスプレゼント選び方

社会人の男友達の場合は学生とは何か違うのか?

社会人男友達へのクリスマスプレゼント無難な成功法

今回は予算別の1000円プラン。

実際に喜ばれる方法はいくつもあります。

もらって嬉しいと思える対象をどうやって探すべきか?

こんな考え方を意識しながらご覧ください。


男友達へのクリスマスプレゼント1000円計画

社会人男友達クリスマスプレゼント1000円

私は今はもう付き合う前、彼氏彼女という時間を過ごし終えて、2児のパパになっている。

育児をしながらつくづく子供の頃は好き勝手やっていたと気が付くことが非常に多い。

実際に、特別な時間という感覚や相手が喜んでいる光景を見る時、ギフトという考え方を持つ上で、1000円は使い方次第だと感じる事があった。

1000円ギフトでも贈り物次第

冬のギフトとして、思いつく商品は何でしょうか?

以下のようなアイテムが冬の贈り物としては定番的存在ではないでしょうか?

  • チョコレートやコーヒーなどの飲料や食べ物。
  • 香りを楽しむインテリアグッズ。
  • マフラーなどのファッションアイテム

今回の記事は、あくまで女性が男性に贈りながら相手が喜ぶポイントを紹介していきたい。

その中でも予算をただ多くすれば厳選して選べるのか?

この考え方は正直もったいないなとさえ思えてしまう。

その理由を私は子供から教えてもらった。

1000円は以下のような使い方をすれば、いろいろな実用的な考え方を持つことが出来る。

  • 10円チョコなら100個分に相当する。
  • 100円アイテムなら10個分に相当する。
  • 200円、300円、500円の商品を組み合わせることも可能。

毎日当たり前のように私たちは日常の生活の中で何かにお金を使っている。

その中で子どもたちは少しのお小遣いを大切に使おうとする。

今回は何を買うべきか?

家にある商品は何が残っているのか?

サイズはどう選べばちょっとした分け合えるを経験できるのか?

子供ながらに、お菓子を選ぶだけでもいろいろな悩みを持ってスーパーで考えている光景を見かける。

こういう生活をしていると、いかに自分たち大人が商品を値段で判断しようとしているのかを考えさせられる。

まず最初に意識を持つなら、お酒でも雑貨でもちょっとしたペンでも1000円あれば、購入出来る費用であること。

ちょっとしたアイテムで幸せになれる

別に普段用とかビジネス(仕事)用なんて考える必要ないのだ。

例えば、仕事というカテゴリで考えてみてほしい。

20代や30代は自分のセンスがあったとしても実際にオシャレと思ったとしても自分の予算にぴったりもしくは予算内での商品を探すのが難しいことに悩んでしまうこともある。

だから愛用しているという心を持ちながら、同じ種類の服やバッグや靴をずっと使っている光景もある。

しかし、以下のような機会を焦点に考えてみてほしい。

  • 家で少し甘いものを食べたいと思う瞬間に手持ちに何か選べる対象があるのか?
  • 料理も特に何もしないが、ちょっと食べたいと思う時間に助け船的存在はどうだろう?

店に行くのも外は寒いし乾燥している。

いくら社会に出ているといいっても同じような時間を過ごし、相手も何かの物を使いその時間を過ごしている。

こうした時、重宝するのは、マグカップより以前に食べる物になってくる。

例えば、こんなシーンを連想してみてほしい。

 

男友達へのクリスマスプレゼント1000円活用法

社会人男友達クリスマスプレゼント1000円活用法

デートのタイプは問わず、移動をしている。

まだ数分以内に店にはつかない時、このタイミングにぴったりな商品を用意したら?

例えば、簡単に大人も楽しめるチョコレートをたくさん買って簡単に取り出しながら楽しむ会話。

その時に取り出すコスパに優れたタオルや小物。

グルメを考えるなら、チーズにビールなんて相性も季節的には絶対ピッタリと言える。

こういうワンシーンでの使える商品は、別にどこに生まれ育った人でも同じように冬に入り、男女が同じ時間を過ごす仲であれば、経験をしていくはずのワンシーン。

その時にチロルチョコを100個持っていたら、ある種ユニークでもあり、サプライズ的な話のネタにもつながる。

消耗品のモノよりもサプライズ優先

高い値段の1つを用意しても演出に使えるモノは特にない。

しかし、単純に今持っているアイテムを上手に活用して、楽しみ方を生み出していくことが出来れば、その時間を意外と楽しむこともできてくる。

結婚してからはもう私もクリスマスを自宅で過ごす時間が増えた。

出かけることもデートすることも大事かもしれない。

でも、やっぱり一番安心するのは、近くにその人が一緒に居てくれる時間を持ち続ける事だと思う。

なぜか人は贈り物と言えば高級感という気持ちが早まっている気がする。

だからこそ、渡す時に価値観という不一致に悩んでいるともいえる。

でもその考え方は、何か忘れてしまっている証拠だと思う。

問題はペアである相手がいてくれている事に感謝すること。

感謝の気持ちでも上司でもスポーツ仲間でもいい。

どこか遊び心を抱かせながら、あなたならではわのメッセージ性のある商品を探す。

こう考えると、乾燥に苦しむ人なら、リップクリームやハンドクリームでこだわりのセットを探すのも1つのやり方だと思う。

別に高品質とか天然素材なんてことを悩んでもしょうがない。

もっと、さりげなく渡せる中であなたという限定された存在をしっかりイメージさせることが出来れば十分成功と言えるのではないでしょうか?