彼氏がフリーターだったという事実。

親にもまだ言えないまま付き合っている状態が続いてる。

でも将来は今の彼氏と自分としては何があっても結婚したいと思っている。

でも実際に親に合わせたら絶対反対されるのもわかってる。

同じような経験をしている人はどうしてるのかな?

親の立場としてなぜ女性の相手がフリーターのままでは結婚を許せないのか?

この考え方を親の目線で考えるという見方をしていきましょう。

これまでにもフリーターの彼氏との結婚や恋愛について、以下のような内容をご紹介してきました。

フリーター彼氏同棲への条件

フリーター彼氏と同棲の最悪の未来と事前防止策準備や条件

フリーター彼氏と別れる

フリーター彼氏と別れるメリットと心の整理術

フリーター彼氏が就活しない

フリーター彼氏が就職,就活もしない!男の言い訳や特徴と別れるべきか見極める簡単な方法

フリーター彼氏と結婚したい彼女の見極め方

彼氏がフリーターでも結婚したい彼女の背負う覚悟とリスク

彼氏フリーター彼女正社員の悩み

彼氏はフリーター彼女は正社員将来の結婚の見極め方

フリーターが正社員の面接で採用される

フリーターが正社員の面接時のポイント|人事担当経験者の意見

将来の結婚を意識している人が相手のプロポーズを待つ悩みについてもご紹介しています。

結婚プロポーズはいつ

結婚プロポーズはいつ?バツイチ再婚成功体験記

結婚プロポーズなしの男性心理

結婚プロポーズなし男性の特徴や心理と将来の不安

彼氏プロポーズさせる成功法

結婚プロポーズさせる作戦の王道とよくある失敗典型例

出会いのきっかけが結婚前に気になってしまっている人もいる。

サイトで彼氏作る

サイトで彼氏と出会った人は結婚しても離婚している?

付き合っている時から束縛がひどい彼氏の悩み。

束縛彼氏の特徴

束縛彼氏の特徴と心理|結婚するべき?

親に言われることは想像がついている。

正社員として就職して、せめて親が納得する状況になるまでは断固反対。

誰が親であったとしても、人としてまずやるべきことをやりなさいと言う。

ただ恋愛ごっこをしている延長で結婚という安易な気持ちを持っているなら、絶対に自分の子供には同じことを言うはず。

その親御心は何を意味しているのか?

子供たちからしたら、目の前に立ちはだかる反対の壁と思ってるカップルも多いかもしれない。

しかし、今の時代の男の仕事への考え方や将来の娘の結婚をした先の未来を両親が心配しないのもおかしい。

実際にいくら好き同士と言っていてもそれとこれとは話が別と言う問題定義の意味と価値をご紹介していきます。

サイト管理人2児パパと申します。

今回の記事では、フリーター彼氏を親が反対する意味と価値について、以下の項目でご紹介していきます。

フリーター彼氏に親が反対の意味

フリーター彼氏に親が反対の不安

フリーター彼氏に親も友人も反対

常識人とか一般的とか子供にとっては、親の好き勝手な経験に基づくお節介と考える時期も必ずあります。

しかし、一人の大人と言うよりもその一歩先に進んだ時の状況に応じる覚悟を見極める目を女性には養ってほしい。


フリーター彼氏に親が反対の意味

フリーターの彼氏に親が反対

いくらお互いが気持ちの気持ちが通じ合っていたとしても簡単な言い方をしていくなら以下のようなことがあってもすべて自分が幸せと言えるか?

この覚悟が好きとは違うという事を伝えたいのです。

フリーター彼氏に親が反対の真意

もし仮に彼女である女性が以下のような状況を彼氏がフリーターの状態で経験したらどうしますか?

  • 予定外のタイミングで自分たちが親になることになった事態への対応。
  • 大学を出た後に一度も就職をしたことがない人がこれから先で契約したほしい内容に一つも信用がもらえない状態。
  • 働いても続かないままの転職を繰り返し不安定な彼を一生支える覚悟。

こんな内容を求められたら、多くの女性は無理と答えるのが嫌で、何とかやっていく!と親を説得しようとする。

しかし、実際に子どもが出来てしまえば、もう無理と判断せざるを得ない状況に追い込まれるという問題は女子の多くが抱える。

働いている今が重要なのではない。

結局は最後はその子供たちの世代が親になる。

この時の人生は恋愛の好きか嫌いかで判断できるような世界ではない。

逃げられない。

避けられない。

この言葉が軸となる。

結果、フリーターの彼氏はどんな事情や理由があるとしても、世の中で正社員として就職ができない人として判断された一人。

この状況にいくら娘の事を好きと言って恋愛の感情を持つ事があったとしてもそれを愛情と判断することはできない。

本当にその気持ちを持つなら、将来を考える時の今の状況に仕方がないという言葉は生まれない。

これが親の真意である。

 

フリーター彼氏に親が反対の不安

フリーターの彼氏に親が反対の真意

でも親としても反対という意思をしっかり子供の事を考えるからこそ伝える中で恐怖もある。

自分たちも恋愛をしている時には親の考え方は古いと思ったことが幾度とあるからだ。

しかし、結局は生きていく中でその言葉の重みや重要性は、しばらく生きてから感じることが出来るようになっていく。

  • 親が子供にしてきたことへの感謝。
  • 親が別れる決断をした後も必死に一人で育ててきたときの苦労。
  • 親に迷惑をかけたと感じる自分。

今の自分があるのが、本当に親も家族も一切関係ないという言葉はどんな状況でも言えないのです。

でもこの時間差という言葉が意見として娘に今すぐに当たり前の考え方として伝わらないことが多いからこそ、恐怖心がある。

あまり言いすぎてしまったことで、必要以上におやや友人に相談もしないで勝手に二人だけで話を進めるようなことがなければよいのだが。

こんな後の事を常に親である皆さんが考えている。

フリーター彼氏の周囲への葛藤

個人の友達としてフリーターの子がいるのは現代の状況としては多い。

むしろ、一人くらいいても不思議なことではない。

その友達にも友人なら、早く別の仕事に就けるように気軽に言える。

しかし、それが子供が付き合っている彼氏となると、親の見方は別。

当然、まず会社に就職して会社の中でも人材として安定している事や会社の将来もきちんと状況の把握ができないのに順序がおかしいでしょ!と言いたい。

苦労して育ててきた子供の新しい門出を祝いたくない親なんていない。

むしろ、たくさんの人に祝福された早くひとりの大人としても立派に自分たちで進む道を決められるようになってほしいと願う親は多い。

でも、一緒になるというのは、口で言うほど簡単なことではない。

ただ現実だけが無情に年齢を重ねていく先で新しい問題を与えてくる。

これはどう教えてあげたいと思っても、結果的に現実に直面しなければ例え口で何度言われたとしても心には伝わらない。

わからないというよりもただ親のお節介という認識に代わってしまう。

歳を重ねるごとに生まれてくる親へのありがとう。

子供に害がない状況なら、年齢を問わず多分こう思っているはず。

「自分たちの可愛い子供にこんなことを説明しなければいけないのはなぜだ?」

「向こうの親はなぜこんな簡単なことも向こうの親は妥協させている?」

こう受け取れるような状況になっているのではないでしょうか?

フリーター彼氏の言葉の軽さ

初めて給料をもらって分かる働くことの大変さやお金を稼ぐことがこんなにつらいと感じる現実は、どの世代も必ず一度は通るはず。

その経験すら数ヶ月で自分の自由を優先する生き方を選んだのがフリーター。

つまりは、どんな過酷な状況があるにしても、次のステージを探す事よりも自由を目の前にしてもうちょっとという気持ちを優先している。

自分たちにとっては、大事な娘の旦那。

付き合ってきた時期も流れも生き様も本来は二人の話。

それでも本人同士が本当に夫婦になろうとしているなら、なぜ自分の状況を悩みにしていることにすら気付かない?

こんな簡単なことにすら気付かない男の説明に何を納得できる?

社会に出ている親であれば、当然会社の部下に彼氏の様な人が人がいたらと考えているのです。

 

フリーター彼氏に親も友人も反対

フリーターの彼氏に親が反対の対応策

でにちょっと視点を変えて考えて欲しい事があります。

それは、今回のケースは親だけが反対する場面ではないという現実。

実際に確認してみると負い対象があります。

今夫婦になったパパママに話を聞く

同世代で、実際に貴方の周りにももうすでにパパママになったという知人、友人がいると思います。

きっとこの夫婦に聞いても、親と同じ考え方を持つ可能性が非常に高いのです。

彼らが伝えるのは、もうすでに親という立場から考えた視点。

つまり、自分たちの状況を周りが分かり、どう影響するのかをきちんと分かってきている世代なのです。

そうなると、以下のような考え方が飛び出すことも多い。

  • 親として恥ずかしいと思ってほしい。
  • ちょっと今のままでは無理。
  • たとえ交際の期間がただ長いだけでは意味がない。
  • 子どもがただ大きくなっていくだけで新しい大変なことはまだまだたくさん増えてくる。
  • 早く安定しようと思っても今の状況でも厳しい。

バイトだけで生活していこうなんて考えているのは正直甘いし、いくら節約しても無理。

こんな言葉が現実として父親母親をしている友達からは聞こえてくると思います。

ある程度独身と見ている環境も別になった状況では現実の何が当たり前なのかが苦労の際の答えとして出てくる。

友達の意見は親以上にリアル。

こう考える人は一度結婚している人の意見や判断を聞いて、何をポイントにしているのかをしっかり確認した方が良いと思います。

きっとその後で親が持っている認識が何だったのかを考えると、本当に同じ事言ってると分かると思います。

家族が苦しむ未来を選択しそうになっているのを親が黙って見過ごせる人はいないですよ!

もっと自分の親をこういう時こそ、家族は裏切らないという素直な気持ちで向き合ってみてください。